※本記事はPRを含みます。

「目の下が黒ずんでいて顔色が悪い」「目の下の膨らみで老けてみえる」自分の顔を鏡や写真でみたときに、このような悩みを感じる人は少なくありません。

メイクでは隠し切れない目の下の黒ずみ、膨らみの正体は「クマ」の可能性も。マッサージやエクササイズでは改善できない肌の悩みも、今は美容医療の力によって改善できる時代です。

しかしながら、クマ取り施術の値段やダウンタイム中の過ごし方など何かと気になることがある方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、目の下のクマ取りにかかる費用や原因別の対処法、目の下のクマの種類について解説します

治療を受けるメリット・デメリットが気になる人や、おすすめのクリニックが知りたい人はぜひ参考にしてみてください。

※当院(グロウクリニック)では、クマ取り施術は行なっておりません。

🌟この記事のまとめ🌟

  • 目の下のクマ取りがおすすめなクリニックは、5,000件以上の実績を誇るTCB東京中央美容外科
  • 費用は治療方法にもよるが、10~50万円!価格差は比較的広め
  • 目の下のクマができるのは、加齢・ストレス・摩擦などが原因
  • 目の下のクマ取り治療をすると、顔色が明るく見えるようになる効果も!
【目の下のクマ取り】おすすめクリニックTOP3

東京美容外科



TCB



品川スキンクリニック



おすすめ
ポイント
  • 通常の15万円引き施術可能!
    • 最大10万円の交通費補助!
    • 安心の一生涯保証!
    • 基準をクリアした医師のみ施術!
        • 月額4,600円〜!
          • 施術時間は約10分!
          • 施術実績370,000件以上!
          • 全国各地に展開!
            • 無料のクマ診断実施中!
              • 施術や紹介でポイントGET!
              • クマの治療方法が豊富!
              • 学割/誕生月割など割引多数!
        料金
        (埋没法)


        100,000円(税込)〜


        83,600円(税込)〜


        108,900円(税込)〜

        院数


        21院
        (新宿/銀座/横浜
        大阪/福岡など)


        98院

        (東京/横浜/名古屋
        大阪/広島など
        )


        28院

        (東京/横浜/名古屋
        札幌/岡山など)

        詳細詳細詳細詳細
        公式公式公式公式

        ≫表は横スクロールします。

        当コンテンツ内で紹介する医院の一部またはすべてに広告が含まれています。しかし、各医院の評価や情報の正確さに影響することは一切ありません。また、広告によってユーザーの皆様の選択を阻害することのないよう、客観的視点や基準で医院を紹介・評価しております。当コンテンツはグロウクリニックが管理を行っております。詳細は、コンテンツ編集・制作ガイドラインをご覧ください。
        【当サイトは厚生労働省の広告に関するガイドラインに則って運営しています】
        薬事法
        薬事法における広告規制
        医療法における病院等の広告規制について

        目の下のクマ取りとは

        目の下のクマ取りを検討する上で必ず把握しておきたいのが「クマ」の正体と発生するメカニズムです。

        目の下のクマについてわかりやすく一言で表すのなら、眼輪筋が皮膚の上から透けて見えている状態もしくは眼窩脂肪(がんかしぼう)が突出している状態です。

        クマの種類によっては新陳代謝の低下によって血流が悪くなり、黒ずんだ色素沈着を引き起こすケースもあります。

        そもそも、人間の目の周りの皮膚は体の他の部位と比較しても非常に薄いのが特徴的。

        紫外線やブルーライトなどの外的要因によって血流が悪くなると、眼輪筋もしくは血管が透けてみえる状態を作り出します。

        このようなケースでは、化粧品などによるケアや生活習慣の見直しで改善される場合もあるでしょう。

        しかしながら短期間で劇的な変化を得るのは難しいため、クリニックでの治療を希望する人も少なくありません。

        また、目の下のクマが膨らんでいて目立つ場合は、加齢によって眼窩脂肪を押し出している可能性が考えられます。

        眼球を守るといった役割を担う大切な脂肪が「眼窩脂肪」ですが、少なからず加齢により眼球が下がったり目の周りの筋肉が衰えたりします。

        それにより、目のまわりをおおうように存在する眼窩脂肪は目の下で前に押し出されるような形になります。

        「涙袋の下がさらに膨らんでいて気になる」このように感じてしまう人がいるのは、まさに眼窩脂肪が押し出されているケースが当てはまるからだといえるでしょう。

        この押し出された眼窩脂肪を除去、または元の場所に移動する施術こそが「目の下のクマ取り手術」と呼ばれるものです。

        出典:目の下のクマができる原因 – クマは疲労や寝不足が原因?‐銀座みゆき通り美容外科の美容コラム 


        目の下のクマ取りにかかる費用は?治療方法別に解説 

        経結膜脱脂術ハムラ法ヒアルロン酸・
        脂肪注入
        方法
          眼窩志望を目の
          裏側から取り除く
          眼窩脂肪を移動し
          膨らみを解消する
          くぼんだ部分に
          注入し影を防ぐ
          費用約10〜30万円約30〜55万円費用の幅が大きい

          ≫表は横スクロールします。

          目の下のクマ取りにかかる費用は、美容外科でどのような治療を受けるかで変わってきます。

          では、施術の具体的な内容と治療方法別の費用について詳しくみていきましょう。

          経結膜脱脂術

          経結膜脱脂法(けいけつまくだっしほう)とは、世間一般的に「脱脂」と呼ばれている施術です。

          目の下のクマとなる原因の1つ「眼窩脂肪」を、目の裏側からアプローチする形で取り除きます。

          顔の表面に傷を残す心配がなかったり、20〜30分の比較的短い時間で施術できたりするのが大きな魅力だといえるでしょう。

          なお、経結膜脱脂法にかかる費用目安は10〜30万円程度と幅広いのも特徴的です。

          美容医療は健康保険が使えない自由診療になるため、クリニックによって設定している価格が異なります。

          出典:目の下のクマ取りはどれがいい? 原因別でわかる治療法【美容整形手術・セルフケア】

          ハムラ法

          ハムラ法は、経結膜脱脂法のように眼窩脂肪を取り除くのではなく目の下の窪んでいる部分に移動させてフラットな状態を作りだし、膨らみやへこみを解消する方法です。

          日本国内では、目の下ギリギリの下まつ毛に沿った部分にメスを入れて施術をする「表ハムラ法」と、下まぶたの裏側部分にメスを入れて施術をする「裏ハムラ法」の2種類があります。

          表ハムラ法には、弛んだ目の下の皮膚を切除できるといったメリットがある反面、顔の表面に傷が残るデメリットがあります。

          そして、裏ハムラ法には顔の表面に傷が残らないといったメリットがある反面、皮膚の切除が実現しません。したがって、下まぶたの皮膚の弛みを同時に治療するのが難しいでしょう。

          なお、ハムラ法にかかる費用目安は30〜55万円程度と幅があります。クリニックによっては表ハムラ法の方が高かったり、裏ハムラ法の方が高かったりとさまざまです。

          出典:ハムラ法(目の下のクマ・たるみ取り)| 大阪(梅田)の目の下のクマ・たるみ治療なら水の森美容クリニック【公式】大阪院サイト
          出典:ハムラ法・裏ハムラ法 | セイコメディカルビューティクリニック|美容皮膚科 美容外科 医療脱毛 福岡 天神

          ヒアルロン酸・脂肪注入

          ヒアルロン酸・脂肪注入は、目の下のクマが影になって目立つケースに有効だとされる治療法です。

          経結膜脱脂法やハムラ法のようなメスを使う施術ではなく、注射針でヒアルロン酸や自らの脂肪を注入していきます。

          目の下のくぼみ部分に注入してフラットな状態を作れば、クマが目立たなくなるといった仕組みです。

          しかしながら、目の下のクマに対する根本的な対策というよりは対処法に近い施術だと言えるでしょう。

          注入したヒアルロン酸や脂肪が吸収されると、目の下のクマが再度気になりだす場合も少なくありません。

          定期的なメンテナンスが必要になるため、長期的な継続を望む方には向かない可能性があるでしょう。

          なお、ヒアルロン酸・脂肪注入にかかる費用目安は一概にいえません。なぜなら、注入する量に個人差があるからです。クリニックによっても、設定している価格が大きく変わってきます。

           

          目の下にクマができる原因 

          10代や20代といった若い頃には気にならない人が多い目の下のクマですが、発生する原因は主に次の3つが当てはまります。

          ・加齢による目の下のたるみ
          ・ストレスや寝不足
          ・摩擦や紫外線の影響

          では詳しい内容について順番に確認していきましょう。

          加齢による目の下のたるみ

          まず1つ目は、加齢による目の下のたるみです。

          眼球を守るように目の周りをおおっている眼窩脂肪は、年齢を重ねるにつれて前の方に押し出されます。

          理由は、眼球の重みによって潰されてしまうからです。

          眼輪筋や皮膚の厚みで潰されないようにカバーできていた状態が、加齢によって皮膚が薄くなったり筋肉が衰えたりして制御するのが難しい状態になるからだといえるでしょう。

          若いころはなかった目の下のクマが気になるようになるのは、まさしく加齢が大きく影響しているのです。

          ストレスや睡眠不足

          2つ目は、ストレスや睡眠不足が挙げられます。

          目の下のクマにはいくつかの種類がありますが、青く透けてみえていたり黒ずんでみえていたりする場合は、静脈や眼輪筋が肌の表面から透けて見えている可能性が高いでしょう。

          ストレスや睡眠不足が続いて血流の流れが悪くなると、肌の再生能力が衰えます。

          蓄積されたメラニン色素の排出が難しくなり、デリケートで皮膚の薄い目元は目立ちやすくなるのです。

          メイクをしているのに顔色が悪いと感じる方は、ストレスや睡眠不足などが原因で目の下のクマを悪化させている可能性があります。

          摩擦や紫外線の影響

          3つ目は、摩擦や紫外線の影響です。

          目の下の皮膚は0.5〜0.6ミリといわれています。

          身体の中で最も皮膚が厚いとされる背中は3ミリ程度になるため、目の周りの皮膚がいかにデリケートであるか理解していただけるのではないでしょうか。

          このようにデリケートな目の下の皮膚は、摩擦や紫外線の影響によってメラニンが生成されると茶色の変色が目立つようになります。

          肌再生によってメラニンが排出されれば改善されますが、度重なる摩擦や紫外線の影響によって色素沈着を引き起こすケースも少なくありません。

          外的刺激が原因でクマが発生しているケースは、皮膚を刺激しないように日々のお手入れを見直したり、皮膚を保護する習慣をつけたりする必要があるでしょう。

          出典:目の下のクマができる原因 – クマは疲労や寝不足が原因? | 銀座みゆき通り美容外科の美容コラム |美容整形|東京・中央区・銀座|大阪・梅田

           

          目の下のクマの種類 

          目の下のクマと一言で表しても、種類は大きく分けて3タイプにわかれます。ここでは、目の下のクマの種類と特徴についてみていきましょう。

          黒クマ

          黒クマは、目の下に影ができている状態です。手鏡を持ち、顔を上にあげた状態で確認すると黒っぽい影が薄く見えるケースも少なくありません。

          そんな黒クマが発生する原因の1つが、眼窩脂肪の突出によるものです。

          眼窩脂肪が前に押し出された状態になると、頬の皮膚との境界線が発生してしまい黒っぽい影を作り出します。

          なお、人によっては眼窩脂肪の突出だけでなく頬部分の脂肪が減少して境界線ができてしまうケースも。正しい診断を受けるためには、専門医に診察してもらう必要があります。

          青クマ

          青クマは、目の下の皮膚が青っぽく見えている状態を指します。顔色が悪くうつるため、メイクで隠そうとする人も少なくありません。

          下まぶたを引っ張ってみて青みが薄くなるようであれば、当てはまる可能性が高いでしょう。

          ちなみに、青クマの主な原因は血行不良です。

          血の巡りが悪化して新陳代謝が衰えると、静脈が透けて見えるようになります。毛細血管の中で、ヘモグロビンが急増している可能性が疑われるでしょう。

          年齢を重ねることで皮膚が薄くなっているのも、青クマが目立つ要因の1つに挙げられます。

          茶クマ

          茶クマは、目の下の皮膚が茶色く色素沈着を引き起こしている状態です。

          下まぶたを引っ張ってみても目の下の皮膚の色が変化しないようであれば、茶クマを疑ってみた方が良いかもしれません。

          茶クマが発生する主な原因は、摩擦です。

          アイメイクを落とす際にゴシゴシこすっていたり、メイクをする際に力を入れすぎたりしていると、メラニンの生成を活発化させて色素沈着を引き起こす可能性が高まります。

          また、紫外線による影響も否定できません。

          日焼け止めなどでケアしていない場合は、茶クマを引き起こしやすくなります。

          出典:目の下のクマの種類はどの色?【画像を使った簡単な見分け方】

           

          目の下のクマ取り治療におすすめのクリニック4選 

          東京美容外科

          東京美容外科のおすすめポイント

          • 基準をクリアした医師のみが施術を担当!
          • −15万円以上!クマ取りのモニター制度でお得に施術
          • 保証期間は一生涯!術後安心保証
          • 最大10万円!交通費・宿泊費補助あり!

          東京美容外科のクマ取りは、まぶたの裏から脂肪を取り出すので、傷口が見えず当日からメイクもできるのが特徴です。

          施術担当の医師は、美容外科医師として10年以上の実績もしくは、形成外科学会から認定を受けた医師という厳しい基準をクリアした医師のみとなっています。

          経験豊富で高技術の医師が担当するうえに、術後は安心の一生涯保証となっているため、初めての方にもおすすめのクリニックです。

          現在、東京美容外科では、クマ取りのモニターを募集しています。モニター価格では、通常275,000円(税込)の施術がなんと10万円で施術することができます。

          また、交通費・宿泊費補助制度もあり、条件にもよりますが最大10万円の補助金がでます。遠方で通いづらいという方でも損することなく来院できますね。

          麻酔時も点眼麻酔の後に極細の針で局所麻酔を行います。痛みやダウンタイムへの配慮も徹底的にされているので、痛みが不安という方にもおすすめなクリニックです。
          料金(税込)100,000円※(税込)
          施術方法経結膜アプローチ法 など
          施術時間約30分〜60分
          カウンセリング料無料
          クリニック数

          21院

          (新宿/銀座/横浜/大阪/福岡など)

          出典:東京美容外科
          ※モニター価格(通常275,000円(税込))

          TCB東京中央美容外科

          TCB東京中央美容外科のおすすめポイント

          • クマ取り治療の50,000件以上※1の実績
          • 月額7,100円(税込)※2からクマ取り治療が受けられる
          • 施術時間が10分程度とスピーディー

          開院から8年で、クマ取り治療の50,000件以上※1の豊富な実績を誇るのがTCB東京中央美容外科です。

          そんなTCB東京中央美容外科で注目したいポイントが、目の下のクマ取り治療がリーズナブルな価格で実現するところ。

          一般的なクリニックのクマ取り治療(脱脂法)の費用相場は10〜30万円程度ですが、TCB東京中央美容外科なら83,600円から実現できます。

          月額7,100円からの分割払いも利用できるのは、費用面でお悩みの方にとって大きなメリットになるでしょう。

          なお「切らない目の下のクマ・たるみ取り」にかかる施術時間は約10分程度です。

          短時間でスピーディーに施術が完了します。
          料金(税込)83,600円
          施術方法経結膜脱脂法
          施術時間約10分
          カウンセリング料無料
          クリニック数

          98院

          (新宿3丁目・横浜駅前・札幌駅前・仙台駅前など)

          出典:東京中央美容外科

          ※1 目の下のクマ取り 2015年1月〜2023年1月の累計症例数:51,021件
          ※2 月額12回払い、初回8,191円

          品川スキンクリニック

          品川スキンクリニック

          品川スキンクリニックのおすすめポイント

          • 目の下のクマの治療法が豊富
          • 目の下のクマを無料で診断してもらえる
          • 施術や友達紹介でポイントが貯まる

          美容皮膚科メニューが豊富な品川スキンクリニック。

          目の下のクマの治療法は「脱脂法」「ヒアルロン酸注入」「レーザー治療」と多岐にわたります。

          さまざまな治療メニューを取り揃えているため、自分に合った治療法を選べるのが特徴的です。

          そんな品川スキンクリニックの注目したいポイントは、目の下の気になるクマを初回の無料カウンセリングで診断してもらえるところ。

          自己判断が難しい目の下のクマの種類を、専門医に特定してもらえます。

          「まずはクマの種類が知りたい」このような方にとっても、足を運びやすいクリニックだと言えるでしょう。

          なお、品川スキンクリニックは施術や友達紹介でポイントが貯まるシステムを導入しています。

          貯めたポイントは10ポイント= 10円で利用可能です。
          料金(税込)108,900円
          施術方法経結膜脱脂法
          施術時間約20分
          カウンセリング料無料
          クリニック数

          28院

          (札幌・名古屋・岡山・横浜など)

          出典:品川スキンクリニック

          湘南美容クリニック

          湘南美容クリニックのおすすめポイント

          • 「目の下のクマ取りと脂肪注入同日手術」を行うと20%OFF
          • 月額8,900円(税込)※1で目の下のクマ取りが可能
            ※10,000円OFFチケットのご利用は12/15まで
          • 目の下の窪み治療が同時に可能

          月額8,900円※1といったリーズナブルな価格で、目の下のクマ取り治療を実現しているのが湘南美容クリニックです。

          分割12回払いで施術が受けられるため、経済的な負担を考慮しながら悩みを解消できるのは嬉しいポイントの1つでしょう。

          さらに、湘南美容クリニックのクマ取りで注目したいのが、目の下の窪み治療が同時に可能なところです。目頭から目尻までの3つの眼窩脂肪を除去する施術と、窪み部分に脂肪注入する施術の両方が受けられます。

          また現在、「目の下のクマ取りと脂肪注入同日手術」を行うと20%OFFになるキャンペーンを実施中です。

          そのため、クマとして取った脂肪をほうれい線や、額など気になる部分に入れ、ハリのあるお肌が手に入れられます。

          希望するコースによって料金が変わってくるため、検討されている方は初回の無料カウンセリングで確認してみるのがおすすめです。
          料金(税込)通常価格:103,000円(税込)
          ※10,000円OFFチケットのご利用は12/15まで
          月額 :8,900円
          (12回払い、初回9,323円)
          【12月31日まで】
          眼窩脂肪まとめて除去パーフェクトコース(3ヶ所)
          キャンペーン価格:90,400円(税込)
          キャンペーン+モニター価格:63,280円(税込)
          施術方法経結膜脱脂法(眼窩脂肪をまとめて除去パーフェクトコース)
          施術時間約30分
          カウンセリング料無料
          クリニック数

          日本・海外に147院
          (※2023年9月15日時点)/142拠点展開

          (新宿・福岡・岡山・仙台など)

          出典:SBC湘南美容クリニック

          ※1 2023/12/15まで、12回払い(初回9,323円

           

          目の下のクマ取り治療のメリット 

          目の下のクマ取り治療は、自分がどのタイプのクマに当てはまるかで治療方法が異なります。

          ここでは、脱脂やハムラ法などのクマ取り治療で得られるメリットについて見ていきましょう。

          日帰りで治療が可能

          目の下のクマ取り治療1つ目のメリットは、日帰りでの治療も可能なところです。

          脱脂やハムラ法などの施術であっても、入院する必要はありません。施術内容によって所要時間は異なりますが、治療を受けた当日に帰宅できることが多いです。

          長期で休みを取るのが難しい方や家族がいて家を空けるのが難しい方でも、比較的気軽に施術が受けられるでしょう。

          なお、治療を受ける際に使用する麻酔の種類によっては、施術前の飲食が制限される場合もあります。手術が終わった後は、アルコールを除く飲食が可能なことが多いです。

          目元の印象が若返る

          目の下のクマ取り治療2つ目のメリットは、目元の印象の若返りが望めるところです。

          目の下に影や膨らみがある状態は、見た目年齢が老けて見られがちです。人によっては実年齢より年上に見られてしまう可能性も否定できません。

          影や膨らみの原因になっている眼窩脂肪を、脱脂やハムラ法によって解消すれば周囲の人に若々しい印象を与えるでしょう。

          見た目年齢を少しでも若々しく保ちたい方や若い頃の印象を取り戻したい方に、目の下のクマ取り治療はメリットの大きい施術といえるでしょう。

          目の下のたるみや小じわも治療できる

          目の下のクマ取り治療3つ目のメリットは、目の下のたるみや小じわも改善し、ハリやツヤを取り戻せることです。

          例えば、前に突出した眼窩脂肪をハムラ法によって治療した場合、目の下の余分な皮膚を切除することが可能です。

          膨らみの原因になる脂肪を移動させてフラットにするだけでなく、気になる目の下のたるみや小じわを改善できれば目に見える大きな変化が期待できるでしょう。

          目の下に発生した老化現象でメイクのノリが悪いと感じている方も、ハムラ法によってある程度の改善が望めるでしょう。

          半永久的な持続効果が期待できる

          目の下のクマ取り治療4つ目のメリットは、半永久的な持続効果が期待できる点です。

          例えば脱脂は、眼窩脂肪の一部を取り除きます。

          その場しのぎの対処法ではなく根本的な治療法になるため、年数が経つにつれて眼窩脂肪が元に戻るといった心配がありません。

          また、ハムラ法にも同じメリットがあります。凹みのある部分に脂肪を移動させて、フラットな状態を作る施術です。

          移動させた眼窩脂肪はしっかりと固定するため、半永久的な効果が期待できるしょう。

          ただし、ヒアルロン酸や脂肪注入で目の下のクマ取り治療をした場合は、定期的なメンテナンスが必要です。時間の経過とともに体内に吸収されてしまう特徴があります。


          目の下のクマ取り治療のデメリット 

          日帰りでの治療が可能で、若返り効果も期待できる目の下のクマ取り治療ですが、メリットばかりというわけではありません。

          主に次の2つのデメリットがあることも踏まえた上で、施術を検討する必要があります。

          ダウンタイムがある

          目の下のクマ取り治療は、どの方法で治療を受けても次のようなダウンタイムがあります。

          ・脱脂 → 1週間程度の内出血や腫れ
          ・ハムラ法 → 2週間以上の内出血や腫れや結膜浮腫など
          ・ヒアルロン酸注入 → 1週間程度の内出血や腫れ
          ・脂肪注入 → 2週間程度の内出血や腫れ

          特にハムラ法は、ダウンタイムが長引く可能性も少なくありません。人によっては下瞼が内反してしまったり眼輪筋が一時的に麻痺したりする場合もあります。

          回復するまでの時間には個人差がありますが、アイメイクやコンタクトレンズの使用に一時的な制限が出る場合もあると覚えておきましょう。

          出典:クマ取りたい!けどダウンタイムが。。。クマ取り手術のダウンタイムを解説 | アマソラクリニック

          医師の技量が仕上がりに影響する

          目の下のクマ取り治療のデメリットで気をつけたいのが、医師の技量が仕上がりに影響する点です。

          経験の少ない技術不足の医師が脱脂やハムラ法で治療した場合は、目の下のクマの原因である眼窩脂肪を取り残す場合があります。

          このようなケースでは、気になるクマが再発するおそれも否定できません。

          また、脂肪を取り除く量は医師が慎重に見極めなければいけません。反対にとりすぎてしまうと、見た目が不自然になる可能性も出てくるでしょう。

          医師の技量が仕上がりに影響する施術だからこそ、クリニック選びが重要になります。

          出典:目の下のたるみ取りの効果とデメリットを現役美容皮膚科院長が徹底解説 | WITH BEAUTY CLINIC|代官山・恵比寿の美容皮膚科クリニック


          目の下のクマ取り治療で後悔しないためには? 

          目の下のクマ取り治療で後悔・失敗しないための重要なポイントは、クリニック選びを間違えないことです。

          施術を担当する医師の症例を確認したり、複数のクリニックでカウンセリングを受けたりしながら、安心して任せられるクリニックやドクターを選ぶ必要があります。

          経験豊富な技術力の高い医師であれば、脂肪の取り残しや取りすぎといった事態が避けられるでしょう。

          また、ヒアルロン酸や脂肪を注入する場合は注入技術にも注意が必要です。注入技術によっては目の下がフラットにならず、デコボコとしてしまう場合が考えられます。

          症例数や経験者の口コミ評判にも目を通し、どの程度の注入技術があるのかを確認しておくのが良いでしょう。

          出典:目の下のたるみ・クマ取りで後悔しないために~よくある失敗とその回避法~

          目の下のクマ取りに関するよくある質問

          目の下のクマ取りはどのような治療方法がありますか?

          治療には1.脱脂術、2.ハムラ法、3.ヒアルロン酸・脂肪注入の3つがあります。比較的短時間で施術できる脱脂法は、クマの原因となる脂肪を目の裏側から摘出する手術です。

          目の下のクマを取ると、ダウンタイムはありますか?

          クマ取りをすると必ずダウンタイムがあります。施術によって期間は異なりますが脱脂法の場合、1週間程度でおさまります。

          目の下のクマはマッサージでとれますか?

          予防程度にはなりますが、完全には切除できないでしょう。クマを完全に取りたいという方は、美容クリニックで施術してもらうのがおすすめです。

          目の下のクマ取り費用はいくらかかりますか?

          10万〜50万円ほどと言えるでしょう。クマ取りは施術方法によって料金が異なり、最低でも10万円はかかるとされています。

          まとめ 

          今回は、目の下のクマ取り治療にかかる費用やクマの種類・原因などを中心に紹介しました。

          目の下のクマ取り治療には、見た目が若々しく見える効果や顔色が明るく見えるといった嬉しいメリットが望めます。

          しかしながらクリニック選びを間違えてしまうと、大きなリスクを背負う羽目になる可能性も。目の下のクマ取り治療にかかる費用だけにとらわれず、納得して任せられるクリニックを選ぶことが大切です。

          初回は無料でカウンセリングできるクリニックも増えているため、まずはドクターにクマの種類を診断してもらうところから始めてみましょう。

          本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業様等の意見を代表するものではありません。
          本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。
          本記事で紹介しております商品・サービス等の詳細につきましては、当該商品・サービス等を提供している企業様等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
          本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービス等の内容が変更されている場合がございます。
          本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業様等の意見を代表するものではありません。
          本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービス等の仕様等についていかなる保証をするものでもありません。
          本記事は、いかなる医学的助言を提供するものでもありません。ご自身の症状等についてご不安な点がある方は、必ず医師の診察を受けていただきますようお願いいたします。
          本記事に記載されている治療費その他の金額は一例です。プラン等によっては金額が異なる場合がございます。