ひざ下の脱毛

部位ごとの照射範囲(ひざ下)

ひざ下は、一般的にひざ小僧から足首の上までを指します。露出をする機会が多く、毛が目立ちやすい部位です。
頻繁な自己処理によって肌が傷ついてしまい、埋没毛や毛のう炎など、肌トラブルのもとになることもしばしば。
医療脱毛を行うことで、長期的に毛が生えにくくなります。自己処理による肌への負担も軽減でき、美しい脚を目指せます。

ひざ下を含むプランのご紹介

無料カウンセリング予約をする
  • 未成年の方は、親権者同意書が必要です。
  • 説明だけ聞いてご帰宅頂く、または別の日にご契約頂くことも可能です。
  • 提携院によって、施術可能な年齢が異なる場合がございます。詳しくはカウンセリング予約の際におたずねください。

ひざ下の脱毛概要

ひざ下の脱毛範囲
部位ごとの照射範囲(ひざ下)

ひざから足首まで

ひざ下脱毛の痛み

ひざ下は皮膚が骨に近い部分が多く、痛みを感じやすい

ひざ下脱毛の
施術回数・期間の目安
8回程度(1年半程度)
※1.5〜2ヶ月に1回施術を受けた場合
ひざ下脱毛のリスクとケア
  • 施術後の赤み・ヒリヒリ

皮膚の赤みや点状のむくみは正常な脱毛の反応で、ほとんどが翌日までに治まります。
長く続くようであればお薬をお出ししますのでご相談ください。診察代・お薬代は一切かかりません。

詳細はこちら

ひざ下脱毛のポイント

ひざ下の毛は、蓄熱式のレーザーで毛を作る組織をジワジワと温めて破壊します。
施術後にお渡しする保湿液でしっかり保湿することが、赤みや肌荒れを防ぐポイントです。

ひざ下脱毛の施術前に知っておきたいこと

ひざ下の自己処理の仕方

自己処理の仕方(ひざ下)

施術日前日の夜〜当日の朝までに自己処理する必要があります。
自己処理の方法は、刃が直接肌に触れない電気シェーバーがおすすめです。
ひざ下の自己処理の手順は以下のとおりです。
①基本的に毛の流れに沿い、上から下へ剃る
②ひざの皿は骨の凹凸があるので、ひざを曲げて肌をピンと伸ばすようにして剃る
毛の流れに逆らって剃ると、肌を傷つけるおそれがあるので、毛の流れをよく確認しましょう。

ひざ下脱毛の施術時の服装や体勢

施術時の服装や体勢(ひざ下)

ひざ下の脱毛施術は、前面は仰向け、背面はうつ伏せで行います。
基本的にはガウンに着替えていただきますが、脚のみの脱毛であれば、ボトムスだけ脱いでいただく場合もあります。下着を脱ぐ必要はありません。
施術ではひざ下にジェルを塗布し、レーザーを照射していきます。
また、施術後の部位は軽い炎症を起こし、敏感な状態になります。そのため、施術箇所に刺激を与えるような、肌に密着するスキニーやタイツ、ストッキングなどは避け、脱ぎ着がしやすいゆったりしたボトムスを選びましょう。

ひざ下脱毛におけるQ&A

黒ずみがあっても施術を受けられますか?

黒ずみの程度によりますが、問題なく脱毛できるケースがほとんどです。
無料カウンセリング予約をする
  • 未成年の方は、親権者同意書が必要です。
  • 説明だけ聞いてご帰宅頂く、または別の日にご契約頂くことも可能です。
  • 提携院によって、施術可能な年齢が異なる場合がございます。詳しくはカウンセリング予約の際におたずねください。

脱毛の効果に関するよくある質問

医療脱毛で埋没毛を解消することはできますか?

医療脱毛を行い、自己処理を減らすことで、埋没毛が改善される可能性はあります。

医療レーザー脱毛施術後、すぐに毛がなくなるのですか?

グロウクリニックでの医療レーザー脱毛は、施術後2~3週間ほどかけて徐々に毛が抜け落ちていきます。

医療脱毛でつるつるになるまで施術回数・期間はどれくらいかかりますか?

うぶ毛がなくなるまでの回数には個人差はあり、8回程度で満足される方が多いです。
よくある質問ページへ