アートメイクのメリットとデメリット、失敗リスクはあるの?

アートメイクのメリットとデメリット、失敗リスクはあるの?| 医療脱毛・アートメイクをお考えならGLOWクリニックへ

アートメイクは針で皮膚に傷をつける医療行為なので、メリットもあればもちろんデメリットもあります。両者をきちんと理解した上で施術を行うことがとても重要です。

まずはアイラインのアートメイクのメリットとデメリットをご紹介します。

アイラインアートメイクの魅力・メリットとは?

すっぴんに自信が持てる

アイラインのアートメイクをすると、まつ毛がもともと少ない方でも自然と瞳を強調してくれます。すっぴんでも浮かない自然な仕上がりです。

すっぴんでも目元が強調されて大きく見えるので、メイクを落とすことが怖くなくなります。旅行や運動、海やプールなどのイベントごとも思いっきり楽しめるでしょう!

毎日のメイクを時短できる

メイク初心者さんや不器用さんは、アイラインをうまく描けないと悩む方が非常に多いんです。メイクの中でも目元に時間をかけているという方もたくさんいるでしょう。

アイラインのアートメイクをすることで、毎日のメイク時間を大幅に短縮することができます。うまく描けなくて時間がかかっていたアイメイクも楽チンになりますよ!

メイク直しの必要なし

涙や皮脂の分泌が多い方は、目尻のはね上げラインがすぐに消えてしまうのではないでしょうか?お手洗いに行くたびに何度もアイラインを直すのは手間ですよね。

目尻が消えないアイラインを市販の商品から見つけるのは一苦労。アイラインのアートメイクをしてしまえば、そんな面倒なメイク直しも必要なくなります。

泣いてもこすっても落ちないアイラインが手に入るんです。

アイラインアートメイクのデメリット・注意点とは?

手術後に腫れてしまうことも

アイラインは粘膜なので皮膚が他のパーツよりも薄くできています。まれに施術が終わった後に腫れてしまう患者様も。

数日で元に戻りますが、仕事などで目が腫れてしまうと困る!という方は、施術のスケジュールをきちんと考えることをおすすめします。

アイラインは痛みを感じやすい箇所

アイラインは他のパーツよりも皮膚が薄いので、眉毛などと違って施術中に痛みを感じるかもしれません。

個人差があるので一概には言えませんが、痛みに対する不安がある方は施術前に麻酔の使用をおすすめします。

麻酔を使用することで、ほとんど痛みを感じずに施術することが可能なので、クリニックに相談してみてくださいね!

すぐには消えない

一度アートメイクをしてしまうと、簡単には消すことができません。自然とアイラインが消えてしまうまでには、個人差はありますが2年程かかります。

もし2年待てない場合はレーザー治療で消すことに。簡単には消せないからこそ、安易に安さだけでクリニックを選ぶのではなく、自分のイメージにあったデザインにしてくれるかどうかも事前に確認しましょう。

アートメイク ダウンタイムはどのくらい?

アートメイクの施術後1週間は、ダウンタイム。施術箇所をなるべく触らないようにしなくてはなりません。また、メイクや水に濡らす行為も禁止です。

アートメイクは傷口に色素を注入する行為ですが、色素はもとから体内に存在するわけではないので、体は異物を体外に排出しようとします。

そのため、施術後はなかなか色素が定着しません。色素が定着するまでには個人差があるので1週間はあくまで目安。施術箇所の状態によっては期間が延びる可能性もあります。

色素が定着するまでは施術箇所をなるべく安静にすることが必要です。

アートメイクとMRI、金属成分について

アートメイクをしている方は、MRI検査をするときに必ず医師に申告しなければなりません。アートメイクとMRIに何の関係があるの?と疑問に思う方も多いでしょう。

MRIは磁気共鳴画像の略。強力な磁石と電磁波を使って、体の臓器や骨などを正確に理解する装置です。

MRIの中は強力な磁場になっているため、ペースメーカーなど体内に金属が入っている方、妊娠中やその可能性がある方、タトゥーやアートメイクをしている方は、事前に申告をしなくてはなりません。

というのも、タトゥーやアートメイクに使われるインクの中には、微量の酸化鉄が含まれているから。金属反応でまれにアートメイクをしている箇所がピリピリと痛む方がいます。

タトゥーよりもインクに含まれる金属量は少ないため、トラブルに発展するケースは少ないものの、まれに火傷を負ってしまう方も。

アートメイクをしている方は、MRI検査の前に医師に必ず申告しましょう。

 

失敗のリスクはある?

アートメイクは針を使って皮膚を傷つける医療行為。もちろんリスクがゼロなわけではありません。きちんと資格を保有している専門の医療機関で施術をしないと、大変危険です。

アートメイクで失敗してしまった方の中には、「イメージと違うデザインのアートメイクになってしまった」「消えない傷跡が残ってしまった」「角膜が傷ついてしまった」「施術箇所が化膿してしまった」などという声も。

きちんとリスクがあることを理解した上で、アートメイクの施術を受けるようにしてください。また、値段重視ではなく安全面・衛生面・デザイン面にきちんと気を遣ったクリニックを慎重に選びましょう。

アートメイクを受けるのに注意が必要な方

アートメイクで失敗しないために、以下に該当する方は施術前のカウンセリングできちんと医師に申告しましょう。

アレルギー体質の方

金属アレルギーや敏感肌・アトピーなど、アレルギー体質の方は、症状の度合いにもよりますが、アートメイクが危険な可能性があります。

アートメイクで使用する針でかぶれてしまったり、施術箇所に肌トラブルが起きたりすることもあるので、事前にクリニックに相談してください。

妊娠中・授乳中の方

妊娠中・授乳中のかたは女性ホルモンの関係で、普段より肌が敏感になっている可能性があります。

施術時にいつもより痛みを感じたり、施術後に肌が荒れてしまったりといったケースも考えられるため、クリニックによっては施術を断られるところも。

安定期に限りアートメイクを可能にしているクリニックもありますが、赤ちゃんが無事に生まれるまでは、避けたほうが無難でしょう。

ケガや病気で通院中の方

大きなケガや糖尿病・心臓病などで、現在通院中の方はアートメイクができない可能性が高いです。治療のために処方されている薬の種類によっては、アートメイクが危険になる可能性も。

例えば血液をサラサラにする薬を服用している場合には、アートメイクで出血したときに、出血量が多くなってしまう可能性があります。

万が一のために、通院中の方はアートメイクをお断りしているクリニックが多いです。

目や目の周りの手術をしたことがある方

眉毛やアイラインなど、目の周りに施術を施すことが多いアートメイク。目や目の周りの手術をしたことがある方は、手術の内容によってはアートメイクができないことも。

事前のカウンセリングで必ずクリニックに相談してくださいね。

抗がん剤治療中の方

抗がん剤の種類や投与期間によっては、アートメイクをお断りするクリニックも。もともと生えている眉毛とのバランスを考えて施すアートメイクは、抗がん剤で脱毛している可能性がある時期には避けたほうが無難です。

毛が生えていない状態だとデザインのバランスが取りづらく、毛が生えてきたら施術したデザインと合わないこともあります。

抗がん剤の投与が終わってから、7日〜14日以上経っている場合は施術を受けられるなど、クリニックによって規定は様々なのでカウンセリングで相談しましょう。

まとめ

何もしなくてもメイクをしているような美しい状態を維持できるアートメイク。タトゥーよりも手軽にできて痛みが少ないので、検討中の方も多いのではないでしょうか?

いくら手軽にできるといっても、施術にはもちろんリスクが伴います。

本当にアートメイクをしても大丈夫な体調か?安全面・衛生面がきちんと整っているクリニックか?など、慎重に判断してください。

無料カウンセリング予約
  1. TOP
  2. アートメイク
  3. アートメイク
  4. アートメイクのメリットとデメリット、失敗リスクはあるの?