医療脱毛予約日に生理が来たら当日キャンセル?終わりかけならOK?| GLOWクリニック

医療脱毛予約日に生理が来たら当日キャンセル?終わりかけならOK?

タイトル:医療脱毛予約日に生理が来たら当日キャンセル?終わりかけならOK?

「予約の日に生理がきても、脱毛できますか?」

医療脱毛中の女性の方なら、一度は気になる悩みでは無いでしょうか?

生理日の予想はできても、脱毛の予約を入れた日に生理が来る可能性は大いにあり得ますよね。

そこでこの記事では、医療脱毛中に来た生理について解説していきます。

生理期間中のVIO脱毛はNG・しかしその部位以外は施術可能なケースが多い!

医療脱毛を行なっている病院やクリニックは、基本的に生理中でも脱毛することが可能です。
しかし、VIO脱毛だけは行わないクリニックがほとんど。

なぜなら、生理中は

・肌が敏感になりやすい
・ホルモンバランスが乱れて肌荒れが酷くなる
・頭痛や腹痛などの体調不良が出る

など、特にデリケートなVIOは痛みが強くなる可能性が高いから。
このリスクに関しては、後ほど詳しくご紹介しますね。

VIO脱毛は、毛が太くて脱毛するときに肌に負担がかかりやすいですし、VIOの位置を考えると脱毛後の開いた毛穴に雑菌が入り込む可能性が高くなることも予想されます。

さらに、生理中に医療レーザー脱毛でVIO脱毛を行うと、強いストレスを感じてより体調が悪化してしまうことも珍しくありません。このような理由から、VIOの脱毛はできないんですね。

しかし、それ以外の部位であれば、通常通り脱毛することが可能ですよ。

エステサロンは衛生面の問題から生理中の脱毛を控える

一方で、エステサロンは、生理中は高確率で脱毛の施術を受けられません。
VIO脱毛だけではなく「どの部位でも生理中は施術できない」とするエステサロンも珍しくありません。

一番大きな理由は生理中に脱毛の施術をすると、施術台などに血がついてしまう可能性があり、衛生面で問題があるから。

エステサロンは医師が常駐している医療機関ではないので、万が一何かトラブルが起きても対処できません。

特に性器周辺のVIOゾーンは粘膜も多く、肌トラブルや感染が心配な部位。
そのため、他の部位でも、トラブル防止のために生理中の脱毛施術を控えているサロンが多いんですね。

生理中の脱毛リスクとは?

生理中の脱毛リスクとは?

では続いて、生理中に脱毛をすることで感じるリスクについて解説していきます。
生理中に医療脱毛をすることは可能ですが、その分以下のような症状が起きやすい場合もあるので、注意が必要です。

・肌が敏感になり痛みを感じやすい
・施術で炎症や肌荒れが起きやすい
・ホルモンバランスが崩れ、脱毛周期などが変わって脱毛効果に影響が出やすい
・脱毛への不安感などからストレスを感じやすい
・感染症にかかる恐れもある

リスク①:肌が敏感になり痛みを感じやすい

生理中は、普段より肌がデリケートな状態なので、痛みを感じやすいです。
医療レーザーを敏感な肌に当てると、軽いやけど状態を引き起こします。特にレーザー脱毛は、温度が約200℃ととても高温!

普段なら肌のバリア機能が熱から肌を守ってくれますが、生理中は特に痛みを感じやすくなっています。
このように、いつもより刺激に敏感な肌は痛みにも敏感なのです。

リスク②:施術で炎症や肌荒れが起きやすい

同じく肌が敏感なことから、施術で炎症や肌荒れが起きやすくなります。
生理前や生理中、吹き出物ができたり、いつもより化粧ノリが悪かったりと経験がある方も多いのではないでしょうか?

生理前~生理中の肌荒れの原因は、ホルモンにあります。

メカニズムとしては、以下の通り。

ホルモンバランスが崩れる

皮脂の分泌量に変化が起きる

皮脂が毛穴に詰まる
これにより、肌荒れやニキビなど、お肌に関する様々なトラブルが引き起こされてしまうんですね。

また、生理中は肌のバリア機能が低下しています。
バリア機能が低下することで、毛嚢炎(もうのうえん)という肌トラブルも招きやすくなっているのです。
毛嚢炎とは、毛穴を包んでいる毛嚢という部分が細菌に感染することで起きる肌トラブルのこと。

このように、肌の状態が良くない場合は施術中により炎症や肌荒れが起きやすいんですね。

リスク③:ホルモンバランスが崩れ、脱毛周期などが変わって脱毛効果に影響が出やすい

男性ホルモンと女性ホルモンからなる「ホルモンバランス」は、毛周期を正しいサイクルで循環させています。
毛周期とは、体毛が一定の周期で常に生え変わるサイクルのこと。

この内、細胞分裂が盛んな時に新しい毛が生えて、成長する「成長期」のみ医療レーザーは照射できます。

しかし、生理中はホルモンバランスが乱れやすく、毛周期も整わなくなることも。
防ぐためには、日頃から規則正しい生活やバランスの取れた食事を心がけ、ストレスを溜め込みすぎないようにしましょう。

リスク④:脱毛への不安感などからストレスを感じやすい

生理中は、ホルモンバランスの乱れが原因でイライラするなど、精神的な影響が現れる方もいます。
さらに、生理中で身体に影響が無いかと不安を抱えながら脱毛施術を受けると、余計にストレスを感じてしまうかもしれませんね。

その点、GLOWクリニックでは、経験豊富な医師が一人ずつ丁寧に肌を診断した上で、看護師が施術を行なっています。

生理中の脱毛への不安・ストレスを感じても、その不安に対してしっかりアドバイスさせていただきますので、安心して施術を受けることができますよ。

リスク⑤:感染症にかかる恐れもある

生理中の医療脱毛は、最悪の場合、感染症にかかる可能性も考えられます。
例えば、生理中に医療レーザー照射すると、経血がベッドや器具に付着する可能性がありますよね。

1日何人ものお客さんが同じベッドを使用し、衛生上悪いクリニックもしばしば。事前に感染症予防のために、施術を断っているんです。

生理の終わりかけは脱毛できるクリニックもある

生理中の医療脱毛がOKのクリニックなら、終わりかけの時期に脱毛できます。
ただし、終わりかけはまだホルモンバランスが安定していない時期。できれば他の日に脱毛した方が、自身の体調などを考慮できるでしょう。

そのためにも、生理前、生理の終わりかけとも、自分の肌や体の調子、心の状態とよく相談することが大切です。
たとえ脱毛可能な場合も、体調などをよく考えて脱毛するかどうか決めましょう。

生理が終わってからの脱毛に最適な時期は?

生理が終わってからの脱毛に最適な時期は?

生理の終わりかけの脱毛は可能ですが、生理前から生理の終わりかけの時期は医療脱毛自体をおすすめしないクリニックがほとんどです。

なぜなら、生理前後はホルモンバランスが崩れており、脱毛周期が変わって脱毛効果も変わることがあるから。

では、生理が終わってからの脱毛に最適な時期はなのか?

ズバリ脱毛に最適な時期は、生理が終わってから1週間後!

生理の1週間後は肌ツヤも良く、精神状態も安定する「美人ホルモン」が分泌されています。肌の状態が絶好調なので、医療脱毛にはおすすめの時期なんですね。

生理周期は4つに分類される

生理周期は、生理中(月経期)、卵胞期、排卵期、黄体期の4つに分かれ、約1カ月で周ります。もちろん個人差はありますよ。

生理の終わりから排卵期までの、「美人ホルモン」が肌の状態をよく保っている状態が最適な時期なんですね。

1つずつ、時期に合わせた対策とともに解説していきます。

・生理中(月経期):基礎体温が下がり、鉄分が不足しやすい時期。
肌は敏感な状態なので、水分補給と保湿を入念に!

・卵胞期:女性ホルモンの「エストロゲン」の分泌が最も多く、肌状態が最高の時期。
ダイエットや肌の角質ケアなどにも向きますが、体温は低いので温活をしっかり!

・排卵期: 「プロゲステロン」が分泌され、「エストロゲン」の分泌がピークを超えて減少する時期。
肌や身体のトラブル対策もかねて、規則正しい生活を!

・黄体期: 肌が敏感になり、基礎体温も高くなる時期。
特に生理前の1週間は最も肌トラブルが起きやすいので、脱毛する場合は最も注意が必要。前もってできる脱毛対策を万全にしましょう!

脱毛をすると生理が遅れるって本当?

医療脱毛の施術が、生理やホルモンバランスに悪影響を及ぼすことはほとんどないと言われています。

これは、子宮に比較的近いVIOの脱毛を行う場合も同じ。

医療脱毛で使われるレーザーは、あくまで皮膚や毛根、毛包などに作用するもの。
生理に関わる神経やホルモンには、直接働くことは少ないんですね。

しかし、生理中の脱毛で身体に影響が無いか不安になり、この不安が生理の遅れにつながることもしばしば。

GLOWクリニックで使用する脱毛機は、毛根細胞を破壊するのではなく、低出力で熱エネルギーをじわじわ蓄積していくことで毛包とバルジ領域に作用する脱毛方式を採用した、新しいタイプのレーザー脱毛機。

また、施術中の痛みを感じさせない麻酔代も無料なので、安心して医療脱毛を受けることができますよ!

脱毛予約日と生理のブッキング防止!生理周期を確認しよう

脱毛の予約日と生理が重ならないためには、自身の生理周期を確認することが大切。

手帳や記録アプリなどに、生理日を記録しておくと、数ヶ月先までの予測を立てることができます。

記録と予測を元に脱毛施術の予約を取ると、直前で変更する可能性も低くなりますよ。

特にVIO脱毛を希望されるなら、生理周期の把握は重要です。短期間で効果的に脱毛を進めるために、ぜひ今から記録を始めてくださいね。

万が一脱毛の予約と生理が重なってしまったら?当日キャンセルはできるの?

生理日を予測していても、ホルモンバランスは乱れやすく、脱毛の予約日と重なってしまうこともありますよね。
キャンセルの条件はクリニックにより異なるので、カウンセリングの時点でしっかり確認しておきましょう。

Glowクリニックは、もし生理になってしまった場合でも、前日19時までならキャンセル料は無料です。

また生理中であってもVIO以外の部位は施術が可能なので、安心して通い続けることができます。VIO脱毛はできないので、生理が始まった時点で、キャンセルの連絡を入れてくださいね!

まとめ:VIO脱毛で生理中も快適に!

まとめ:VIO脱毛で生理中も快適に!

医療脱毛中に始まった生理に関して解説してきました。
VIOを除いて、ほとんどの部位が生理中でも医療脱毛が可能です!

ですが、生理中はホルモンバランスが乱れやすく、肌もデリケートな状態。

・ストレスがたまりやすい
・肌荒れや炎症が発生しやすい
・医療レーザーの痛みを感じやすい
・最悪感染症にかかる

など、身体に悪影響を与えることが多いです。
気になる方は、生理が始まった時点で、キャンセルや別日に予約を取り直すなど対策をしましょう。
GLOWクリニックは、前日19時までであればキャンセルは無料。だから、万が一生理と被ってしまった場合でも、キャンセルを気にせず、安心して通い続けることができます。

また無料のカウンセリングも行なっているので、もっと詳しく知りたい方はお気軽にスタッフにお尋ねくださいね。

0120-05-822無料カウンセリング予約