【医師監修】「アレキサンドライトレーザー」とは?効果を発揮しやすい部位や毛質について解説

2021.07.07

2022.03.11

ラシャ1
撮影:田村裕未/アーク・コミュニケーションズ

エステ脱毛に通っているけど、効果が薄い気がする…
せっかくやるなら効果の高い脱毛がいい!
医療脱毛で使われるレーザーってどんなもの?

医療脱毛では、医療レーザーを使って施術をしますが、一口に「医療レーザー」といっても実は、いくつか種類があります。

主に使用されているのが「アレキサンドライトレーザー」「ダイオードレーザー」「ヤグレーザー」の3種。

それぞれ向いている毛質や肌質、痛みの感じ方など特徴は異なります

中でも最も使われているのが「アレキサンドライトレーザー」です。

そこで今回は『グロウクリニック渋谷院』の楠山法子医師が「アレキサンドライトレーザー」の利点や欠点について、詳しく解説いたします。

この記事の監修者

グロウクリニック 渋谷院 院長

楠山 法子

Noriko Kusuyama

専門科目 : 美容皮膚科・ 皮膚科
愛媛大学医学部医学科卒業。東京大学 医学部附属病院勤務を経て、医療脱毛・アートメイク専門のグロウクリニックにて院長を務める。医療と美容の両分野での知識と経験が豊富。
監修者のプロフィール詳細

※本記事は2022年5月時点の情報をもとにまとめています。
※記事内の金額は税込の表示となります。

時間がない人のための即読みガイド

ボタン押すとページ内にジャンプします

アレキサンドライトレーザーの特徴とは?

アレキサンドライトレーザーの特徴は、特に黒い毛や太い毛などに、高い脱毛効果を発揮できる点です。

宝石の「アレキサンドライト」を使用したレーザーで、日本国内の脱毛クリニックでは3種の医療レーザーの中でも最も多く採用されています。

波長は755nmとほかのレーザーよりも短く、メラニン(毛の黒色)によく反応するという性質があります。

レーザーが毛によく反応するということは、ほかのレーザーと比べてパワーを上げなくても、効率よく脱毛の施術ができるということです。

施術スピードの面でも、施術時の痛みの面でも優れたレーザーだといえます

一方、メラニンによく反応してしまう分、日焼けや色素沈着などで黒くなった皮膚とは相性がよくないという点はデメリット。

肌のメラニンにレーザーが反応して、やけどしてしまうリスクが高まるからです。

また、うぶ毛のようにメラニン色素がもともと薄い毛や、男性のヒゲのように毛根が深い毛にもあまり向いていません

楠山医師
楠山医師

うぶ毛やヒゲは、アレキサンドライトレーザーで脱毛ができないわけではないのですが、ほかのダイオードレーザーやヤグレーザーの方が効率よく施術できます。

これらの話を踏まえて、アレキサンドライトレーザーの特徴は以下のようになります。

▼アレキサンドライトレーザーの特徴
利点 欠点
・濃い毛や太い毛に向いている ・痛みは少なめ ・ほとんどの部位の脱毛が可能 ・色黒の肌や色素沈着を起こしている肌は施術できない
・色素の薄い毛は反応しにくい
・毛根が深いところにある毛は反応しにくい
施術に向いている部位 施術に向いていない部位
ワキ

・おなか

背中
・ヒゲ

アレキサンドライトレーザーとほかのレーザーは何が違う?

アレキサンドライトレーザーの特徴について解説しましたが、ほかのレーザーとはどのような違いがあるのでしょうか?

医療脱毛で主に使われているレーザーには、アレキサンドライトレーザー以外にも「ヤグレーザー」「ダイオードレーザーの2種類があります。

特に注目していただきたいのが「深達性(レーザーがどこまで届くのか)」。

深達性が高いということは、その分、毛根深くまで届くということですが、一方でメラニンへの吸収率は低くなります

▼各レーザーの深達性
レーザーの深達性

▼各レーザーの特徴・違い
アレキサンドライト ダイオード ヤグ
波長755nm 810/940nm 1064nm
深達性 浅い 中くらい 深い
色素沈着した皮膚への対応 × △ ○

ダイオードレーザーとヤグレーザー、それぞれの特徴は以下で解説しています。

▼ヤグレーザーの特徴

ヤグレーザーは波長が長く、皮膚の深いところで作用するのが特徴です。

深いところから生えている毛、濃く太い毛で効果を発揮します。

皮膚表面の色素の影響を受けづらいので、日焼け肌や色素沈着した肌でも施術ができるという利点があります。

このため、毛根が深くにあるヒゲの脱毛や、皮膚に色素沈着しやすいVIOの脱毛に向くレーザーだといえるでしょう。

ただし、皮膚の深いところで作用する分、強い痛みが出やすいレーザーといわれています

アレキサンドライトレーザーでは難しい部位の補完として使用されることが多く、アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーを部位によって使い分けることで、日本人の毛質・肌質であれば、ほとんど対応できるといわれています。


▼ダイオードレーザーの特徴

ダイオードレーザーは、半導体を利用したレーザーで、波長はアレキサンドライトレーザーとヤグレーザーの中間ぐらい。

レーザーの性質も、両レーザーの中間的な性質なので、幅広い部位の脱毛に対応しています。

また最大の特徴といえるのが照射方法を「熱破壊式(ショット式)」だけではなく「蓄熱式(SHR)」に切り替えられること

構造上の問題から、蓄熱式での照射はダイオードレーザーが向いています。

アレキサンドライトレーザーやヤグレーザーを採用している脱毛機器は、熱破壊式での照射となります

では「熱破壊式」と「蓄熱式」には、どんな違いがあるのでしょうか?

次に、照射方式の違いについてもう少し詳しく解説しましょう。

レーザーの照射方法「熱破壊式」と「蓄熱式」の違いとは?

脱毛で使われる脱毛機器の違いは、照射するレーザーの種類だけではなく、照射方式によっても大きく異なります。

照射方法は、「熱破壊式(ショット式)」と「蓄熱式(SHR)」の2種類。

・熱破壊式…強力なレーザーを照射して一撃で毛をつくる組織を破壊する
・蓄熱式…弱いレーザーを連続照射し徐々に熱を加えて毛をつくる組織を破壊する

また、熱破壊式は「毛乳頭」という毛を作る組織(毛の材料)をターゲットとしますが、蓄熱式は「バルジ領域」という毛をつくる指令を出す組織をターゲットにする、という違いがあります。

脱毛効果自体はどちらも変わりはありませんが、蓄熱式には熱破壊式と比べて「痛みが少ない」「うぶ毛にも効果を発揮しやすい」という特徴があります

ただし、熱破壊式は施術後、すぐに毛が抜け落ちますが、蓄熱式は施術をしてもすぐに毛が抜け落ちるわけではなく、2週間程度経ってからぽろぽろと抜けます。

脱毛効果を感じるまでタイムラグがある点は、蓄熱式のデメリットといえるでしょう。

▼熱破壊式(ショット)と蓄熱式(SHR)の違い
熱破壊式 蓄熱式
しくみ 高出力のレーザーで、毛乳頭を含む毛包全体を一気に破壊する 弱いレーザーを連続照射し、バルジ領域をじわじわと温めて破壊する
レーザーのターゲット 毛乳頭 > バルジ
毛乳頭をターゲットにする熱破壊式レーザー
バルジ > 毛乳頭
バルジ領域をターゲットにする蓄熱式レーザー
痛み 蓄熱式より強い
輪ゴムを弾いたような痛み
熱破壊式より弱い
温められているような感覚
即効性 丸 三角
うぶ毛への効果 三角 丸
蓄熱式脱毛については、以下の記事でさらに詳しく解説しています。
【医師監修】蓄熱式脱毛は痛くない?効果は?使用しているクリニック一覧

アレキサンドライトレーザーは美肌効果がある?

脱毛機は、もともとシミを消すために作られたものではありません。

確かに、シミ取り治療などで使用する医療レーザーにアレキサンドライトレーザーが使用されているものもありますが、それらとは別物なのです。

ただし、脱毛をすると肌に熱が加わることによりコラーゲンが生成されますので「肌ツヤがよくなった」という効果を実感することはあるでしょう。

\ここからは、以下を説明しています/

  • 照射法の違い
  • それぞれの特徴
  • 美肌効果はある?

アレキサンドライトレーザーでは難しい部位はどうする?

撮影:田村裕未/アーク・コミュニケーションズ

ここまで、アレキサンドライトレーザーの特徴を解説してきました。

アレキサンドライトレーザーの特徴について改めておさらいすると以下のようになります。

<利点>

  • メラニンによく反応するので脱毛効果が高い
  • <欠点>

  • 濃いシミ・色素沈着がある部位は照射が難しい
  • メラニン色素が薄いうぶ毛や、毛根が深い毛は苦手

これらの特徴を踏まえると、以下の部位はアレキサンドライトレーザーでの施術が向かないことになります

(1)うぶ毛の多い部位
(2)色素沈着がある部分
(3)男性のヒゲ

では、アレキサンドライトレーザーでは施術しづらい部位は、どのレーザーが向いているのでしょうか?

1 うぶ毛が多い部位に向いているのはダイオードレーザー

うぶ毛の脱毛に向いているとされるのは「蓄熱式」の脱毛機です。

つまり、蓄熱式で照射ができるダイオードレーザーが向いている、といえるでしょう。

ただし、向いているといっても、そもそもうぶ毛の脱毛は難しい施術。

「うぶ毛まで完全にきれいにする」には、通常の毛よりも回数がかかるでしょう。

うぶ毛が多い顔やうなじ、背中の脱毛を検討している人は、蓄熱式の脱毛機器を導入しているクリニックで施術を受けるようにしましょう。


2 シミがある部位でも脱毛ができるのはヤグレーザー

メラニンによく反応するアレキサンドライトレーザーは、濃いシミだと強く反応してしまい、ヤケドなどのリスクがあるため、施術ができません。

シミがある部位の脱毛に向いているのはヤグレーザーです

ヤグレーザーは他と比べて波長が長く、皮膚の深いところにアプローチします。

そのため、皮膚の表面の色素ではなく、皮膚の奥にある毛根のメラニンのほうに反応しやすくなっています。

医師の診断を受けた上ですが、これまで「シミがあるから脱毛ができない」と悩んでいた人でも、ヤグレーザーを使っている脱毛クリニックであれば、施術できる可能性があります。


3 男性のヒゲ脱毛に向いているのはヤグレーザー

男性のヒゲなどの毛根が深い毛は、アレキサンドライトレーザーでは届かず、効果が得られない可能性があります。

男性のヒゲ脱毛に向いているのは、ヤグレーザー

波長が長いヤグレーザーであれば、皮膚深くにあるヒゲの毛根にもレーザーが届くからです。

ただし、ヤグレーザーはほかのレーザーと比べると痛みを感じやすく、しかもヒゲは色も濃くて太め。

このためヒゲの脱毛は、ほかの部位の中でも特に強い痛みが出やすい部位とされています。

ただし、医療脱毛では麻酔を使用することができますので「ヒゲ脱毛がしたいけど、痛みが心配」という人は、クリニックに相談してみましょう。


ヒゲ脱毛については、以下の記事でさらに詳しく解説しています。
【医師監修】ヒゲ脱毛完全ガイド|効果が感じられるまでの期間や仕上がりについて徹底解説

グロウクリニックはダイオードレーザー搭載の脱毛機を使用

ラシャ 機械
撮影:田村裕未/アーク・コミュニケーションズ

これまで、アレキサンドライトレーザーについて解説してきました。

でも、実際に自分の体を見てみると「太い毛もあるけど、うぶ毛もある」「部分的にはきれいな肌だけど、シミがあるところも…」と、部分によってさまざま。

とはいえ、部分ごとに脱毛クリニックを変えるというのも、お金も時間もかかってしまいます。

そういった方におすすめなのは、アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーの中間の特徴を持つダイオードレーザーの脱毛機です。

楠山医師
楠山医師

グロウクリニックは、幅広い肌質・毛質に対応できる脱毛機「ラシャ」を採用しています。

また、照射方法も痛みが少なくうぶ毛にも効果があるとされる「蓄熱式」をメインに、必要に応じて「熱破壊式」に切り替えもできます。

マイナス15℃までクーリングできる自動冷却装置を搭載しているので、痛みを抑えながらも高いパワーでのレーザー照射が可能です。。

この記事のまとめ

この記事では、日本の医療脱毛で広く使われている「アレキサンドライトレーザー」について、ほかのレーザーとも比較しつつ詳しくご紹介しました。

今回、特に知っておきたいポイントはこちらです!

  • アレキサンドライトレーザーが得意な脱毛は「太い毛」「濃い毛」
  • 逆に不得意なのは「色素沈着のある肌」「うぶ毛など薄い毛」「毛根が深い毛」
  • アレキサンドライトレーザーが苦手な部位は、ほかの2種のレーザーで施術できる
  • さまざまな毛質で悩んでいる人は複数レーザーを照射できる脱毛機器が向いている

レーザーにはそれぞれ特徴があり、効果を発揮しやすい部位や毛質が異なります。

グロウクリニックでは、ダイオードレーザーを搭載した脱毛機を導入しているため、太い毛からうぶ毛までどんな毛質にも対応可能です。

ぜひ、グロウクリニックの脱毛効果をお試しください。

グロウクリニック

グロウクリニックの特徴

全身脱毛5回で131,250円
・あらゆる肌質・毛質に高い効果があり、痛みも少ない
・全国18院。関東・関西・九州に店舗拡大中なので、予約が取りやすい
   

\ 無料カウンセリング予約はこちら! /

      グロウクリニック
公式ページへ

あなたのお悩みはどれ?カテゴリで解決方法を探す!

部位で探す

その他のカテゴリー記事

  1. 基礎知識
  2. 【医師監修】「アレキサンドライトレーザー」とは?効果を発揮しやすい部位や毛質について解説

【医師監修】「アレキサンドライトレーザー」とは?効果を発揮しやすい部位や毛質について解説に関連する記事

  • vio効果アイキャッチ

    【医師監修】VIO医療脱毛の効果はどれくらい?目安の…

    詳細を見る

  • 医療脱毛脇何回アイキャッチ

    【医師監修】ワキの医療脱毛は何回必要?脱毛効果を…

    詳細を見る

  • 医療脱毛ピルアイキャッチ

    ピルを服用していても医療脱毛はできる?ピルと脱毛…

    詳細を見る

  • ペースアイキャッチ

    医療脱毛に通う効果的なペースはどれくらい?毛周期…

    詳細を見る

  • 黒ずみアイキャッチ

    黒ずみがあっても医療脱毛を受けられる?脱毛と黒ず…

    詳細を見る

  1. 基礎知識
  2. 【医師監修】「アレキサンドライトレーザー」とは?効果を発揮しやすい部位や毛質について解説
PAGE TOP