※本記事はPRを含みます。CLINIC FORの情報提供元:CLINIC FOR

「痩せたいけど激しい運動や食事制限はしたくない」「効率的に痩せる方法はないの?」「40代、50代と年を重ねてダイエットしづらくなった」などとお悩みの方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめなのが、ダイエット薬の服用です。ダイエット薬は医療ダイエットクリニックで処方してもらうことができますが、さまざまな種類があり、自分に合った薬を無理なく服用することが大切です。

そこで本記事では、ダイエット薬の種類や服用するメリット、おすすめな人などについて詳しくご紹介します。

ダイエット薬の処方があるおすすめ医療ダイエットクリニック12選もご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

手軽にダイエットしたい方は、ダイエット薬がおすすめです。

DIOクリニックBSクリニックエミナルクリニック
ディオクリニックBSクリニック
  • 【先着5名】最大75%OFF
  • 顧客満足度94%!フォロー体制も◎
  • たった3ヶ月で−13kgも目指せる!
  • 11万円相当の脂肪冷却が無料
  • 6ヶ月分が0円になるモニター価格
  • 血液や遺伝子の徹底した事前検査
  • 医師や管理栄養士のサポートあり!
  • 月々5,880円から施術可能!
  • ハイフ/脂肪冷却などを含むお得なコース
  • 全国に117院展開!駅近で通いやすい
公式公式公式

≫表は横スクロールします。

▼東京以外もあり!▼

※本記事の内容は、確実に痩せられる方法を紹介する趣旨のものではございません。

当コンテンツ内で紹介する医院の一部またはすべてに広告が含まれています。しかし、各医院の評価や情報の正確さに影響することは一切ありません。また、広告によってユーザーの皆様の選択を阻害することのないよう、客観的視点や基準で医院を紹介・評価しております。当コンテンツはグロウクリニックが管理を行っております。医療痩身クリニックのランキングは、メニュー数や補助提供物、院数などを独自に点数化しております。詳細は、コンテンツ編集・制作ガイドライン医療痩身クリニックのランキング評価に関する根拠一覧をご覧ください。

【当サイトは厚生労働省の広告に関するガイドラインに則って運営しています】
薬事法
薬事法における広告規制
医療法における病院等の広告規制について
医薬品等の広告規制について

ダイエット薬とは?

ダイエット薬とは、ダイエット効果が期待できる薬です。食欲抑制剤やGLP-1受容体作動薬など、さまざまな種類があります。

ダイエット薬の服用は「激しい運動はしたくない」「メスを使う施術など大がかりなダイエットはしたくない」という方におすすめな、手軽にできるダイエット方法です。

ダイエット薬などを用いて、医師のサポートを受けながら行うダイエットのことを「メディカルダイエット」といいます。医師のサポートが受けられるほか医療従事者のみ扱える薬や機械による施術を受けることが可能です。

なお、最近ではネット販売の拡大によって医療機関ではなく通販サイトからダイエット薬を購入できる場合もあります。しかし、通販サイトでは安全性が不確かなことも多く、リスクを考慮すると医療機関を受診して処方してもらう方が安全性が高いといえるでしょう。

医療機関であれば、服用後に不安な点が生じても医師にいつでも相談できるサポート体制が整えられています。

出典:ダイエットの薬にはどんなものがある?病院でのメディカルダイエットで使われる医薬品を医師が解説します。 – CLINIC FOR

医療機関で処方されるダイエット薬の種類・効果

医療機関で処方されるダイエット薬は、主に次の5種類です。

  • 食欲抑制剤
  • GLP-1受容体作動薬
  • リパーゼ阻害薬
  • SGLT阻害薬
  • 漢方

食欲抑制剤

食欲抑制剤とは、食欲を司る脳の神経に直接はたらきかけて、食欲を抑える効果が期待できる薬です。食欲を抑えて食事量を減らすことで、ダイエット効果につながります。

基本的に、体重を減らすためには摂取カロリーを抑えることが必要です。摂取カロリーが消費カロリーを上回っていると、脂肪などが蓄積されて体重を減らすことはできません。

薬の効果で無理なく食欲を抑えられるため、少量の食事で満足できるようになることが望めます。そのため食事制限のストレスも感じづらいことがメリットです。

出典:食欲抑制剤とは?効果や副作用、2種類の食欲抑制剤について解説 – アイシークリニック


GLP-1受容体作動薬

GLP-1受容体作動薬とは、小腸から分泌されるインスリンの分泌を促して血糖値を下げる働きがある薬です。本来は糖尿病の治療薬として用いられていて、内服タイプと注射タイプの2種類から選べます。

インスリンが分泌されることで、血液中の糖分をエネルギーや脂肪に変えて消費し血糖値が下がります。

高血糖な状態は肥満につながりやすいため、GLP-1受容体作動薬で血糖値の上昇を抑え太りにくい体質づくりを行うことが可能です。

また、GLP-1受容体作動薬は食欲を抑える効果も期待できるため、無理な食事制限なしでダイエットができます。

出典:GLP-1ダイエットとは?効果や使用の際の注意点、よくある質問を医師が解説します –  神田西口クリニック

リパーゼ阻害薬

リパーゼ阻害薬とは、脂肪の分解を行う消化酵素「リパーゼ」のはたらきを阻害し、脂肪の吸収を抑制する薬です。

リパーゼの働きを阻害することで、余分な脂肪が体内に吸収されるのを防ぎます。体内に吸収されず残った脂肪は、いずれ便として体外に排出されるのです。

余分な脂肪が吸収されないため、体重を減らす効果が期待できます。

出典:肥満症の診断と新しい治療 – 元吉住こころみクリニック

SGLT阻害薬

SGLT阻害薬とは、食事で摂取した糖を尿として体外に排出する作用がある薬です。

尿から糖を排出することで、腎臓で糖が再吸収されることを防ぎ、体重を減らす効果が期待できます。

糖が吸収されづらくなるため、食事で糖質制限をしている状態と同じになるのです。しかし食事量を無理に減らすことはなく、自然とカロリーカットされるため過度の負担なくダイエット効果が期待できます。

出典:SGLT2阻害薬(ルセフィ、フォシーガなど)は体重減少効果がある?医師が解説します。 – CLINIC FOR


漢方

漢方は生薬を原料としており、主に体質改善が期待できます。直接的にダイエット効果が期待できるわけではありませんが、体質改善によって結果的にダイエット効果につながるのです。

体質に合わない漢方を服用した場合、副作用が生じるリスクもあるので必ず医師に相談してから処方してもらうようにしましょう。体質や肥満のタイプに合った漢方を服用することが大切です。

じっくりと体質を変えてダイエットしたい方におすすめです。

出典:【漢方薬で痩せる?】ダイエットに効果が期待できる美容漢方薬5選 – 共立美容外科

市販のダイエットサプリとの違いは?

最近では、医療機関で処方される薬だけではなく市販のダイエットサプリも多数販売されています。両者の具体的な違いは、次の表のとおりです。

ダイエット薬ダイエットサプリ
価格保険適用外のためサプリより高め薬よりも比較的安価なものが多い
効果サプリより確実な
ダイエット効果が期待できる
飲むだけでは痩せるのが難しい

ダイエット薬は基本的に保険が適用されないため、価格は高くなりがちです。一方でダイエットサプリは、薬に比べて安価なものも販売されています。

ただし、ダイエットサプリは飲むだけで痩せる効果は期待できません。食欲抑制や糖を体外に排出させる作用があるダイエット薬は、飲むだけでもダイエット効果が期待できます。

また、ダイエット薬の服用は医療痩身に分類されます。医療痩身とは、医学的根拠をもとに行われるダイエット方法です。

万が一ダイエット薬の服用で効果が見られない場合でも、医療痩身には脂肪吸引や減量手術などさまざまな方法があるため、医師と相談しながらダイエットを継続できます。

効率よくダイエットをしたい方は、医師のサポートが受けられる医療痩身がおすすめです。

出典:ダイエットサプリメントが必要な人と要らない人の違い【診断チャート】 – VitabridC12
出典:ダイエットの薬にはどんなものがある?病院でのメディカルダイエットで使われる医薬品を医師が解説します。 – CLINIC FOR


ダイエット薬のメリット

ダイエット薬を服用するメリットは、主に次の5つです。

  • 過度な運動なしでダイエットできる
  • 薬によってはリバウンドしづらい
  • 空腹によるストレスを感じにくい
  • メスを入れず手軽にダイエットできる

過度な運動なしでダイエットできる

ダイエット薬を服用することで、過度な運動なしでダイエットができます。

ダイエットで運動をする目的は、消費カロリーが摂取カロリーを上回るようにするためです。摂取カロリーが多ければ、消費カロリーを増やすためにその分運動をしなければいけません。

しかし、ダイエット薬を服用することで自然と食欲を抑えられます。

結果的に摂取カロリーを抑えられるため、過度な運動はせずともダイエットが行えるのです。

リバウンドしづらい

ダイエット薬は、リバウンドが起こりづらいといわれています。なぜなら、過度な食事制限や運動によるストレスが溜まらないからです。

リバウンドが起こる原因として、無理な食事制限や過度な運動によるストレスが考えられます。

ダイエット薬の服用には過度な制約によるストレスが存在しないため、リバウンドしづらいのです。

出典:GLP-1ダイエット|医療ダイエットでラク痩せ!効果や副作用を医師が解説 – SELECT CLINIC

空腹によるストレスを感じにくい

ダイエット薬で食欲を抑制することで、少量の食事で満腹感を得られるようになります。食欲中枢に作用して食欲を抑制するため、その後も空腹感を感じづらくなります。

そのため、空腹によってストレスを感じづらくなるのです。無理な食事制限を行うと、空腹によるストレスで過食してしまいリバウンドするおそれがあります。

ダイエット薬であれば、ストレスを感じづらくし無理なくダイエットをすることが可能です。

出典:食欲抑制剤「サノレックス」のダイエット効果とは?メカニズムや飲み方を医師が解説します – CLINIC FOR


メスを入れず手軽にダイエットできる

医療痩身では、メスや注射を用いて行う施術方法もあります。そのような施術に抵抗があり、できるだけ避けたい方も多いでしょう。

ダイエット薬であればメスは入れず、薬を服用するだけです。過度な食事制限や激しい運動も必要ないため、ストレスを抑えてダイエットが行えます。

手術によるダウンタイムなどもなく、手軽にダイエットをスタートしやすいのもうれしいポイントです。

ダイエット薬の注意点

無理なくダイエット効果が期待できるダイエット薬ですが、服用する前に次の4つの注意点も確認しておきましょう。

  • 副作用が起こる可能性もある
  • 個人輸入での購入は危険
  • 用法・用量を必ず守る
  • 医師の診断を受ける

副作用が起こる可能性も

ダイエット薬は医薬品です。効果が期待できる一方で、副作用が生じるリスクもあります。ダイエット薬の副作用として多いのが、次の症状です。

  • 下痢
  • 便秘
  • 倦怠感
  • ビタミン不足
  • 口の渇き など

副作用のリスクはありますが、ダイエット薬は医師に処方してもらうため不安なことがあればいつでも医師に相談が可能です。万が一異常を感じたら、すぐにクリニックに相談しましょう。

また、薬を服用する前にどのような副作用が起こりうるかを確認しておくことも大切です。

医師に相談することで、副作用の対処法を聞いたりほかの薬に変えてもらったりすることが可能です。

個人輸入での購入は危険

ダイエット薬は、個人輸入を代行する通販サイトから安く購入できる場合もあります。しかしながら、粗悪品である可能性もあり、安全性が担保されていないことが多いため危険です。

ダイエット目的の薬として海外の病院が処方したものをインターネットを通じて注文する形であっても購入は避けましょう。日本でも海外から個人輸入したダイエット薬の服用によって、死亡を含む重篤な健康被害が報告されています。

ダイエット薬は必ず病院やクリニックで処方してもらいましょう。万が一不安な点があればすぐに医師に相談できるため、不安を解消することも可能です。
出典:厚生労働省 「ホスピタルダイエット」などと称されるタイ製の向精神薬等を含有する無承認無許可医薬品による健康被害事例について

用法・用量を必ず守る

ダイエット薬ごとに定められている用法・用量は必ず守りましょう。守らない場合、副作用が生じたり身体に悪影響を及ぼしたりするおそれがあります。

例えば、より効果を実感したいからといって、2倍の量を飲んではいけません。薬が効きすぎてしまい、重い副作用が生じるリスクがあります。

ダイエット薬は医師が患者ごとの体質や体調に合わせて処方しています。そのため、必ず用法・用量を守って安全にダイエットを行いましょう。

医師の診断を受ける

ダイエット薬を処方してもらう際は、必ず医師の診断を受けることになります。用法・用量などの指導を受けるため、必ず守りましょう。

また、万が一副作用や体に異変が生じたときも、すぐに医師の診断を受けるようにしてください。場合によっては、ダイエット薬を違うものに変えてもらう必要がある場合があります。

疑問点や不安なことがあるときも、必ず医師に相談しましょう。親身に相談に乗ってもらえますよ。

ダイエット薬がおすすめな人

ダイエット薬がおすすめな人の特徴は、主に次のとおりです。

  • 無理せず痩せたい人
  • 過度な食事制限をしたくない人
  • 激しい運動を避けたい人
  • 忙しくてダイエットの時間が取れない人
  • 安全にダイエットしたい人

ダイエット薬を服用することで、自然と食欲を抑制して無理せずダイエットをすることが可能です。過度な食事制限や激しい運動も必要なく、無駄なストレスを溜めずに自然と痩せる効果が期待できます。

また、ダイエット薬は医師から処方してもらう必要があるため、不安や疑問があればいつでも担当の医師に相談可能です。

医学的なダイエット方法のため、万が一副作用が生じてもすぐに医師に相談できるのは嬉しいポイントです。

出典:ダイエットの薬にはどんなものがある?病院でのメディカルダイエットで使われる医薬品を医師が解説します。 – CLINIC FOR

ダイエット薬の処方あり!医療ダイエットクリニックおすすめ11選

DIOクリニック

DIOクリニックのおすすめポイント

  • 先着5名までモニターは75%OFF
  • オーダーメイドのダイエット薬処方
  • 過度な食事制限や運動なし
  • 毎回の通院で食事指導
  • 短期集中型プランも用意

DIOクリニックは、オーダーメイドのダイエット薬処方が可能なクリニックです。世界中から選定したダイエット効果が高い薬を用いて、患者一人ひとりに合った組み合わせで処方を行います。

ダイエット薬だけでなく、医療機器施術や小顔注射なども併用可能です。メスを使う手術はないため、切開の痛みを伴うことはありません。

また、過度な食事制限や激しい運動は必要なく、ダイエット専門医が開発した独自の食事指導を管理栄養士から受けられます。通院ごとに食事指導が受けられるため、状況に合わせて適したアドバイスが受けられます。


短期集中型のプランもあるため、短期間で痩せたい方はぜひ一度相談してみましょう。

料金(税込)・医療痩身ボディメイクプログラム:9,800円〜/月※1
医療痩身の種類・ダイエット薬
・医療直流EMS
・医療電磁場EMS
・脂肪冷却
・ハイフ など
初回カウンセリング費用無料
クリニック数

19院
(渋谷・銀座・池袋・上野・新宿・立川・千葉*・川崎*・有楽町*・名古屋・大阪梅田・なんば心斎橋・天王寺*・京都・神戸三宮・広島・福岡天神・札幌・仙台)

出典:DIOクリニック
※1:DIOクリニックの指定した信販売会社を利用して分割60回払いの場合。

BSクリニック

BSクリニックのおすすめポイント

  • 医療の力で短期間で楽に痩せる!
  • 過度な食事制限や運動なし!
  • オーダーメイドダイエット薬セット用意
  • ダイエット薬一覧がHPで見られる

BSクリニックでは、専門医が医療機器や脂肪溶解注射、ダイエット薬などを組み合わせたダイエットプログラムを提案するクリニックです。

太る原因である脂肪細胞の数を減らすことで根本から肥満を解消する方法をとっているため、過度な食事制限や運動なしで痩せることができる点がポイントです。
切開をしない施術のみを提供しており、美容医療に抵抗がある方や痛みが心配な方にもおすすめです。

オーダーメイドダイエット薬セットは複数の薬の中から自分の希望や症状に合ったものを選択することができます。

HPではダイエット薬一覧を見ることができます。それぞれの薬の効能だけでなく、おすすめの患者や飲み方、副作用まで紹介されています。
ダイエット薬を使って痩せたいと考えている方は参考にしてみるとよいでしょう。
ダイエット点滴や注射もあるため、合わせて施術を受けると効果的でしょう。

料金(税込)

短期集中プログラム 月額6320円〜

→最大100%OFF※

主なメニュー・脂肪冷却
・医療用EMS
・医療ハイフ
・医療ラジオ波
・ダイエット点滴
・食事指導
オンライン診療なし
初回カウンセリングあり
クリニック数1院(新宿)

出典:BSクリニック
※6ヶ月以上のコース契約者のみ/分割料金(コース料金÷60回払い)6ヶ月分をコース総額から割引/キャンペーンとの併用不可

グロウクリニック

グロウクリニックのおすすめポイント

  • 【モニター5名限定】月々9,000円〜
  • 医療用脂肪冷却・医療用EMS・ダイエット薬処方・漢方処方すべてセット
  • 全額返金保証制度あり!
  • 管理栄養士があなたの食事を直接指導!

グロウクリニックは、ダイエット薬や医療用脂肪冷却機などを使いさまざまなアプローチでダイエットができるクリニックです。

月額9,000円(税込)医療痩身や脂肪冷却も含まれたプランを始めることができます。実績も多く、最短1週間で効果を実感することができるため、医療痩身がはじめてという方にもおすすめのクリニックです。

無理な食事制限は一切なしで、3食しっかり食べられることが魅力です。食事をしっかり摂りつつも、LINE上で行われる管理栄養士からの食事指導によって効率的に痩せることができます。

万が一、効果をあまり感じられなかったなどという場合には、全額返金保証制度を利用することができます。そのため、大きなリスクを背負うことなく気軽に医療痩身を始めることができますよ。

完全個室でカウンセリングや施術を受けられるため、周りの目を気にすることなく安心して受診できますよ。
料金(税込)

ライトコース:月額6,300円〜※1

短期集中コース:月額7,800円〜※2
プレミアムコース:月額9,000円〜※3

医療痩身の種類・ダイエット注射/薬
・医療用EMS
・脂肪冷却機 など
初回カウンセリング費用無料
クリニック数3院(渋谷・新宿・銀座)

出典:グロウクリニック
※1:医療痩身ライトコース 4回プランの総額料金189,000円(税込)
支払い回数37回の場合、初回お支払額(1回目)9,752円、月々お支払額6,300円、総額236,552円(税込)
※2:医療痩身短期集中コース 2ヶ月 8回プランの総額料金376,000円(税込)
支払い回数60回の場合、初回お支払額(1回目)9,208円、月々お支払額7,800円、総額529,408円
※3:医療痩身プレミアムコース 3ヶ月 12回プランの総額料金890,000円(税込)(税込)
支払い回数60回の場合、頭金100,000円、初回お支払額(1回目)11,320円、月々お支払額 9,000円、ボーナス57,000円×10回、総額1,112,320円(税込)

DMMオンラインクリニック

DMMオンラインクリニックLP

DMMオンラインクリニックのおすすめポイント

  • 8時〜22時までオンライン診療受付中!
  • 【低価格】1日186円(税込)〜ダイエット開始!
  • 診療から最短当日に薬が届く!
  • プランが豊富で自分に合わせやすい!

DMMオンラインクリニックは、医療痩身の診療から薬の処方までをすべてオンライン上で行うオンライン専門クリニックです。

診療可能時間は8時〜22時と一般的なクリニックよりも大幅に長くなっているため、お仕事帰りなどにも診療を受けることができます。

DMMオンラインクリニックの薬は186円(税込)/日〜処方されます。このような低価格を実現できるのも、クリニックを持たないオンライン専門ならではの強みです。

診療を受け、薬を注文すると最短当日に自宅まで届きます。ダイエットを思い立ったその日から始めることができるため、モチベーションが下がるのを防ぐことができます。

10を超えるプランが用意されていて、半月分の「お試しプラン」も充実しています。食欲を抑制する「リベルサス」や糖質を吸収する「ジャディアンス」など薬の種類も豊富なので、自分にあった薬を見つけてみてください。

通院の必要が一切ないため、日々の生活が忙しい方や、近くに美容クリニックがないという方でも気軽に始めることができます。労力が少ない分、ダイエットへのハードルがかなり下がるのが魅力ですね。
料金(税込)メディカルダイエット3mgプラン1ヶ月:定期便8,778円(税込)
脂肪燃焼プラン1ヶ月:定期便5,588円(税込)
主なメニュー・リベルサス(GLP-1経口薬)
・ジャディアンス(糖質吸収抑制)
・BBX(食欲抑制サプリメント)
・ダイエット漢方3種類
オンライン診療あり
初回カウンセリングあり
クリニック数オンラインのみ


出典:DMMクリニック

クリニックフォア

クリニックフォアのおすすめポイント

  • GLP-1が自宅にいながら受け取れる
  • 短期間・長期間どちらのプランもご用意
  • 脂質や糖質を無理なく抑制!
  • ダイエット薬を最短翌日にお届け
  • 平日7時〜24時まで!土日も診療

クリニックフォアはオンライン診療をしており、自宅にいながら受診〜ダイエット薬の受け取りまでできます。医療機器などによる施術に抵抗がある方や、忙しくクリニックの受診時間に間に合わない方におすすめです。

取り扱っているダイエット薬にはGLP-1の内服薬や注射薬、他にも糖質や脂肪の吸収を抑える薬などがあります。

短期間で痩せるプランでは主にGLP-1を摂取して体質の改善を行い、少しずつ痩せるプランではダイエット漢方や糖質カットを行うなど、目的別にダイエットを進めることができます。

プランは細かく分かれているので、要望やお悩みを相談することで希望に沿った提案をしてくれます。

オンライン診療で処方された薬は最短で翌日に届き、すぐにダイエットを始められる点も魅力です。
料金(税込)

・GLP-1内服薬プラン 3mg 9,350円(税込)〜
・GLP-1注射薬プラン1本 29,700円(税込)

主なメニュー
(オンライン診療)
・漢方
・脂質異常症(高脂血症)
・美容皮膚
・低容量ピル
・AGA
など
オンライン診療あり
初回カウンセリングあり
クリニック数5院(新橋・渋谷・池袋・四谷・心斎橋・オンライン)

出典:クリニックフォア
※診療時間は日によって異なる場合があります。

ファイヤークリニック

ファイヤークリニックのおすすめポイント

  • 2か月で平均-8㎏を実現!※1
  • 楽して脂肪を破壊できる!
  • 痩せやすい体質を目指せる
  • オンラインのダイエットコース
  • 痛みの少ない施術

ファイヤークリニックは痩せ体質をつくる新常識の医療ダイエットを提供するクリニックです。医師と管理栄養士が一人ひとりに最適なオーダーメイドプランを提案します。

リバウンドしない率は92%※2を誇っており、確実に、健康的にダイエットに成功している人が多いといえるでしょう。

ファイヤークリニックではオーダーメイドのダイエット薬処方とコーチングを掛け合わせたオンラインダイエットコースが用意されています。

オンラインダイエットコースは来院不要で手軽なうえ、自分で薬を試す手間もないため、効率的に痩せることができます。内服薬の送料が無料の点もうれしいですね。

また、ダイエット薬以外の施術も、脂肪溶解注射や医療用EMSなど、メスを使わずにできる施術ばかりなので、「医療ダイエットに興味はあるけど、痛いのはちょっと…」という方にもおすすめです。

月額4,200円~始められて、2か月で痩せることができるのはうれしいポイントですよね。

料金(税込)・ボディメイクメソッド:649,000円
・ダイエットピルメソッド:298,100円
・医療EMS:77,000円/回
・脂肪溶解注射:4,400円/cc
・ハイフ:29,800円/回
主なメニュー・ボディメイクメソッド
・ダイエットピルメソッド
・ダイエット薬
・医療EMS
・脂肪溶解注射
・ハイフ
・ダイエット点滴
・コーチング
オンライン診療あり
初回カウンセリングあり
クリニック数4院(新宿・渋谷・銀座・名古屋・オンライン)

出典:ファイヤークリニック

※1:2020年5月~9月BMI31以上のファイヤークリニックのコースを完了した人の平均。
※2:2020/5月-2020年9月, n=30, BMI31以上でコーチング・薬物療法を8週間継続した人を対象。体重が3ヶ月以内にプログラム終了時の値をうわまらなかった人の割合。

湘南美容クリニック

湘南美容クリニック

湘南美容クリニックのおすすめポイント

  • ダイエット薬で食欲抑制
  • 切らずにダイエットが可能
  • 部分痩せにも対応
  • 全国展開で通いやすい

湘南美容クリニックでは、食欲を抑制するダイエット薬を処方しています。食欲を抑制して食事量を減らすことで、体重を落とす効果が期待できます。

ダイエット薬以外にも、脂肪溶解注射や医療痩身マシン治療など、メスを使わない切らない施術も可能です。薬以外の方法も試してみたい方は、医師に相談してみましょう。

また、科学的根拠に基づいて構成・配合された食欲抑制ダイエットサプリも販売されています。薬だけでなくサプリも試してみたい方におすすめです。

お腹や太ももの部分痩せも相談可能です。ダイエットの希望がある方は遠慮なく相談してみましょう。
料金(税込)

・食欲抑制剤:1錠(1日分)550円
・アカルボース(糖質吸収抑制剤):1錠(1日分)210円
・ゼチーア(脂質吸収抑制剤):1錠(1日分)840円
・ダイエットサプリ:1箱9,000円
・脂肪溶解注射 MITI:1本あたり12.800円(6本以上の場合)
・クールスカルプティング® エリート:29,800円

医療痩身の種類・ダイエット薬 ・脂肪溶解注射
・クールスカルプティング® エリート
・医療用インディバ® など
初回カウンセリング費用無料
クリニック数205院※
(国内:新宿・渋谷・銀座・京都・大阪梅田・札幌・仙台・名古屋・広島・福岡など 海外:ベトナム・ロサンゼルス)

出典:湘南美容クリニック

※2023年12月12日時点

TCB東京中央美容外科

TCB東京中央美容外科

TCB東京中央美容外科のおすすめポイント

  • LINEクーポンや学割などを提供
  • ダイエット注射メニューが豊富
  • 美容効果のある薬も用意
  • GLP-1で食欲抑制

TBC東京中央美容外科では、脂肪溶解注射やGLP-1注射などダイエットに効果的な注射施術を受けることができます。

脂肪溶解注射とは脂肪細胞を破壊して気になる部位の部分痩せを実現することができる施術です。TBC中央美容外科では、安全性もダイエット効果も高い「BNLSアルティメット」メニューを受けることができます。

また、豊富なダイエット薬に加えて、プラセンタなど美容に効果のある内服薬を用意しています。肌荒れや更年期障害のお悩みを持つ方にもおすすめです。

さらに、TBC公式LINEを友達登録すると、お得なクーポンをもらうことができます。学生の方には学割、60歳以上の方にはシニア割もあるため、該当する方はぜひチェックしてみましょう。

食欲を抑制するGLP-1注射ダイエットができるメニューもあるので、辛い食事制限しなくて済むのもうれしいですね。

料金(税込)・BNLSアルティメット(小顔・部分痩せダイエット注射):1,980円~4,980円
・ダイエット注射メソラインスリム:9,990円~303,600円
・Dr’sダイエット(医療全身ダイエット):201,700円~898,000円
・脂肪吸引(二の腕):60,100円~201,660円
主なメニュー・ダイエット内服薬
・痩身、ダイエット、脂肪溶解注射
・GLP-1ダイエット
・Dr’sダイエット(医療全身ダイエット)
・脂肪吸引
オンライン診療あり
初回カウンセリングあり
クリニック数99院(新宿・渋谷・横浜・札幌・仙台・名古屋・大阪・京都・広島・福岡など)

出典:TCB東京中央美容外科

銀座よしえクリニック


銀座よしえクリニックのおすすめポイント

  • 医療痩身治療初回トライアルコース
  • 遺伝子検査で肥満タイプ診断
  • GLP-1で太りにくい体質に
  • 通院しないメニューも用意

銀座よしえクリニックでは、食欲を抑えるGLP-1内服薬を服用または注射するGLP-1メディカルダイエットが可能なクリニックです。

GLP-1メディカルダイエットは、インスリンの分泌を促して血糖値を安定させる役割を持つホルモンであるGLP-1を補う内服薬や注射を行う治療です。お試し7日分なら20,000円~メディカルダイエットを始めることができます。

食欲が抑制される、基礎代謝が上がるなどの効果があるため、運動も食事制限も我慢なしでリバウンドしづらいことがメリットです。

内服薬の場合も注射の場合も自宅で治療できるため、通院の手間が少ないのはうれしいポイントです。また、オンライン診療にも対応しているメニューなので、自宅や外出先からスマホで手軽に診察できます。

遺伝子検査を通じてタイプを診断した後、栄養士や医師がチームでサポートするため、あきらめることなくダイエットできます。

料金(税込)・医療痩身 お試しプラン:16,500円(税込)
・医療痩身 オーダーメイドお試しプラン:33,000円(税込)
・医療痩身1ヶ月集中 スターターコース:92,180円(税込)

主なメニュー・医療痩身 お試しプラン
・医療痩身 オーダーメイドお試しプラン
・医療痩身1ヶ月集中 スターターコース
オンライン診療あり
初回カウンセリングあり
クリニック数7院(銀座・大岡山・表参道・都立大学・新宿・池袋・横浜)

出典:銀座よしえ

ヘラスクリニック

ヘラスクリニックのおすすめポイント

  • 医療痩身が6か月0円!
  • 3か月で-16㎏のダイエットに成功した例も
  • 厳選のダイエット薬を用意
  • 幅広い点滴療法

ヘラスクリニックでは、遺伝的な体質を把握したうえで、専門医がオーダーメイドのプログラムを提案します。豊富なメニューがあるため、マシン施術で部分痩せを叶えることも可能です。

厳選されたダイエット薬も複数用意されているため、効果のある薬で効率的にダイエットできるでしょう。

GLP-1「サクセンダ(注射)」を用いた治療も可能です。また、注射が怖いという方にはGLP-1内服薬(リベルサス)もおすすめです。

また、ヘラスクリニックは医療痩身で初めて、エクソソーム点滴を導入しており、エイジングケアや免疫力アップの効果が期待できます。

ほかにも脂肪燃焼点滴やアンチエイジング効果のある点滴も受けることができますよ。

※結果には個人差があります。

料金(税込)・パーソナル医療ダイエット:35,760円(税込)
主なメニュー・医療痩身機器技術
・ダイエット点滴
・遺伝子検査
・ダイエット注射
・ダイエット薬
オンライン診療なし
初回カウンセリングあり
クリニック数1院(新宿)

出典:ヘラスクリニック

品川美容外科

品川美容外科のおすすめポイント

  • 痩身注射エバー・スリム®が1㏄あたり1980円(税込)~
  • 脂肪細胞そのものが減少するからリバウンドしない!
  • 医師による痩身サポート付き!
  • 症例数20万件以上の実績
品川美容外科では、脂肪吸収抑制薬の処方が可能です。医師の処方によってダイエット薬を服用することができるため、安全に、楽にダイエットすることができます。

また、そのほかにも様々な医療ダイエット施術を提供しています。なかでも、痩身注射は1㏄あたり1,980円からとお手軽な価格で受けることができますよ。
痩身注射エバー・スリム®は脂肪細胞自体を減少させることができるため、リバウンドすることなく確実に痩せられます。

医師による痩身サポートもついているため、治療が終了した後も太らない習慣がつき、体型を維持することが可能です。また、痩身注射は治療後に通院する必要がないため、クリニックに通いにくい方や忙しい方も手軽に受けることができる点はうれしいですね。

品川美容外科では、医療機器施術、痩身注射、ダイエット薬、コーチングなど豊富なメニューから選択できるので、「ダイエット薬とほかのメニューを合わせて効果的にダイエットしたい!」という方にもおすすめです。

品川美容外科は全国に16院展開しています。各クリニックで症例モニターを募集しており、割引価格で施術を受けることができますよ。

料金(税込)エバー・スリム®1㏄あたり1,980円(税込)~
クールスカルプティング® 29,800円(税込)~
脂肪吸収抑制薬 処方1錠 330円(税込)~
主なメニュークールスカルプティング
脂肪溶解注射
ダイエット薬
オンライン診療なし
初回カウンセリングあり
クリニック数16院
(札幌・仙台・品川・新宿・渋谷・池袋・銀座
・上野・町田・名古屋・静岡・横浜・大宮・
梅田・心斎橋・福岡)

出典:品川美容外科


ダイエットに関するアンケート調査

この記事ではダイエット薬について解説してきました。つらい運動や厳しい食事制限なしに痩せられたらとてもうれしいですよね。
他の人はダイエットについてどのような悩みを持っているのか気になる人もいるのではないでしょうか?

そこで今回、独自にダイエットに関するアンケート調査を行いました。今後のダイエットにアンケート結果を参考にしてみてください。

【調査項目】

  1. ダイエットをしようと思ったきっかけは何ですか?
  2. 何kg痩せたいと思っていますか?
  3. どのようなダイエットを行いましたか?
  4. ダイエットで辛いと感じる理由は何ですか?
  5. リバウンドを経験したことはありますか?

Q1、ダイエットをしようと思ったきっかけは何ですか?

回答パーセンテージ
健康のため68.2%
体重を減らすため54.5%
見た目のため45.0%
好きなファッションのため

21.2%

他人に指摘された11.2%
その他6.0%

約68%の方が健康のためにダイエットをする、と回答しました。
肥満は糖尿病や脂質異常症などの生活習慣病のもとになるため、肥満を予防・改善することは健康につながります。

肥満度の判定にはBMI(Body Mass Index)を用います。肥満との関連性が強い疾患に最もかかりにくい数値はBMI22.0といわれています。

BMI=[体重(kg)]÷[身長(m)2]

BMIが25.0以上で「肥満」という判定になります。自分のBMIを計算して、健康のためにはどの程度痩せる必要があるのかを確認するとよいでしょう。
近年ではBMI18を目指してダイエットする人も多いですが、痩せすぎの場合も健康を害するため、注意しましょう。

出典:厚生労働省e₋ヘルスネット「肥満と健康」

Q2、何kg痩せたいと思っていますか?

回答パーセンテージ
5kg未満30.0%
5kg以上10kg未満36.4%
10kg以上15kg未満11.3%
15kg以上7.5%
その他14.8%
30%の方が5㎏未満、36.4%の方が5㎏以上10㎏未満のダイエットをしたいと回答しました。では、一か月でどのくらい痩せるのが良いのでしょうか?

実は一か月で体重の5%までの減量をするとよいと言われています。

急激に体重を減らしすぎてしまうと、身体は飢餓状態に備えて代謝を抑制し始めます。そのため、「最初はすぐに体重が減ったのに、途中から全然減らなくなった…」という現象に陥ります。

また、急激なダイエットは、肌荒れや疲れやすさなどを引き起こしやすくなるというデメリットもあります。
体重が60㎏の人は一か月に体重の5%である3㎏を上限としてダイエット目標をたてるとよいでしょう。

遠回りに見えても、ひと月に少しずつ体重を減らしていくほうが健康的に、確実にダイエットを成功させることができるでしょう。
GLP-1受容体作動薬を使えば、摂取カロリーを抑えることができるので、脂肪を燃焼させやすくなりますよ。

Q3、どのようなダイエットを行いましたか?

回答パーセンテージ
食生活改善77.1%
運動・筋トレ65.8%
サプリ18.6%
その他1.1%

ダイエットの定番といえば「食生活の改善と運動」ですよね。やはりほとんどの方がこの二つの方法でダイエットしているようです。

しかし、食生活改善も運動も「うまく継続できない」という方は多いのではないでしょうか?そんな方にはダイエット薬や医療ダイエットがおすすめです。

ダイエット薬は食欲を抑制したり、代謝をアップさせたりする作用を持つため、ダイエットの効果をより実感できるでしょう。

医療ダイエットでは、運動や過度な食事制限なしで痩せることができますよ。また、通常のダイエットでは減らせない脂肪細胞自体を減らすこと可能なので、リバウンドしづらい点もポイントです。
メスを使わない施術も多いため、痛みが不安な方にもおすすめですよ。

Q4、ダイエットで辛いと感じる理由は何ですか?

回答パーセンテージ
我慢ができず食べすぎてしまう49.0%
目標がなかなか達成できない45.3%
長期間モチベーションが続かない45.2%
リバウンドが辛い23.6%
その他14.8%

美味しいものを食べることが毎日の楽しみ、という方もいるのではないでしょうか?49%の方が「我慢ができず食べすぎてしまう」ことが辛いと回答しました。

つい食べ過ぎてしまうとせっかく減らした体重がもとに戻ってしまうところが辛いポイントです。

食べ過ぎに困っている方にはGLP-1を使って食欲を抑制しながらストレスなく痩せるダイエットがおすすめです。

GLP-1受容体作動薬には注射タイプと内服薬タイプがあります。オンラインで診察、薬の受け取りができるクリニックもあるため、通院の手間を省きたい方は利用するとよいでしょう。
ダイエット薬を個人で輸入するのは危険です。必ず医師に処方してもらうようにしましょう。

Q5、リバウンドを経験したことはありますか?

回答パーセンテージ
ある69.7%
ない30.3%

約70%の方がリバウンドしたことがある、と回答しました。急激に体重を減らしすぎてしまったり、生活が変化して忙しくなったりすると、いつの間にか体重がもとに戻ってしまうことってありますよね。

しかし、医療ダイエットなら努力せずに短期間で痩せることができます。肥満の原因である脂肪細胞を破壊できるため、リバウンドすることが少ないのもうれしいですね。

最短一週間から効果を実感できるため、長期間モチベーションを維持する必要もありません。

アンケート調査の概要

調査目的ダイエットに関するアンケート
調査対象者数1101
調査方法インターネットリサーチ
調査実施会社ファストアスク (株式会社ジャストシステムにて自主調査
調査実施期間2023年4月
               詳細はこちら>>>「ダイエットに関するアンケート調査について

ダイエット薬のよくある質問

ダイエット薬は市販で買える?

脂肪燃焼や水太りに効果のある薬は市販で買うことができます。しかし、市販薬を購入する場合には体質に本当にあっているか、改善したい症状に効果が得られるか、といったことを自分で判断しなくてはなりません。副作用があった場合にも相談することは難しいため、ダイエット薬を使用する場合は医療機関で処方してもらうのが確実でしょう。



ダイエット薬の服用をやめるとリバウンドする?

ダイエット薬を使用するダイエットではリバウンドしづらいといえるでしょう。一般的なダイエットとは異なり、薬で食欲を抑制したり脂肪を燃焼したりするため過度な食事制限をせずに済みます。そのためダイエット終了後にストレスから食べ過ぎることがありません。しかし、ダイエット薬によって暴飲暴食が帳消しになるわけではないため、健康的な生活習慣を心がける必要はあります。



ダイエット薬とサプリメント、漢方薬の違いって?

ダイエット薬は保険適用外であり、サプリメントよりも価格は高めです。しかし、主な効果が便秘改善や脂肪燃焼の補助など飲むだけでは痩せることができないサプリメントと比較して、ダイエット薬はより確実な効果が得られる点が特徴です。漢方薬は体質改善に効果が期待でき、間接的にダイエット効果が得られます。しかし、体質に合わないものを服用した場合には副作用が出ることもあるため、注意が必要です。

 

医療ダイエット薬で痩せる!まとめ

本記事では、ダイエット薬の概要とおすすめ医療ダイエットクリニック10選を紹介しました。

ダイエット薬は、過度な食事制限や激しい運動なしで痩せることができる点がポイントです。ダイエットで無理をしたくない方や、忙しくて運動する時間が取れない方におすすめといえます。

韓国やタイなどから個人輸入代行の通販サイトで販売されていることもありますが、安全に服用するためにも必ずクリニックを受診するようにしましょう。副作用が生じるリスクもあるため、万が一の場合も医師のサポートがあると安心です。

自分の体質に合ったダイエット薬を処方してもらい、安全にダイエットを行いましょう。

より効果を実感したい方は、脂肪溶解注射や医療用EMSなどとの併用もおすすめです。医師に相談しながらダイエット方法を決定しましょう。

  • 執筆者:楠山 法子
  • グロウクリニック 渋谷院 院長
  • 専門科目 : 美容皮膚科 / 皮膚科

浜松医科大学卒業東京女子医科大学付属第二病院皮膚科勤務を経て、医療脱毛・アートメイク専門のグロウクリニックにて院長を務める。医療と美容の両分野での知識と経験が豊富。
所属学会:日本皮膚科学会日本レーザー医学会
楠山法子のプロフィール詳細はこちら

本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業様等の意見を代表するものではありません。
本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。
本記事で紹介しております商品・サービス等の詳細につきましては、当該商品・サービス等を提供している企業様等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービス等の内容が変更されている場合がございます。
本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業様等の意見を代表するものではありません。
本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービス等の仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
本記事は、いかなる医学的助言を提供するものでもありません。ご自身の症状等についてご不安な点がある方は、必ず医師の診察を受けていただきますようお願いいたします。
本記事に記載されている治療費その他の金額は一例です。プラン等によっては金額が異なる場合がございます。