脱毛を考えている箇所にほくろがあった場合、レーザーを照射しても大丈夫か心配になりますよね。

脱毛によってほくろが増える?ほくろがなくなる?など、医療脱毛とほくろの噂はいろいろなものがあるでしょう。

この記事では、ほくろがあっても医療脱毛ができるのかどうかご紹介します。医療脱毛とほくろの関係や、そもそものほくろの正体まで、徹底的にまとめました。

ほくろがあっても医療脱毛できる?

ほくろがあると脱毛はできないのか、よく患者様から聞かれます。

結論からいうと、ほくろがあっても脱毛してOK。ただし、基本的にほくろを避けて脱毛レーザーを照射します。

というのも、ほくろにレーザーを照射してしまうと、やけどの危険性があるため

。小さなほくろは気にせずレーザーを当ててしまうこともありますが、基本的にはほくろにはレーザーを当てません。

グロウクリニックでは施術の際、ほくろにシールを貼り、レーザーで照射されないようにします。ほくろがある方でも安全に施術可能なのでご安心くださいね。

ほくろから生えている毛にレーザーは当ててOK?

ほくろに脱毛レーザーを当てることは、やけどの危険性があるためできません。そのため、ほくろから生えている毛は、レーザーで脱毛することが不可能。

これは、医療脱毛もエステ脱毛も一緒です。ほくろの毛を脱毛する場合は、レーザー脱毛ではできないので、ニードル脱毛と呼ばれる電気を使用した脱毛でしないといけません。

ほくろの正体は?

そもそもほくろが何者なのかご存知でない方もいらっしゃるでしょう。ほくろはメラニンが集まってできたアザの一種。

ほくろができる原因は、紫外線・肌の摩擦・ストレス・ホルモンバランスの乱れなど様々です。

これらの原因によってメラニンが生成され、多くは肌のターンオーバーによって、体外へ排出されます。

しかし、肌のターンオーバーがうまくいかないと、体内に残ったメラニンがほくろを作り出してしまうんです。

どうしてほくろに脱毛レーザーを当てられないの?

医療脱毛でそもそもどうしてほくろにレーザーを当てられないのか疑問ですよね。それは、医療脱毛のレーザー機器が関係しているんです。

脱毛レーザーは毛根に存在するメラニン色素に反応します。通常は毛穴にのみレーザーが反応するので、肌には影響がありません。

ここで気付く方もいらっしゃるかもしれませんが、ほくろもメラニンでできているんです。

ほくろに脱毛レーザーを当ててしまうと、本来毛穴にしか反応しないレーザーが皮膚にまで影響を与えてしまうことに。

やけどの危険性を考え、ほくろを避けて脱毛レーザーを当てています。

医療脱毛とほくろの関係

医療脱毛をしたことで、ほくろが増えた、減った。などという噂を耳にしたことはありませんか?医療脱毛とほくろの気になる関係をご紹介します。

脱毛によって新たなほくろができることはある?

脱毛によってほくろが増えたり減ったりすることはありません。もし脱毛後にほくろのようなものが見当たるときには、以下の2点が考えられます。

  • 肌に残っていたメラニンがレーザーの反応でシミとなって現れた
  • 毛穴が炎症を起こし黒ずんでいる

どちらも時間ともに薄くなっていくことが多いので、安心してくださいね。もし心配な場合は、脱毛クリニックに相談してみましょう。

ほくろにレーザーを当ててしまうとどうなるの?

基本的にほくろにレーザーを当てることはありませんが、薄いほくろや小さなほくろは気にせずレーザーを当てるクリニックもあります。

ほくろにレーザーを当てると、レーザーがほくろのメラニンに反応するので、まれにカサブタのような状態になることも。

時間が経つとカサブタは取れるので、特に肌に異常が起きることはありません。何か変化が現れるとしても、ほくろが以前より薄くなる程度。

もしそれでも心配な場合は、お気軽にご相談ください。

まとめ

メラニンをターゲットとしている脱毛機は、ほくろにレーザーを当てることができません。そのため、ほくろがある場所から生えている毛は避けて施術をすることになります。

グロウクリニックでは、ほくろに反応しないようにシールを貼りますので安全に施術できますよ。