1年間に支払った医療費を申告すると、住民税や所得税の負担が軽減される医療費控除。確定申告や年末調整の時期になると、気になるのが控除の対象になるものがないかどうか…。

医療脱毛をしたことがある方、また医療脱毛を検討している方、誰しも脱毛は医療費控除になるのか疑問に思ったことがある人、きっと多いのではないでしょうか。

今回は、医療脱毛が医療費控除の対象になるかどうかご紹介します。

医療費控除の対象になる基準などもご説明ますので、医療脱毛をしたことがある方、医療脱毛を検討中の方、必見ですよ。

 

安く医療脱毛するならレジーナクリニック
  • 月々1,000円〜施術を始められる!
  • お得なデビュープランで45%OFF
  • 診療実績110万件突破!
  • 顧客満足度97%!2種の脱毛マシン!
  • 値段
    デビュープラン 
    月々1,000円〜(税込)
    (全身+VIO 5回)
  • 初回カウンセリング
    あり
  • クリニック数
    22院(東京/横浜/名古屋/大阪/広島/福岡など)
🌟この記事のまとめ
  • 【結論】医療脱毛は原則医療費控除の対象にならない!
  • 医療費控除となるものは「治療」を目的としているものだけ。美容目的は対象外。
  • ワキガや多汗症の人は医療費控除の対象となる可能性もある。
  • 治療目的で脱毛をしたい場合は、カウンセリング時に医師に確認してみよう。
【当サイトは厚生労働省の広告に関するガイドラインに則って運営しています】
薬事法
薬事法における広告規制
医療法における病院等の広告規制について

 

医療脱毛は医療費控除の対象になる?

医療脱毛は医療費控除になる?

1番気になるであろう、医療脱毛が医療費控除の対象になるかどうかという疑問から解消していきます。

医療脱毛は医療費控除の対象にならない

残念ながら、医療脱毛は医療費控除の対象にはなりません。これは、脱毛クリニックで脱毛したとしても、サロンで脱毛したとしても一緒です。

脱毛は本来、美容目的で始める方が多く、治療目的ではないため医療費の控除を受けられないのだとか。

脱毛の中にも例外はある

ただし、医療脱毛の中には例外として医療費控除の対象となるものもあります。それは美容目的での脱毛ではなく、治療目的での脱毛です。

例えば、多毛症やワキガ・多汗症の手術に必要な脱毛であれば、例外的に医療費控除の対象として認められるケースもございます。

これらは美容目的ではなく、病気を治療するために行われた脱毛だからです。

 

どうして医療脱毛は医療費控除にならないの?

医療脱毛が医療費控除の対象にならない理由

さて、通常の脱毛は医療費控除の対象にはなりませんが、それは医療費控除の基準を見れば明らか。次にどうして脱毛が医療費控除の対象にならないのかご紹介します。

医療費控除の対象になる基準とは

例外的に医療費控除と認められる脱毛があるという点で、気づいた方も多いかもしれませんが、医療費控除の対象になるかどうかは治療目的で行われたかどうかです。

そのまま治療せずに放っておいた場合、身体に支障をきたすかどうかが基準そのため、美容目的で行われた医療脱毛は、医療費控除の対象にはならないんです。

医療ローンを利用して医療脱毛を行っている方もいますが、控除とはまた別の基準が設けられています。

脱毛以外にも知っておきたい医療費控除にならないもの

意外と知られていませんが、美容脱毛の他にも医療費控除にならない医療行為があります。それは健康診断や予防接種、通院時にかかった駐車場代、市販の健康回復剤などです。

案外、医療費控除の対象になってもおかしくないのでは?と思うような医療行為も、実は対象外となります。

基本的に治療の目的で行われた医療行為でないと、控除の対象にならないので注意が必要です。

 

医療費控除を受けるためには確定申告が必要

グロウクリニック,確定申告と診察券

もし行った脱毛行為が治療目的だった場合、確定申告をしないと控除の対象にはならないので注意してくださいね。

医療費控除は確定申告でしか申告することができません。会社員の方だとしても、年末調整で申告することは難しく、確定申告をしなければならないので、注意しましょう。

確定申告期間は2月16日〜3月15日に限定されていますが、控除の申告だけならば、還付申告で行うこともできます。

還付申告は確定申告と違って5年間の猶予期間があるので、5年以内に申告しましょう。

 

医療費控除されなくても安い!おすすめ医療脱毛クリニック

レジーナクリニック

レジーナクリニック

レジーナクリニックのおすすめポイント

  • 月々1,000円〜!医療費控除がなくても出費を抑えられる!
  • 最大45%OFF!デビュープランキャンペーン実施中!
  • 顧客満足度97%*!あなただけのオーダメイド脱毛
  • オプション料金はすべて無料!麻酔も施術可能

    美容目的の医療脱毛が医療費控除されないのであれば、少しでも安く良質な施術を受けたいですよね。

    そのようなお悩みをお持ちの方におすすめなのが、診療実績110万件超えのレジーナクリニック。レジーナクリニックでは、月々1,000円(税込)〜で施術を始めることができます。

    現在、デビュープランとして最大45%OFFで施術可能なキャンペーンを実施中。本来121,000円(税込)のところ66,000円(税込)で医療脱毛をすることができます。

    顧客満足度97%*を誇るレジーナクリニックが行うのは、患者ひとりひとりの毛質・体質に合わせて脱毛器を使い分けるオーダメイド脱毛。

    痛みに弱かったり、肌が荒れやすかったりする方も施術を受けやすくなっています。

    麻酔やシェービングといったオプションもすべて無料です。何か気になることがあれば気軽にカウンセリングで相談してみましょう。
    料金プラン(税込)・全身医療脱毛+VIO5回コース:99,000円
    ・VIO脱毛プラン5回コース:94,500円
    キャンペーン・割引
    オプション料金

    支払い方法

    現金(一括払い)・クレジットカード(分割払い・一括払い)

    医療ローン(3-60回払い)

    クリニック数

    22院

    (池袋院・渋谷院・表参道院・新宿院・札幌院など)

    運営元医療法人けんゆう会

    出典:レジーナクリニック

    ※満足度:2022年12月〜2023年8月の施術後当クリニックのアンケート回答結果

     

    まとめ

    美容目的で行われた医療脱毛は、残念ながら医療費控除の対象にはなりません。控除の対象になるのは、治療目的で行われた医療行為のみ。

    そのためエステ脱毛でも医療脱毛でも、基本的には控除を受けることができません。

    もし治療目的で医療脱毛をした場合には控除の対象となるので確定申告を行ってくださいね。

    本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業様等の意見を代表するものではありません。
    本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。
    本記事で紹介しております商品・サービス等の詳細につきましては、当該商品・サービス等を提供している企業様等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
    本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービス等の内容が変更されている場合がございます。
    本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業様等の意見を代表するものではありません。
    本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービス等の仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
    本記事は、いかなる医学的助言を提供するものでもありません。ご自身の症状等についてご不安な点がある方は、必ず医師の診察を受けていただきますようお願いいたします。
    本記事に記載されている治療費その他の金額は一例です。プラン等によっては金額が異なる場合がございます。