【医師監修】ヤグレーザーの医療脱毛を解説!VIO・ヒゲ脱毛に効果あり!?

2021.08.06

2022.02.21

ヤグレーザーアイキャッチ

医療脱毛がしたくて『ヤグレーザー』という用語をネットで見つけたけど、剛毛の脱毛に効くってホント?
ヤグレーザーの脱毛は痛いって聞いたけど、実際のところどうなの?

「医療脱毛を受けてみたい」とさまざまなサイトを見ていると、「ヤグレーザー」という言葉を目にする機会があるでしょう。

ヤグレーザーとは、医療脱毛クリニックで使用される医療レーザーのひとつです。

ヤグレーザーについて調べていくと、脱毛効果を早く実感できる一方で、脱毛施術の際に強い痛みを感じるという評判を目にしたという人もいるのではないでしょうか。

では実際のところ、ヤグレーザーとはどんなレーザーなのでしょうか?他のレーザーとどんな違いがあるのでしょうか?

ここでは、ヤグレーザーの特徴や仕組み、メリット(効果)・デメリット(副作用)などについてわかりやすく解説します。

※本記事は2022年5月時点の情報をもとにまとめています。
※記事内の金額は税込の表示となります。

この記事の監修者

グロウクリニック 渋谷院 院長

楠山 法子

Noriko Kusuyama

専門科目 : 美容皮膚科・ 皮膚科
愛媛大学医学部医学科卒業。東京大学 医学部附属病院勤務を経て、医療脱毛・アートメイク専門のグロウクリニックにて院長を務める。医療と美容の両分野での知識と経験が豊富。
監修者のプロフィール詳細

医療脱毛に用いられるヤグレーザーとは?特徴・仕組みは?他のレーザーと違いを比較

医療脱毛で使用されるヤグレーザーとは、どんなレーザーなのでしょうか?

医療脱毛で利用されている他のレーザーとの違いを比較しつつ、ヤグレーザーの特徴・仕組みについて解説していきましょう。

ヤグレーザーとは、皮膚の深部までエネルギーを伝えられる脱毛レーザー

ヤグレーザーは、高出力のレーザーを照射し、波長が長く、皮膚の深い毛根の発毛組織まで熱(エネルギー)を届けることができるのが特徴です。

そのためヤグレーザーの場合、太く濃い毛にも反応がよく、色素沈着・黒ずみがある部分にも照射できるとされています。

ヤグレーザーは波長が長いので、太く濃い毛に効果的

医療脱毛で使われるレーザーには主に「ヤグ(YAG)レーザー」「ダイオードレーザー」「アレキサンドライトレーザー」の3種類があります。

それぞれのレーザーの違いを以下にまとめてみました。

▼3つのレーザーの種類の違い
レーザーの種類 ヤグ(YAG)レーザー ダイオードレーザー アレキサンドライトレーザー
主な脱毛機 ジェントルヤグプロ メディオスター NeXT PRO
※薬事承認済み
ジェントルレーズプロ
※薬事承認済み
波長 1064nm(深い) 810nm(普通) 755nm(普通)
照射方法 ショット式 蓄熱式/ショット式 ショット式
効果の特徴 ・メラニンへの反応は弱いが、肌の奥深くにまでレーザーが届く
太く濃い毛や、うぶ毛、細い毛でも効果が出やすい
痛みは強め
・幅広い肌質・毛質に対応
・うぶ毛・細い毛でも効果が出やすい
・痛みは少ない
・メラニンに反応しやすく、効率的に毛根の発毛組織を破壊する
・うぶ毛・細い毛には効果が出にくい
・痛みは強め

ヤグ(YAG)レーザー

ヤグレーザーの特徴は、1064nmという波長の長さです。深い皮下組織までレーザーが行き届きます。そのため、うぶ毛から太く濃い毛まで幅広く脱毛効果が期待できます

またヤグレーザーは、メラニンへの吸収率が低いのも特徴のひとつ。これにより日焼けした肌にも照射が可能とされています。


ダイオードレーザー

ダイオードレーザーとは、半導体を利用した近赤外線レーザーのことです。

ダイオードレーザーの波長は810nm。幅広い毛質・肌質に対応できるバランスのいいレーザーといわれています。短時間で強力なパワーでレーザーを照射が可能なところが特徴といえるでしょう。


アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザーは、755nmと波長は短いものの、表皮の色素細胞や毛包のメラニン色素細胞のみを一気に破壊してくれます。

また、開いた毛穴の引き締め効果が期待できるのもアレキサンドライトレーザーの特徴といえます。

▼各レーザーの深達性
レーザーの深達性

上記の図を見てもわかるように、ヤグレーザーの場合、他のレーザーに比べて肌の深い部分までレーザーが届き、毛根周辺の組織をしっかりと破壊できるとされています。

そのため、VIOヒゲなど太く濃い毛の脱毛には、ヤグレーザーがよいとされているのです。

ヤグレーザーはショット式脱毛を行う

医療レーザー脱毛には、「ショット式(熱破壊式)脱毛」と「蓄熱式脱毛」の2種類があります。

ヤグレーザーは、ショット式脱毛に該当します。

▼ショット式(熱破壊式)脱毛と蓄熱式脱毛の違い
照射方法 ショット式(熱破壊式 蓄熱式
照射の仕方 強い光を単発で照射する 弱い光を素早く連続して照射する
痛み 強い 弱め、もしくはない
肌へのダメージ 大きい 小さい
合併症の可能性 あり 低い
脱毛効果の即効性 高い 低い

ショット式脱毛

ショット式脱毛とは、強いレーザーを出力・照射して一瞬で毛の細胞を破壊する脱毛方法のことです。

ヤグレーザーのほか、アレキサンドライトレーザーもショット式脱毛に分類されます。


蓄熱式脱毛

蓄熱式脱毛とは、弱めのレーザーをじっくり照射して発毛の司令を出す組織「バルジ領域」という部分や、バルジ領域を含めた毛包周りの組織にレーザーを照射する方法です。

ダイオードレーザーは蓄熱式での照射も可能です。


ヤグレーザーのメリット・脱毛効果は?

女性_正面

ヤグレーザーを使った脱毛には、どのようなメリットがあるのでしょうか?

脱毛効果や施術時間、どのような毛質に向いているのかなどを解説しつつ、ヤグレーザーのメリットを説明していきましょう。

脱毛効果を早く感じることができる

医療脱毛でレーザーを照射した場合、生え変わりの周期で毛が抜け落ちて、次の毛が生えにくくなり「脱毛できる」という仕組みになっています。

ヤグレーザーの場合、1064nmという長い波長のレーザーが肌の深い部分まで届き、毛根周辺の組織を破壊します。

そのため、脱毛施術後1~2週間程度と比較的早く毛が抜け始める人も多いといいます。

脱毛効果を感じるまでのスピードは、他のレーザーと比較して早いといえるでしょう。


剛毛をはじめうぶ毛・薄い毛にも対応可能

ヤグレーザーは太い毛や濃い毛にだけ有効と思われるかもしれませんが、他のレーザーよりも波長が長いため、黒い色素(メラニン)に反応しにくく、毛の濃さや太さに関係なく脱毛効果が期待できます。

そのためヒゲやVIOなどの剛毛はもちろん、うなじ背中といったうぶ毛・薄い毛でも脱毛効果が期待できるのです。


冷却ジェルを塗らないので施術時間も短い

脱毛施術時に冷却ジェルを塗るケースがあるのですが、「冷却ジェルだと体が冷えて苦手…」という人もいるかもしれません。

ヤグレーザーを照射する脱毛機は、冷却ガスを噴射しながらレーザーを照射します。そのため、他のレーザー脱毛機と違い、施術時に冷却ジェルを塗る必要がないのです。

ジェルの不快感を覚えることがないのはもちろん、ジェルを塗ったり拭き取ったりする時間もかからないので、短時間で脱毛を行えるのもヤグレーザーのメリットのひとつです。


色素沈着や黒ずみがある部位でも脱毛が可能

ヤグレーザーの場合、色素沈着や黒ずみがある部位でも肌の色に影響されづらいので、やけどのリスクを軽減して脱毛施術を受けることができます

ただし、色素沈着が強い場合や極度の日焼けが見られる場合、医師の判断によりヤグレーザーの照射を行えない場合もあります。


ヤグレーザーのデメリット・脱毛による副作用は?

女性_手_顔

では、ヤグレーザーを実際に照射する場合、どんなデメリットがあるのでしょうか?

痛みや肌へのダメージなどのリスクについても解説していきます。

! 痛みを感じやすい

ヤグレーザー、ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザーの3種類のレーザーの中で、ヤグレーザーは最も痛みを感じやすいレーザーといわれています。

それは、1064mmという波長の長さのレーザーが、深い皮下組織に届いて破壊する際に起こる痛みです。

例えばVIOやヒゲ、顔など施術部位によっては、麻酔なしでヤグレーザーを照射される場合、強い痛みを超えて、激痛を伴うケースもあるといいます。

「痛みは避けたいけど、ヤグレーザーを利用してみたい」と考えているなら、麻酔の使用が可能な医療脱毛クリニックを利用することを検討しましょう。


! 肌へのダメージが強いので、赤みが出ることもある

ヤグレーザーは強い熱(エネルギー)を皮膚の深部まで照射するので、肌へのダメージが強くなることがあります。

そのため人によっては、肌に赤みが出てしまうこともあります

しかし、肌に赤みが出てしまったりして肌トラブルがあった場合でも、医療脱毛クリニックであれば、すぐに医師の診察を受けられます。


! 硬毛化・多毛化が起こるケースも

ヤグレーザーだけでなく他のレーザーでもいえることですが、レーザーを照射することで、照射部位や照射周囲部に硬毛化・多毛化が起きる可能性があります

硬毛化とは

レーザー照射により、本来は脱毛されるはずが逆に毛が濃く、硬くなる症状です。

多毛化とは

脱毛の刺激によって、休眠状態だった毛穴が活性化し、今までは生えていなかった毛が生えてくる症状です。


! 施術後の日焼けや摩擦で色素沈着が起こることも

脱毛施術後に強い日焼けをしたり、摩擦などがあった場合、シミのように色素沈着が起こる場合があります。このリスクは、ヤグレーザー以外の他のレーザーでも同じです。

脱毛期間中は、UVケアをしっかりと行い、化粧水やお風呂などでアフターケアをして、色素沈着のリスクを防ぎましょう。


ヤグレーザー照射後、脱毛はどんな経過をたどる?

女性_腕_脱毛後

実際にヤグレーザーによる脱毛施術を受けると、どんな経過で毛が抜けていくのでしょうか?

毛が抜けていく仕組みや、脱毛効果が実感できるタイミングなどを解説していきましょう。

ヤグレーザーを照射直後の毛の状態は?

ヤグレーザーは、毛根にあるメラニン色素に反応するレーザーの熱(エネルギー)で毛根周辺を破壊します。

レーザーを照射した直後は、毛を作る場所である毛乳頭や毛母細胞の組織にレーザーによりダメージが与えられ、毛が作れない状態になっています。

すぐに毛が抜ける訳じゃない!1週間程度かけて毛が抜けていく

レーザーのエネルギーによって、毛乳頭が破壊され、発毛機能は低下します。

しかし、すぐに毛が抜けるわけではありません。

個人差はありますが、ヤグレーザー照射後、1週間程度経過すると毛が抜けるケースが多いといわれています。

この毛が抜ける期間を「ポロ期」と呼ぶ人もいるようです。

毛周期に合わせた施術で脱毛効果を高める

人の体に生えている毛は、下記のような毛の生え変わりのサイクルを持っています。

成長期→退行期→休止期→成長期→…
▼毛周期のイメージ
毛周期に関するgif

脱毛経験のある人ならば「毛周期に合わせて施術を受けてください」と言われたことがある人もいるのではないでしょうか。

しかし、あまり詳しい説明はないし、いつ予約をすればよいかもわからないため、ただ予約が取れる日程で脱毛施術を受けていたという人もいると思います。

実は脱毛施術を受けるのに最適なのは「成長期」。なぜなら、毛の生え変わりサイクルの中で最もメラニン色素が多くなるからです。

なぜ脱毛は1回では終わらない?

毛周期に合わせて施術を行ったとしても1回ですべての毛が脱毛できる人はいません。

なぜなら、毛はそれぞれ毛周期が異なっているからです。

例えば、全身脱毛をした場合、成長期の毛は全体から見て多くはありません。ほとんどの毛はレーザーが反応しにくい休止期か退行期の毛といわれています。

これが、脱毛が1回では終わらない理由なのです。

ヤグレーザーで脱毛完了までかかる回数・期間は?

女性_横

比較的脱毛効果を実感しやすいといわれている「ヤグレーザー」ですが、脱毛完了までにかかる回数や期間は、具体的にどのくらいなのでしょうか?

気になるポイントを詳しく解説していきましょう。

脱毛完了までの回数は5~6回、期間は1年程度

医療脱毛クリニックでヤグレーザーによる全身脱毛を受けた場合、自己処理が必要なくなる程度の脱毛効果が感じられるようになるまで、回数は5~6回程度の施術が必要で、期間は1年程度かかるとされています。

クリニックに通う回数 5~6回程度
クリニックに通う期間 1年程度

施術が必要な回数・期間は部位によって異なる

比較的脱毛効果を実感しやすいヤグレーザーであっても、毛質や毛量、肌質によって施術が必要な回数・期間は変わります。

下記に部位ごとの脱毛完了までの必要な施術の回数・目安をまとめてみました。

▼脱毛完了までに必要な施術の回数・期間

部位 自己処理が不要になるまで うぶ毛もなくなるまで
8~10回程度(1年~1年半程度) 10回~(2年~)
ワキ 5~8回程度(1年~1年半程度) 8回~(1年半~)
5回程度(1年程度) 8回(1年半~)
背中 5~8回程度(1年~1年半程度) 8回~(1年半~)
お腹 5~8回程度(1年~1年半程度) 8回~(1年半~)
Vライン 5~8回程度(1年~1年半程度) 8回~(1年半~)
Iライン 8~10回程度(1年半~2年程度 10回~(2年~)
Oライン 8~10回程度(1年半~2年程度 10回~(2年~)
5回程度(1年程度) 8回~(1年半~)
全身(顔・VIOを除く) 5~8回程度 8回~
※上記は医療脱毛クリニックに2ヶ月に1回通った場合の施術の期間・回数


ヤグレーザー以外のレーザーによる脱毛も検討したほうがよい!?

先にも述べましたが、医療脱毛クリニックで使用されるレーザーには「ヤグレーザー」のほか、「ダイオードレーザー」や「アレキサンドライトレーザー」もあります

ヤグレーザー以外のレーザーによる脱毛の施術も検討したほうがよいのでしょうか?

それぞれのレーザーには違った特徴があり、自分の部位の毛質や肌質によって使用するレーザーは変わってきます

ヤグレーザー以外のレーザーに切り替え照射できるクリニックもある

医療脱毛クリニックを選ぶ上で「どんな脱毛機を使っているのか」は知っておきたいポイントのひとつです。

脱毛の施術を受ける際、基本的には医師の診断により使用する脱毛機・レーザーを決定します

クリニックによっては、必要に応じてヤグレーザー以外のダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザーに切り替えて照射できるところもあります。

例えば、以下のように部位によってレーザーを使い分けられるケースもあります。

  • VIOヒゲなどの毛が濃くて太い場合:ヤグレーザーを使用
  • 背中やお腹など薄くて細い毛の場合:アレキサンドライトレーザーを使用

VIOやヒゲなどの濃くて太い毛をヤグレーザーで脱毛施術をしたときに痛みが強い場合は、他のレーザーに切り替えて照射することが可能なこともあります。

ただし、クリニックによっては、ユーザーが希望する脱毛機を利用できないことがあります。

使用できる脱毛機を決めるのはクリニック側なのか、自分で決められるのかは、カウンセリングの際にクリニックの担当者に確認しましょう。

グロウクリニックではダイオードレーザーの脱毛機を使用

ラシャ_画像

なお、医療脱毛クリニック「グロウクリニック」では、「ラシャ」という脱毛機を使用しています(※)。

ラシャはダイオードレーザーを搭載した脱毛機で、熱照射式と蓄熱式の2つの照射方法をスピーディーに切り替えられます

そのため幅広い毛質・肌質に対応するので、部位を選ばずに効率的な脱毛施術を受けることができるのです。

\ここからは、以下を説明しています/

  • ヤグレーザー以外を希望する場合は
  • グロウクリニックのレーザー

グロウクリニック

グロウクリニックの特徴

全身脱毛5回で131,250円
・あらゆる肌質・毛質に高い効果があり、痛みも少ない
・全国18院。関東・関西・九州に店舗拡大中なので、予約が取りやすい
   

\ 無料カウンセリング予約はこちら! /

      グロウクリニック
公式ページへ

【VIO・ヒゲ・顔】部位別でわかるヤグレーザー脱毛の効果と注意点

ヤグレーザーが使われやすい脱毛の部位は「VIO」「ヒゲ」「」とされています。

VIO・ヒゲ・顔のそれぞれ部位ごとに脱毛における注意点を解説していきましょう。

ヤグレーザーによるVIO脱毛の効果と注意点

ヤグレーザーによるVIO脱毛において、気になる効果や痛みはどうなのか、施術に必要な回数・期間はいくらかかるのか、解説していきます。

Q ヤグレーザーによるVIO脱毛に効果ある?
A

ヤグレーザーは、1064nmという長い波長のレーザーが深い位置にある毛根にも照射されるので、脱毛効果が期待できるとされています。

そのため、男性・女性にかかわらず脱毛効果を感じにくいとされているVIO脱毛にも、脱毛効果が期待できます。

Q ヤグレーザーによるVIO脱毛は痛いか?
A

ヤグレーザーは、肌の深い位置にある毛根に熱(エネルギー)が届くため、他のレーザーに比べると痛みを感じやすいとされています。

特にVIOは敏感で痛みを感じやすい部位といわれています。一般的には、「ゴムでパチンと弾かれたような痛み」といわれますが、なかには激痛と感じる人もいるそうです。

痛みが不安な場合は、「テスト照射」で痛みを確認できたり、脱毛施術の際に麻酔などで痛み対策を行ってくれる医療脱毛クリニックがあります。カウンセリングの際に相談してみましょう。

Q ヤグレーザーによるVIO脱毛後の経過・回数・期間は?
A

デリケートゾーンは他の部位より敏感で痛みを感じやすいため、医師や看護師の判断で照射エネルギーを下げて施術することもあり、時間がかかります。

VIO脱毛にかかる回数・期間をまとめてみました。

▼VIO脱毛にかかる回数・期間
毛量の変化
に気づくまで
毛を残すデザイン
の脱毛完了
ハイジニーナ
の脱毛完了
医療脱毛クリニック 3回程度
(約半年)
5回程度
(約1年)
8〜10回
(1年半〜2年)
VIO脱毛を効果的に行いたいなら、毛周期に合わせて1〜3ヶ月に一度のペースで施術を受けるのがよいでしょう。成長期の毛が生えるタイミングを逃がさず、より多くの毛を効率的に処理できますよ。

ヤグレーザーによるヒゲ脱毛の効果と注意点

ヤグレーザーによるヒゲ脱毛を検討している方が気になる効果や痛み、脱毛完了までの施術に必要な回数・期間などを解説していきましょう。

Q ヤグレーザーによるヒゲ脱毛は効果がある?
A

ヤグレーザーは、1064mmという長い波長のレーザーのため、深い位置にある毛根にも届くと考えられています。

そのため、男性のヒゲ脱毛にも効果が期待できるとされています。

Q ヤグレーザーによるヒゲ脱毛は痛い?
A

ヤグレーザーは、肌の深い位置にある毛根に熱(エネルギー)が届くため、他のレーザーに比べると痛みを感じやすいといわれています。

ヒゲは特に痛みを感じやすい部位といわれています。一般的には、「ゴムでパチンと弾かれたような痛み」といわれますが、なかには激痛と感じる人もいるそうです。

VIO脱毛と同様ですが、痛みが不安な場合は「テスト照射」で痛みを確認できたり、脱毛施術の際に麻酔などで痛み対策をしっかり行ってくれる医療脱毛クリニックがあります。カウンセリングの際に相談してみましょう。

Q 「どろぼうヒゲ」を解決するための方法は?
A

これはヤグレーザーだけではなく他のレーザーを使用する場合でも同じことがいえますが、ヒゲ脱毛の施術を受けた後、経過してもキレイにならず、左右のヒゲがまばらになったりして「どろぼうヒゲ」のようになるケースもあります

しかし脱毛施術の回数を重ねていくと毛質が変わり、目立たなくなっていくので、「どろぼうヒゲ」の状態から解消されていきます。

Q ヤグレーザーによるヒゲ脱毛後の経過・回数・期間は?
A

ヤグレーザーでヒゲ脱毛をした場合でも、1回の脱毛施術では効果は実感できません。

個人差はありますが、ヒゲが薄くなるまでに5~6回程度、ツルツルになるまでには10回程度の脱毛施術が必要といわれています。

脱毛施術の期間は薄くなるまで1年ほど、ツルツルの状態になるには1年半~2年ほどかかります。

ヤグレーザーによる顔脱毛の効果と注意点

ヤグレーザーによる顔脱毛の場合、その脱毛効果や痛みはどうなのでしょうか?
施術に必要な回数・期間はどれくらいかかるのでしょうか?
詳しく解説していきます。

Q ヤグレーザーによる顔脱毛に効果ある?
A

ヤグレーザーは、1064mmという長い波長のレーザーが深い位置にある毛根にも照射されるので、脱毛効果が期待できるレーザーといえます。

そのため、顔脱毛にも脱毛効果が期待できるとされています。

Q ヤグレーザーによる顔脱毛は痛いか?
A

顔は皮膚が薄くさらに敏感なので、ほかの部位と比べて脱毛による痛みを感じやすい部位です。

特に強い痛みが出やすいのは、鼻下などです。

耐えられない痛みが出るようであれば、医療脱毛クリニックなら麻酔を使用して施術できます。

Q ヤグレーザーによる顔脱毛後の経過・回数・期間は?
A

顔の脱毛は、ほかの部位と比べて脱毛が難しい場所です。その理由は2つあります。

  • 毛の生える角度が垂直に近いので、脱毛機のレーザーが当たりにくい
  • うぶ毛のため脱毛機のレーザーが反応しにくい
顔の毛は皮膚に対して毛が生えている角度が大きく、特に鼻下についてはほぼ垂直となっています。この角度が大きいと毛根は深くなりますし、脱毛機のレーザーが当たる範囲も小さくなります。

さらに、うぶ毛は細くて色素が薄いため、もともと脱毛機に反応しにくい毛質です。

このようなことから顔脱毛は難しいため、施術が完了するまでに他の部位と比べて施術を繰り返す必要があるのです。

医療脱毛の場合、通常、顔以外の部位は5~8回程度の施術で完了しますが、顔脱毛の場合は施術の回数が8~10回になることが一般的です。

脱毛が完了するまでの期間は1年~1年半程度になります。

\ 無料カウンセリング予約はこちら! /

グロウクリニック
公式ページへ

ヤグレーザーによる脱毛が向いている人はこんな人!

女性_斜め

これまでヤグレーザーの特徴や仕組み、メリット、デメリットなどを解説してきました。

最後にどんな人にヤグレーザーが向いているのか、以下にまとめてみました。

VIO脱毛をしたい人

ヤグレーザーなら、太くて濃い毛の毛根周辺までしっかりとレーザーが到達し、組織を破壊してくれるので、VIO脱毛に向いています。

ヒゲ脱毛をしたい人

ヤグレーザーは、肌の深い位置にある毛根に熱(エネルギー)が届き、組織を破壊してくれるので、ヒゲ脱毛にも効果が期待できます。

顔脱毛をしたい人

ヤグレーザーは、1064nmという長い波長のため、深い位置にある毛根にも脱毛効果が期待できます。そのため、顔脱毛にも脱毛効果が期待できるといえるでしょう。

色素沈着や黒ずみがある人

ヤグレーザーなら、他のレーザーに比べて、肌の深い部分に反応するため、色素沈着や黒ずみがある部位でもやけどのリスクを軽減して脱毛施術を行うことができます。

ただし、色素沈着や黒ずみが強い場合や極度の日焼けが見られる場合、医師の判断によりヤグレーザーの照射を行えない場合があります。

医療脱毛クリニックを選ぶ際は、そのクリニックがヤグレーザーを含めてどんなレーザーを使用しているかを知ることも大切です。

理想としている脱毛後の姿に近づくためにも、この記事を参考に自分に合ったクリニックを見つけてくださいね!

グロウクリニック

グロウクリニックの特徴

全身脱毛5回で131,250円
・あらゆる肌質・毛質に高い効果があり、痛みも少ない
・全国18院。関東・関西・九州に店舗拡大中なので、予約が取りやすい
   

\ 無料カウンセリング予約はこちら! /

      グロウクリニック
公式ページへ
【参考資料】

あなたのお悩みはどれ?カテゴリで解決方法を探す!

部位で探す

その他のカテゴリー記事

  1. 基礎知識
  2. 【医師監修】ヤグレーザーの医療脱毛を解説!VIO・ヒゲ脱毛に効果あり!?

【医師監修】ヤグレーザーの医療脱毛を解説!VIO・ヒゲ脱毛に効果あり!?に関連する記事

  • vio効果アイキャッチ

    【医師監修】VIO医療脱毛の効果はどれくらい?目安の…

    詳細を見る

  • 医療脱毛脇何回アイキャッチ

    【医師監修】ワキの医療脱毛は何回必要?脱毛効果を…

    詳細を見る

  • 医療脱毛ピルアイキャッチ

    ピルを服用していても医療脱毛はできる?ピルと脱毛…

    詳細を見る

  • ペースアイキャッチ

    医療脱毛に通う効果的なペースはどれくらい?毛周期…

    詳細を見る

  • 黒ずみアイキャッチ

    黒ずみがあっても医療脱毛を受けられる?脱毛と黒ず…

    詳細を見る

  1. 基礎知識
  2. 【医師監修】ヤグレーザーの医療脱毛を解説!VIO・ヒゲ脱毛に効果あり!?
PAGE TOP