医療脱毛で使用するレーザー機器の種類とそれぞれの効果について

医療脱毛で使用するレーザー機器の種類とそれぞれの効果について| 医療脱毛・アートメイクをお考えならGLOWクリニックへ

楠山 法子

執筆者 楠山 法子 [美容皮膚科、皮膚科専門医 / GLOWクリニック 渋谷院 院長]

愛媛大学医学部医学科卒業。
東京大学 医学部附属病院勤務を経て、医療脱毛・アートメイク専門の「GLOWクリニック」にて院長を務める。
医療と美容の両分野での知識と経験が豊富。
所属学会 : 日本皮膚科学会、日本レーザー医学会

医療脱毛はクリニックによってレーザー機器が様々。
どの機器を選ぶかによって、痛みの度合いや効果の表れ方が違うんです。
敏感肌さんや痛みに弱い方などは、機器の違いも気になりますよね。
この記事では、医療脱毛で使用するレーザー機器の種類と、それぞれの効果についてご紹介します。
脱毛クリニックを選ぶ際の基準として、レーザー機器について知っておくと便利ですよ!

クリニックによって使う脱毛機器は様々

クリニックによって使っているレーザー機器は異なります。
どの機器が1番良いというわけではなく、自分にあったレーザー機器を選ぶのがベスト!
「効果を目に見えて実感できるが、痛みは非常に強く火傷のリスクもある」「痛みをほとんど感じずに脱毛ができるが、効果を実感するまでに時間がかかる」など、機器によって全然効果は異なります。
効果だけに注目していると、肌が弱い方は施術後の腫れに苦しんでしまうことも。
自分にあった機器を選択できるようになることがとても重要です。

医療脱毛の照射方式は大きく分けて2種類

レーザー機器にはレーザーの違いや照射方式の違いがあります。
照射方式は基本的に、熱破壊式と蓄熱式という2つの種類に分けることができます。

熱破壊式

医療脱毛において、もっとも一般的で多くのクリニックで採用されている照射方式。
毛根に存在するメラニン色素に反応し、毛根を焼き切ることで新たな毛が生えないようにします。
レーザーの照射口を肌に直接当てて、パチン、パチンと単発的に強力なレーザーを打っていく使い方が一般的。
照射口を隣に移動させながら、満遍なく肌にレーザーを当てていくという照射方法なので、打ち漏れの危険性があります。
個人差はありますが、レーザーを照射した瞬間はゴムで弾かれたような痛みがあることが多いです。

蓄熱式

最近になって出始めた照射方式で、それほど多くの脱毛クリニックで扱われているわけではありません。
実績もさほど多くありませんが、現在とても注目されている照射方式です。
その理由は、医療脱毛において常識とされてきた「痛み」がほとんどないこと!
熱破壊式のレーザー機器と違い、蓄熱式は毛根のメラニン色素をターゲットとしていません。
毛根ではなく、「バルジ領域」という毛を作り出す命令を下す箇所に作用します。
バルジ領域は毛根よりも低温で破壊することができるため、強力なレーザーは必要ありません。
そのため、痛みが少なく脱毛することが可能になりました。

医療脱毛のレーザー機器3種類とその違いをご紹介!

照射方式についてご説明しましたが、脱毛機器にはレーザーにも種類があります。
今回ご紹介するのは、3種類のレーザーです。

アレキサンドライトレーザー

数々の脱毛クリニックにおいて、もっとも採用されているレーザー機器です。
世界中で1番実績が多いことでも知られています。
脱毛レーザーの中でもメラニンへの反応が強く、肌へ影響を与えずに毛根のメラニン色素にのみ、レーザーを照射することができます。
また、アレキサンドライトレーザーは、もともとシミやくすみの改善に使われていたレーザーです。
毛のメラニンだけでなく、肌に存在するメラニンも破壊してくれるので、肌をワントーン明るくしてくれる効果も期待できます。
ただし、肌のメラニン色素にも反応してしまうので、日焼けした肌には照射することができません。

ヤグレーザー

ヤグレーザーは日本ではあまりクリニックで使われていないレーザーです。
というのも、ヤグレーザーはメラニンへの反応があまり強くないため、色黒肌や色素沈着を起こした肌に適しています。
ヤグレーザーは、日本ではなく黒人の脱毛に使われているのだとか。
もともとメラニン色素を多く含んでいない日本人の肌には、長所を生かしづらいのであまり日本では普及していません。
色素沈着が起きている箇所に、部分的に使うため取り入れているクリニックもあります。

ダイオードレーザー

ダイオードレーザーは2番目に多く使われているレーザーで、最近になって取り扱うクリニックが増えてきました。
ダイオードレーザーは熱破壊式と蓄熱式の両方に使われており、蓄熱式に使われているレーザーは、ほとんどがダイオードレーザーです。
熱破壊式と蓄熱式で効果が全く違うので、それぞれご説明していきます。

熱破壊式ダイオードレーザー
熱破壊式ダイオードレーザーは、効果的にはアレキサンドライトレーザーとヤグレーザーの中間のような存在。
アレキサンドライトレーザーよりは、痛みが少なく施術時間も短いです。
というのも、熱破壊式ダイオードレーザーは照射面積が広いため、一度の照射でより広範囲にレーザーを当てることができます。
メラニン色素をターゲットとしているので、もちろん日焼け肌には照射することができません。
また、アレキサンドライトレーザーよりもメラニン色素への反応は弱いので、白髪や産毛への効果は出にくいとされています。

蓄熱式ダイオードレーザー
蓄熱式ダイオードレーザーは最近になって登場した脱毛レーザーで、まだ採用しているクリニックは少ないです。
最近になって注目されているのは、痛みがほとんどないこと!
毛根のメラニン色素に反応するのではなく、バルジ領域に作用するので低温でじっくりと細胞を破壊します。
ゴムでパチンと弾かれたような感覚はなく、湯たんぽでじんわりと温められているような感覚が特徴です。
隣にずらしながらレーザーを単発的に照射するのではなく、肌を滑らせるようにレーザーを照射するので、撃ち漏れも少なくすることができます。
また、メラニン色素に反応するわけではないので、今まで脱毛が不可能とされてきた日焼け肌や産毛にも脱毛が可能になりました。
ただし、他のレーザー機器と違って一見効果を実感しづらい点があります。
毛根を破壊するわけではないので、脱毛施術の数日後に毛がポロポロと抜け落ちるわけではありません。
現在生えている毛が自然と抜けてから、その後毛が生えてこなくなるという仕組み。
従来のレーザー機とは違うので、一見毛がなくなったという実感は得づらいものの、きちんと脱毛効果を得ることは可能なのでご安心を。

GLOWクリニックでは蓄熱式ダイオードレーザーを使用!

GLOWクリニックでは、限られた脱毛クリニックでしか採用されていない蓄熱式ダイオードレーザーを使用しています。
そのため、痛みをほとんど感じることなく、脱毛をすることが可能です。施術中はじんわりと温かい感覚だけなので、患者様の中には眠ってしまう方も。
もちろん麻酔も常備しているので、今まで痛みが不安で医療脱毛を諦めていた方でも、安心して脱毛をすることができます。
また、日焼けしている肌や産毛にも効果的です!
他のクリニックでは効果を実感できなかった!日焼けしていたため断られた!という方は、ぜひGLOWクリニックへお越しください。

まとめ

医療脱毛のレーザー機器についてご紹介しました。
効果や痛み、照射範囲がレーザー機器によって全然違うので、自分の肌の状態や痛みへの耐性によって、合う機器を選ぶのがおすすめです。
施術時の痛みから医療脱毛を避けていた方でも、GLOWクリニックなら安心して脱毛することができます。
医療脱毛はぜひGLOWクリニックへ。お待ちしております。

無料カウンセリング予約
  1. TOP
  2. 医療脱毛
  3. 脱毛の基礎知識
  4. 医療脱毛で使用するレーザー機器の種類とそれぞれの効果について