医療脱毛の施術を受けた日は運動NG…とよく言われていますよね。なんとなく聞いたことはあるけれど、どうして運動したらダメなのか、肝心な理由を知らない方も多いのではないでしょうか?中には、運動禁止のルールを守らなかったことで、肌トラブルが起きてしまった方もいるのです。

そこで今回の記事では、医療脱毛後の運動がNGとされる理由をご紹介します。

いつからなら運動してもいいの?ルールを破って運動してしまったときはどう対処するべき?など、万が一に備えた情報もまとめました。

脱毛当日に運動してはいけない理由

「脱毛当日の運動はお控えください」というルールは、どのクリニックでも言われる、いわば常識のようなものです。まずは、意外と知られていないその理由をご紹介します。

肌の赤みや炎症がひどくなるため

脱毛前後の運動がきっかけで、肌に赤みや炎症が出てしまうことがあります。
そもそも脱毛後の肌は、熱がこもっている状態。運動で全身の血流が良くなることで体温が上昇し、脱毛後の体に溜まった熱を放出しづらくなってしまいます。肌の赤みや炎症が引き起こされるほか、ヒリヒリとした痛みを感じることもあります

かゆみの原因になるため

脱毛後の熱をうまく体外に放出できなかった場合、赤みや炎症のほか、かゆみが出てしまうことも。人によっては、寝ることもできないほどの強いかゆみに襲われるケースもあるようです。

毛穴に雑菌が繁殖する原因になるため

脱毛後の毛穴は非常にデリケート。運動後に汗をかいたまま放置すると、毛穴に雑菌が繁殖してしまい、毛嚢炎などの肌トラブルを引き起こす可能性もあります

運動後に使用する制汗剤が脱毛効果を減少させるため

運動で汗をかいた後に制汗剤を使用する方が多くいますが、脱毛前後の制汗剤の使用はNG。
制汗剤は毛穴に付着し、汗の分泌を抑えてくれます。
脱毛前に制汗剤をつけてしまうと、毛穴に付着した制汗剤が邪魔をし、レーザーが毛根に行き届きにくくなるんです。結果として、脱毛の効果をうまく得られないことも。
また、脱毛後の制汗剤の使用もNGです。
脱毛後の毛穴はデリケートな状態なので、毛穴を詰まらせてしまう制汗剤は使用しないほうが無難。肌トラブルの原因となることもあるので、注意してくださいね。

運動以外にも体を温める行為はNG

運動だけではなく、基本的に「体温を上昇させる行為」の全般がNGとされています。施術当日は、入浴やサウナの利用、飲酒も控えたほうがいいでしょう。こういった行為によって肌トラブルが起きてしまった場合、症状によっては病院で診てもらわなければならなくなることもあります。十分に注意してくださいね。

いつから運動していいの?

施術当日に運動を控えたほうがいい理由をこれまで説明してきましたが、そうなると「施術からどれくらい時間が経ったら運動してもいいの?」「クリニックで言われた期間を過ぎれば絶対に安全なの?」という疑問も湧いてきますよね。

クリニックで言われる期間は目安にすぎない

まず大前提として、クリニックで言われる「いつからなら運動してもよい」という期間は単なる目安に過ぎません。早いケースとしては「施術翌日からOK」とするクリニックもありますし、人それぞれ個人差もありますからね。
敏感肌さんの場合は、言われた期間を守って運動を再開したとしても、肌トラブルを引き起こしてしまうケースも十分に考えられます。

最低3日空けると安心

安心できる目安としては、施術後最低でも3日間ほどは運動を控えるようにするとよいでしょう。
脱毛当日に肌がなんとなくヒリついたり、赤みが出たり…といったわかりやすい症状が出たとしても、翌日になったら目立たなくなる方もいますよね。
しかし見た目ではわからなくても、毛穴はまだ熱を持っている可能性があるため注意が必要です。

不安な場合や、激しい運動をする場合は1週間空ける

長距離マラソンなどの激しい運動をする場合や、肌が弱い方などは、施術後から1週間ほど開けた方が安心です。
本格的な運動をする場合や敏感肌の方は、肌トラブルを引き起こしやすくなります。
不安な方は、期間をしっかりと空けて運動するのがおすすめです。

赤みやかゆみが出てしまったときの対処法

脱毛施術前後に運動をしてはいけない理由はわかったけれど、部活などをどうしても休めず、安全なお休み期間を設けられない方もいらっしゃるのではないでしょうか。そういった方もご安心ください。肌トラブルが起きてしまった場合、どのように対処すべきかご紹介します。

患部をすぐに冷やす

肌に脱毛後の熱がこもっている状態で運動し、赤み・ヒリつき・かゆみなどが出てしまった場合には、患部に保冷剤や氷などを当ててただちに冷却しましょう。脱毛レーザーによって体に溜まった熱がうまく放出できなくなっている可能性があるため、よく冷やすことで肌トラブルが改善することもあります。

クリニックでもらった軟膏を塗る

ほとんどの脱毛クリニックでは、施術後に軟膏を処方してくれます。患部をよく冷やしたあとに軟膏を塗り、これ以上症状が悪化するのを防ぎましょう。

治らない場合はクリニックに連絡を

もしそれでも赤みやかゆみが治まらない場合は、早めにクリニックに相談を。医療脱毛クリニックの場合は医師が常駐しているため、施術後に万が一肌トラブルが起こっても適切なケアをしてくれます。自分1人で対処しようとせず、きちんと専門のクリニックに診てもらいましょうね。

まとめ

最後に、医療脱毛の当日に運動してはいけない理由をまとめました。

●レーザーの熱でダメージを受けている肌は、血行が良くなると炎症を起こす可能性があるため

●毛穴に雑菌が入り込み、肌トラブルが起きる可能性があるため

クリニックで言われた運動禁止期間だけでなく、心配な方は最低でも3日は運動を避けたほうがよいでしょう。お肌の安心のため、そして肝心な脱毛施術効果を高めるためにも、きちんと注意事項を守ることが大切です。