※本記事はPRを含みます。

疲れているわけではないのに「大丈夫?」と聞かれたり、寝不足ではないのに「寝てないの?」と尋ねられたり、目のクマがあると不健康に思われます。そんな方にはクマ取り施術がおすすめで、早ければ即日効果が期待できます。

ただ、クマ取りには内出血や腫れなどダウンタイムと呼ばれる期間があり、術後の過ごし方を誤ると、ダウンタイムの期間が長くなってしまうおそれがあります。そのため、「ダウンタイムの特徴や過ごし方」を知ることが重要です。

この記事では、クマ取りのダウンタイムに現れる主な症状ダウンタイム中はどのように過ごしたらいいのかを解説します。また、ダウンタイムのリスクを軽減してくれるおすすめクリニックも紹介するので、ぜひ参考にしてください。

この記事を読めば、クマ取りの術後も安心して生活を送れるでしょう。

※当院(グロウクリニック)では、クマ取り施術を行っておりません。

当コンテンツ内で紹介する医院の一部またはすべてに広告が含まれています。しかし、各医院の評価や情報の正確さに影響することは一切ありません。また、広告によってユーザーの皆様の選択を阻害することのないよう、客観的視点や基準で医院を紹介・評価しております。当コンテンツはグロウクリニックが管理を行っております。詳細は、コンテンツ編集・制作ガイドラインをご覧ください。
【当サイトは厚生労働省の広告に関するガイドラインに則って運営しています】
薬事法
薬事法における広告規制
医療法における病院等の広告規制について

クマ取りのダウンタイムはひどい?

クマ取り手術を行うと、術後に一時的に腫れが生じたり、内出血が現れたりします。この症状が現れてから回復するまでの期間を「ダウンタイム」と呼びます。

手術を受けた人のほとんどに現れる症状で、人によってはゴロゴロとした目の違和感や血の涙・鼻血などの軽い出血が生じる人もいるなど、症状はさまざまです。

ダウンタイムの経過は施術内容や患者の状態によっても異なりますが、クマ取り脱脂で2週間程度。腫れや内出血は2〜3日目がピークです。

切開を伴うものであれば仕上がるまでに1ヶ月ほどを要しますが、切らないクマ取りのダウンタイムは1週間ほどと、そこまでひどくはありません。

出典:【クマ取り脱脂】ダウンタイムのピークは3日目まで!術後の経過と過ごし方&上手い言い訳を紹介 -eye’m

クマ取りのダウンタイムに現れる主な症状

クマ取りのダウンタイムに現れる主な症状は次のとおりです。

  • 痛み
  • 内出血
  • 腫れ・むくみ
  • 血の涙が出る

症状①:痛み

脱脂をした場合しばらくは痛みが続き、1〜2週間程度は目を動かしたときに重い痛み、目の周りを押したときに痛みを感じることがあります。鈍痛ではありますが、我慢できない場合は痛み止めを処方してもらいましょう。

最近では術後の痛みに配慮して手術をしてくれるクリニックも多いので、術前に相談するのもおすすめです。

なお、レーザー治療やヒアルロン酸注入などの施術を行った場合に残るのは違和感のみで、痛みそのものは当日中に消えることが多い傾向にあります。

出典:目のクマ取りって痛みが強い?施術時の痛みからダウンタイムの痛みまで -アリエル美容クリニック

症状②:内出血

クマ取り施術を行うと、下まぶたから目の周りに内出血が生じることがあります。これは施術時に微小な血管が損傷し、血液が滲み出るためです。

目立つような内出血が生じるかどうかは、施術を受けた個人によって異なりますが、約30%くらいの方が実感しています。

特に出血しやすい体質やあざができやすい体質を持つ人は、内出血の発生リスクが高まります。

ただし、内出血は通常施術後約2週間ほどで徐々に黄色く変色し、目立たなくなります。はじめは内出血が目立っても、しばらくすると気にならなくなるでしょう。

入浴やサウナ、激しい運動など血行を活発にすると内出血が起こりやすくなるので、しばらくは控えた方が無難です。

出典:クマ取り治療は内出血する?ダウンタイムの過ごし方や治療のメリットも紹介! -アリエル美容クリニック

症状③:腫れ・むくみ

施術の翌日から、腫れやむくみが起こる可能性もあります。顔がパンパンに腫れるような症状ではなく、多くの人が「目をこすった直後のような違和感」や「腫れぼったさ」のようなものです。

体質によっては、2週間程度強い症状が出る場合もあります。腫れをできるだけ抑えたい人は、ブロック麻酔や静脈麻酔などのオプションをつけるのも良いでしょう。

なお、施術直後に激しく動いたり重いものを持ったりすると、腫れが悪化する場合があるので、術後は安静にすることも重要です。

出典:【クマ取り脱脂】ダウンタイムのピークは3日目まで!術後の経過と過ごし方&上手い言い訳を紹介 -eye’m

症状④:血の涙が出る

人によっては血の涙や鼻血などの軽い出血があります。手術をしたあとは、傷口から血がでやすいため、涙に混じったり、鼻を通って鼻血として出たりすることもあるのです。

このような血の涙は通常、手術後1〜3日程で自然に収まります。初めのうちは少し気になるかもしれませんが、出血が長引かないことが一般的なので心配ないでしょう。

出血を最小限に抑えるためには、目に血が集まらないよう、就寝時に枕を高くする方法が効果的です。また、術後には患部に触らないように注意してください。

出典:クマ取りは2週間後にダウンタイムが終わる?適切な過ごし方やよくある症状を紹介 -アリエル美容クリニック

クマ取りのダウンタイムの日数はどのくらい?術後の経過

再生注射

再生注射の場合は切開手術がなく、針を刺すだけの施術なので腫れや痛み・内出血などはほとんどありません

クリニックによって、クマ取り再生注射で使用する注射針や技術、成分などは異なるため、ダウンタイムの日数は異なります。概ね3〜4日程度で自然な状態に落ち着く方が多いでしょう。

なお、当日よりメイクや洗顔が可能で、目元以外ならシャワーも可能です。ただし、注入した部位への強い圧迫は1ヶ月程度避けましょう。

出典:クマ消しぷるぷる注射 -プルージュ美容クリニック

出典:クマ取り再生注射 -TCB東京中央美容外科

切開法

たるみが強くクマが目立つ人の場合、目の下の脂肪や皮膚を切り取る切開施術を検討している方もいるでしょう。切開の場合、再生注射や皮膚表面は切らない脱脂と比較してダウンタイムが長く、約1ヶ月程度が目安です。

皮膚の除去手術を行った場合、皮膚表面を切開して縫合を行っているので、施術をしてから1週間後に抜糸を行う必要があります。

縫合は透明な糸を使用するため、目立ちにくく、抜糸後の腫れもメイクで隠すことができるでしょう。

出典:【クマ取り脱脂】ダウンタイムのピークは3日目まで!術後の経過と過ごし方&上手い言い訳を紹介 -eye’m

レーザー治療

茶クマのような摩擦や紫外線などメラニンによる色素沈着が原因のクマは、レーザー治療で解消が期待できます。レーザーにより沈着したメラニン色素にダメージを与え、徐々に茶クマを解消していくのです。

徐々に効果が現れるので、見た目でクマが消えるまでは、何度か繰り返して施術を受ける必要があります。

レーザー治療のダウンタイムは3日〜1週間程であり、主な症状も内出血くらいなので気軽に施術を受けやすいでしょう。また、個人差はありますが術後翌日からアイメイクをすることも可能です。

出典:目の下のクマ取り後のダウンタイム長さは?過ごし方のポイントも併せて紹介 -アリエル美容クリニック

 

クマ取り後のダウンタイム中はどのように過ごしたらいい?

クマ取り後のダウンタイム中は次のように過ごすと良いでしょう。

  • 目や顔に刺激を与えないようにする
  • 目を酷使しないようにする
  • 目や体を温めないようにする

目や顔に刺激を与えないようにする

クマ取りの施術後は、目に違和感が発生するかもしれません。しかし、術後は肌がダメージを受けており敏感な状態なので、目や顔に刺激を与えるのはNGです。

まぶたは顔の中でも腫れや赤み・痛みなどを起こしやすいので、刺激を与えるとダウンタイムが長引いてしまう可能性があります。

また、激しい運動や刺激的な食べ物なども、1週間程度は控えるのがおすすめです。目の下のメイクも1週間程度は避ける方がよいでしょう。

出典:クマ取りのダウンタイムはどのくらい?早く治す過ごし方を医師が解説! -id美容クリニック

目を酷使しないようにする

クマ取りの施術を受けた当日、目を過度に使い続けると腫れが長引いてしまうこともあります。施術後の目の状態は敏感になっており、負担をかけると回復が遅れる可能性があるからです。

施術当日はできるだけ目を休めてあげることが大切です。

テレビを見たり、PCやスマートフォンの画面を長時間見ることは、目を酷使します。また、長時間のゲームや読書も目にストレスをかけるので避けましょう。

出典:クマ取り後の腫れを早く引かせるためにできることはありますか? -東京中央美容外科

目や体を温めないようにする

施術後に目や体を温めるのもNGです。施術の当日から洗顔やシャワーなどは可能ですが、目の周りなど患部は避けるようにしましょう。

また、腫れ・内出血は血流がよくなると現れやすくなるので、入浴・温泉・サウナなども1週間程度は控えることが推奨されています。

施術後にまぶたの上を冷やすと炎症が治まりやすくなるので、タオルで包んだ保冷剤を当てるのも効果的です。

ただし、冷やしすぎると血流が悪くなり、青クマの原因になることもあります。方法によっては悪化しやすくなるので、冷やしすぎには注意が必要です。

出典:クマ取り治療は内出血する?ダウンタイムの過ごし方や治療のメリットも紹介! -アリエル美容クリニック

 

クマ取りにおすすめの美容整形クリニック3選

湘南美容クリニック

湘南美容クリニックのおすすめポイント

  • 【12月31日まで】眼窩脂肪まとめて除去パーフェクトコース(3ヶ所)20%OFF
  • クマ取りの症例件数が89,192件※1
  • ダウンタイムを極限まで短くする術式を採用
  • ダウンタイム軽減のケア用品も購入可能

湘南美容クリニックは、目の下の切らないクマ・たるみ取りの症例数が89,192件※1ある老舗のクリニック。経験が豊富なドクター限定のオプションとして「ミニマムダウンタイム切開法」が利用できます。

このコースは、RF(電波)メスを使用することで止血をし、内出血や腫れを抑えることが可能です。そのため、術後のダウンタイムを極力抑えることができます。

また、術式や道具などすべてにこだわり抜いた施術で、縫合には透明な糸を使用しているため、仕上がりも美しく利用者から定評があることも特徴の1つです。

さらに、現在は「眼窩脂肪まとめて除去パーフェクトコース(3ヶ所)」が20%OFFで受けられるキャンペーンを実施中です。

12月31日までの期間限定キャンペーンとなっているため、迷っている方は早めに申し込むのがおすすめです。

施術後に内出血や赤み・むくみがあった場合でも、ダウンタイム軽減ができる表皮の再生を促す「セベリア L.C.E.バーム」を取り扱っているのが嬉しいポイントです。
料金(税込)・【12月31日まで】眼窩脂肪まとめて除去パーフェクトコース(3カ所)
通常価格:113,000円
キャンペーン価格:90,400円
キャンペーン+モニター価格:63,280円

【目の下の切らないクマ・たるみ(ふくらみ)取り】
・+SBCリッチフェイス:231,800円
・+SBCコンデンスリッチフェイス:297,800円
・+ナノリッチ:359,480円
主なメニュー・眼窩脂肪取り
・ヒアルロン酸注入
・下眼瞼切開術
・ハイフ
・レーザー治療
オンライン診療なし
初回カウンセリングあり
クリニック数146院
(北海道・東北・関東・中部・関西・中国・四国・九州・沖縄・海外)

出典:湘南美容クリニック

※1 2004年1月〜2023年6月末現在

品川スキンクリニック 

品川スキンクリニックのおすすめポイント

  • 症例実績が1,300万件突破※1
  • BMC会員なら最大30%OFFで受けられるたるみ取りも
  • カウンセリングでしっかり診察し適切なケア方法を決定

品川スキンクリニックは、症例実績が1,300万件を超える※1クリニック。脱脂や切開・ヒアルロン酸など、複数のクマ取り施術を提供しています。

目の下のふくらみ取りでは、傷跡が目立ちにくく自然な仕上がりにすることが可能で、腫れや痛みは2日〜1週間程度、内出血も1〜2週間程度とダウンタイムが短期間です。

また、赤クマ・黒クマ・くぼみなどの改善が期待できる「プレミアム目の下のたるみ取り」はBMC会員なら最大30%OFFで施術を受けられます。

自分がどのクマのタイプか分からない人も、治療前のカウンセリングで適切なケア方法を提案してくれるため、気軽に相談できるでしょう。
料金(税込)・目の下のふくらみ取り:108,900円
・目の下のふくらみ取りプレミアム:212,300円
・プレミアム目の下のたるみ取り:98,000円
・美肌注射プレミアム:1cc 5,500円
・リデンシティⅡ:62,990円
・レスチレン®リド:44,990円
・美肌アモーレ:183,590円
主なメニュー・脱脂
・ヒアルロン酸注入
・下眼瞼切開術
・ハイフ
・レーザー治療
オンライン診療なし
初回カウンセリングあり
クリニック数39院
(北海道・東北・関東・中部・関西・中国・四国・九州・沖縄)

出典:品川スキンクリニック

※1 1989年1月〜2022年6月時点(品川スキンクリニック調べ)

TCB東京中央美容外科

TCB東京中央美容外科のおすすめポイント

  • 脱脂・切開・ヒアルロン酸注入などクマ取りプランが豊富
  • 3つのクマの撃退効果が期待できる「クマ取り再生注射
  • 目元施術口コミ人気ランキングNo.1※1の実績

TCB東京中央美容外科は、脱脂・切開・ハイフ・ヒアルロン酸注入など様々なクマ取りプランを用意している美容クリニック。

中でも「クマ取り再生注射」は、茶クマ・青クマ・黒クマなど3つのクマの撃退が可能で、税込9,800円と安価な料金設定が魅力です。

また、「目元施術口コミ人気ランキング」や「知り合いに勧めたい目元施術」など3つの部門でNo.1※1の実績があることも見逃せないでしょう。

ダウンタイムも数日程度で自然な状態に落ち着きます。
料金(税込)【目の下のクマ取り、たるみ取り】
・スタンダード:83,600円
・スーパーナチュラル:55,000円
・パーフェクト:297,000円
・エクセレント:458,000円
・+目の下への脂肪注入:571,900円

【クマ取り再生注射】
クマ取り再生注射:9,800円
クマ取り再生注射プレミアム 1cc:69,800円
クマ取り再生注射プレミアム 3回コース:189,000円
主なメニュー・脱脂
・ヒアルロン酸注入
・下眼瞼切開術
・ハイフ
・レーザー治療
オンライン診療なし
初回カウンセリングあり
クリニック数102院
(北海道・東北・関東・中部・関西・中国・四国・九州・沖縄)

出典:TCB東京中央美容外科

※1 2022年6月〜7月公式LINEアカウント内で目の下のクマ取りの施術を受けた方に対するアンケート結果 回答数1,216

クマ取りに失敗しないために|美容整形クリニックの選び方

クマ取りに失敗しないためには医師選び、クリニック選びが重要です。そのため、後悔しないためにも次の点を参考にクリニックを選びましょう。

  • 施術の種類が豊富なクリニックを選ぶ
  • アフターケアが充実しているクリニックを選ぶ
  • 実績と口コミから選ぶ

施術の種類が豊富なクリニックを選ぶ

まず、美容クリニックを選ぶ際にさまざまな施術プランを提供しているクリニックを選ぶようにしましょう。クマやたるみの治療方法は症状によって異なり、脱脂や再生注射、切開法、レーザー注射などがあります。

もし施術のプランが限られているクリニックを選んでしまい、適切なカウンセリングを受けずに治療を進めると、効果を実感できない可能性が高まるので注意が必要です。

同じクマ取りの施術でも、患者に合わせて様々なコースを用意しているクリニックもあります。

例えば、湘南美容クリニックでは、目の下の切らないクマ・たるみ(ふくらみ)取りでも「リッチフェイス」「コンデンスリッチフェイス」「ナノリッチ」など多くの選択肢があります。

施術の選択肢が豊富であれば、適切な治療方法が見つかるので失敗のリスクを抑えられるでしょう。

アフターケアが充実しているクリニックを選ぶ

クリニックでは、患者が安心して施術受けられるように「安心保証制度」が設けられていることが多いです。しかし、クリニックによって保証内容や適用される条件は異なります。

そのため、アフタフォローの詳細は施術前に確認しておく方がよいでしょう。「元に戻ってしまったときにも再施術を行ってくれるのか?」「保証が適用される期間はどのくらいか?」などの項目は最低限確認しておくことをおすすめします。

保証期間内であれば相談・診察が無料で行われ、追加の治療が必要と診断されれば、治療を受けられることが多いです。

なお、保証期間は一般的に1〜3年間と決めているクリニックが多い傾向にあります。できるだけ期間が長く保証が手厚いクリニックを選ぶ方が安心できるでしょう。

実績と口コミから選ぶ

クマ取りの実績もクリニックを選ぶ上で重要なポイントです。実績が豊富なクリニックであれば、通常公式サイト内にクマ取り専用ページを設けていることが多く、成功事例も多数掲載しているでしょう。

症例件数は数万件に及ぶことが多いです。これらの実績を見比べてみて、自分に適しているクリニックを選んでみてください。

また、利用者の口コミから選ぶのもおすすめです。クリニック名をネット検索して、表示される「Googleビジネスの口コミの評価は高いか?」「XやInstagramなどのSNSでの評判は高いか?」などの内容をチェックしましょう。

ただし、口コミに関しては必ず信憑性があるとはいい切れません。あまり過信せずに参考程度に留めておく方が安心です。

クマ取りに関するよくある質問

クマ取りのダウンタイム・経過は?

クマ取りのダウンタイムは通常、施術後2日目あたりがピークとなり、内出血や腫れ、少しの痛みを伴うこともあります。切らないクマ取りのダウンタイムは1週間ほどで、多くの場合そこまでひどい状態にはなりません。切るクマ取りは仕上がりに1ヶ月ほどを要するため、仕事などの予定はあらかじめ考慮する必要があります。

クマ取りで失敗しないためには?

クマ取り施術は切開するものもあるので、失敗しないためにはダウンタイムの過ごし方だけでなくクリニック選びも重要です。良い医師を見つけるためには症例写真をHPなどで確認しておくと、仕上がりの満足度が高くなるでしょう。症例写真を掲載している医師は症例数が多い傾向にあるので、信頼性があります。

まとめ

今回の記事では、クマ取りのダウンタイムに現れる主な症状とダウンタイム中はどのように過ごしたらいいのかを解説しました。

術後はダメージを受けているため、目や顔に刺激を与えず、目を酷使しないようにしないことがダウンタイムで気をつけるべきポイントです。

また、目や体を温めないようにするため、入浴やサウナなどは控えましょう。さらに、激しい運動や刺激的な食べ物なども1週間程度は控えるのがおすすめです。

「湘南美容クリニック」ならクマ取りの治療法も豊富にあり、ダウンタイムを軽減する施術を行ってくれるので安心できるでしょう。
本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業様等の意見を代表するものではありません。
本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。
本記事で紹介しております商品・サービス等の詳細につきましては、当該商品・サービス等を提供している企業様等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービス等の内容が変更されている場合がございます。
本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業様等の意見を代表するものではありません。
本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービス等の仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
本記事は、いかなる医学的助言を提供するものでもありません。ご自身の症状等についてご不安な点がある方は、必ず医師の診察を受けていただきますようお願いいたします。
本記事に記載されている治療費その他の金額は一例です。プラン等によっては金額が異なる場合がございます。