妊娠したら医療脱毛は休止になる?産後はいつからOKになるの?

妊娠したら医療脱毛は休止になる?産後はいつからOKになるの?| 医療脱毛・アートメイクをお考えならGLOWクリニックへ

医療脱毛は脱毛完了まで1年以上かかることも多く、脱毛の途中で妊娠していることに気付く方もいらっしゃいます。

気づかずに脱毛してしまったら、胎児に影響はないの?
妊娠したら毛が濃くなってしまった!

などの声がありますが、実際のところどうなのか気になりますよね。

GLOWクリニックでは、妊娠中の医療脱毛を基本的に控えていただいております。
この記事では、妊娠中に医療脱毛ができない理由をご紹介します。
出産後に、いつから脱毛を再開できるのかも合わせてご紹介しますので、気になる方はチェックしてみてくださいね!

妊娠中に脱毛がNGな理由

妊娠中は医療脱毛を禁止しているクリニックがほとんど。
妊娠中の脱毛がNGなのには、きちんと理由があります。

肌が敏感になるから

妊娠中はホルモンバランスが崩れる影響で、肌が敏感になっています。
これは「プロゲステロン」という女性ホルモンが原因です。
プロゲステロンは、母体の体を守る重要なホルモンですが、頭痛やめまいなどの症状も引き起こします。
また、プロゲステロンの影響で肌がいつもより敏感になってしまうんです。
今まで医療脱毛で肌トラブルを経験したことがない方でも、赤み・ヒリつき・かゆみが出てしまうことも。
安全に脱毛をするためにも、妊娠中は脱毛を控えた方が無難でしょう。

ホルモンバランスの影響で脱毛効果を得づらいから

妊娠時に起こるホルモンバランスの乱れは、脱毛の効果にも影響を及ぼします。
プロゲステロンはメラニンの生成を促す働きを持っているので、妊娠中は一時的に増毛・硬毛の現象がみられることも。
妊娠したら毛が濃くなった…という方がいらっしゃるように、妊娠中は毛の状態も変化しているんです。
その状態で脱毛レーザーを照射しても、思うように脱毛効果が得られないこともしばしば…。
脱毛回数を無駄に消費してしまうことになりかねないので、効果的に脱毛をするためにも、GLOWクリニックでは妊娠中の脱毛をおすすめしていません。

施術時に痛みを感じやすくなる可能性があるから

妊娠中はプロゲステロンの影響で肌が敏感な状態。
今まで医療脱毛で痛みを感じたことがなかった方でも、妊娠してから初めて痛みを感じたり、今までよりも痛みが強くなってしまったりすることも。
あまりにも痛みが強く、レーザー照射時に動いてしまう場合には、打ち漏れの危険性も伴います。
安全で効果的な脱毛をするためにも、妊娠時の脱毛をお断りしているクリニックがほとんどです。

妊娠中のストレスを最小限に抑えるため

妊娠中は肌が敏感になるだけでなく、精神的にも不安定になっています。
脱毛時の痛みや、思ったように脱毛効果を得られないことが、精神的なストレスになってしまうことも。
妊娠中は、余計なストレスを感じないようにすることが非常に重要です。
ストレスフリーな生活を送るためにも、妊娠中は無理に脱毛を行わないようにしてくださいね。

妊娠に気づかず脱毛していたら?胎児への影響は?

妊娠中は脱毛NGと言いつつも、妊娠に気づかず脱毛に通ってしまっていた方もいらっしゃいますよね。
もし妊娠に気づかずに脱毛してしまっても、胎児に直接的な影響はないので、ご安心ください。
脱毛レーザーは毛根のメラニン色素に反応するので、レーザーを照射したからといって、胎児まで行き届くことはありません。
脱毛によるストレスが間接的に体調に影響したとしても、レーザーに直接的な害はないので安心してくださいね。

妊娠が発覚した時点でクリニックへ連絡を!

脱毛レーザーが胎児に害を及ぼすことはありませんが、もし脱毛期間中に妊娠が発覚した場合は、なるべく早くクリニックへ連絡してくださいね。
妊娠が発覚した時点で、脱毛期間の途中であっても、脱毛を休止します。
脱毛を休止したからといって、これまでやってきた脱毛が無駄になったり、今後の効果に影響を及ぼすわけではありません。
むしろ、無理して妊娠中に脱毛をした方が、思うように効果を得られないでしょう。
途中で脱毛をお休みしたからといって、毛が元に戻るわけではないので安心してくださいね。

出産後いつからなら脱毛できるの?

出産後、また脱毛を再開できるのは授乳が終わって、生理が安定してから。
というのも、授乳中は妊娠中と同じで、ホルモンバランスが乱れているんです。
ホルモンバランスが乱れていると、脱毛の効果をうまく実感できなかったり、レーザーの痛みを強く感じたりします。
また、出産後は赤ちゃんの面倒などで、精神的にも不安定です。
なるべく安全で効果的な脱毛をするためには、授乳が終わってからをおすすめします。
また、帝王切開や会陰切開をした場合、傷跡周辺に脱毛レーザーを当てることはできません。
傷口がきちんと塞がって完治した状態で、ご来院ください。

まとめ

今回は、妊娠中の脱毛がNGな理由についてご紹介しました。
妊娠中はホルモンバランスが乱れているので、体調の変化にばらつきがあり、精神的にも不安定になっています。
無理をして脱毛をしても、効果を実感できないだけでなく、肌トラブルを引き起こしてしまうことも。
より効果的で安全に脱毛するなら、妊娠中は脱毛をお休みしてくださいね。

0120-705-822無料カウンセリング予約