介護脱毛はこれからのマスト…?シニア世代こそするべき脱毛の基礎知識| GLOWクリニック

介護脱毛はこれからのマスト…?シニア世代こそするべき脱毛の基礎知識

最近ミドル・シニア世代で流行している「介護脱毛」という言葉をご存知でしたか?
将来自分が介護されることを考えて、体の自由がきかなくなる前に脱毛をやっておこう!という考えです。
「脱毛は若い世代がやるもの」という常識は、今や昔の話なのだとか。この記事では、介護脱毛を考えている方に向けた脱毛の基礎知識をご紹介します。
どうして介護脱毛が流行っているの?どの箇所を脱毛するべき?など、気になる基礎知識をまとめました!

介護脱毛とは?

介護脱毛とは将来自分が介護されることを考え、ミドル・シニア世代から始める脱毛のこと。
従来、医療脱毛を行なっているお客様は、20〜30代が多かったのですが、最近では40代以上のお客様も増えてきています。
親の介護を経験した方が、自分が介護される側になったとき、ムダ毛がない方が介護する側に負担がかからないと思ったのが、脱毛を始めたきっかけなのだそう。
体の自由がきかなくなったとき、VIOなどのムダ毛を放置しておくと排泄時に不衛生になってしまうことも。
介護される側の準備として、脱毛を取り入れている方が増えてきているんです。

介護脱毛が増えているのはどうして?

介護の準備として増えてきている介護脱毛。
どうして脱毛を取り入れている方が多いの?
介護脱毛にはどんなメリットがあるの?
など、気になる点をご紹介していきます。

見られても恥ずかしくない

自分でお風呂に入ることができなくなると、ムダ毛の自己処理ができなくなります。
家族が介護できる状況ならば、さほどムダ毛に対して羞恥心はないでしょう。
しかし、人によっては息子のお嫁さんや、介護士さんに介護をしてもらう可能性も。
見られたときに汚いと思われないよう、脱毛をする方が増えています。

清潔に保つことができる

VIOやワキなどは毛量が多く、蒸れやすい箇所。
体が不自由になったときオムツをつけなければなりませんが、排泄物で肌がかぶれてしまったり匂いがしたりと、ただでさえあまり衛生的な状態ではありません。
デリケートゾーンのムダ毛は、きちんと拭いたつもりでも排泄物がこびりついていることがあるので、悪臭を放ってしまうことも。
雑菌が繁殖して肌がかぶれてしまう方もいるのだとか。
肌を清潔に保つことができるのは、脱毛の大きなメリットでしょう。

介護する側の負担を減らすことができる

介護される側だけでなく、介護する側にとってもメリットが大きい介護脱毛。
介護する側にとって、デリケートゾーンのムダ毛があると介護を負担に思ってしまうことがあるのだそう。
体を衛生的に保つために拭いてあげるのも、ムダ毛が多いと一苦労!
赤ちゃんのようにツルツルな肌だったらどれほど楽だろうか…と思った方も多いのだとか。
介護脱毛は、介護する側の人に向けた思いやりの証でもあるのでしょう。

介護脱毛はVIOだけで大丈夫?

排泄介助をしやすくするために行われるVIO脱毛。
介護脱毛には果たして、VIOだけで問題ないのでしょうか?
これは人によりますが、VIOの他にもワキ脱毛をする方は多いです。
ワキも毛量が多く蒸れやすい箇所。自分一人でお風呂に入れなくなった場合、体を洗ってくれる人の負担を考え、ワキも脱毛する方が多いのだとか。
また、毛深い人や他人にムダ毛を見られるのが恥ずかしい!という方は、腕や足などの箇所も脱毛しています。

介護脱毛は白髪になる前に行うべき!

介護脱毛は行うタイミングについて聞かれることが多いですが、答えは早ければ早いほどいいです!
現在広く使われている医療脱毛レーザーは、毛を黒くするメラニン色素に反応する仕様。
高齢になってメラニン色素がなくなった毛は、脱毛レーザーが反応しなくなってしまいます。
せっかく脱毛しても効果を実感することができないので、介護脱毛はなるべく早めに始めるのがおすすめです。

介護脱毛をする前に知っていただきたい注意点4つ

介護脱毛には様々なメリットがありますが、反対に注意しなければならない点もあります。
事前に知っておくと、安心です。

脱毛には痛みが伴う

脱毛には少なくとも多少の痛みが伴います。
特にVIOやワキなどの毛量が多い箇所は、痛みを感じやすいです。
痛みの感じ方は人それぞれですが、人によっては痛みで脱毛をあきらめる方もいらっしゃいます。
GLOWクリニックでは最新の脱毛機器を取り入れているので、基本的にはほとんど痛みを感じません。
患者様によっては施術中に寝てしまう方も。もし痛みを感じてしまったときは、麻酔クリームを常備しておりますので、痛みの心配がなく脱毛ができるでしょう。

脱毛完了までに時間がかかる

脱毛は1回で全ての毛が生えなくなるわけではありません。
複数回通うことでようやく脱毛の効果を感じるようになります。
医療脱毛で効果を感じるまでは平均5〜6回、エステ脱毛では12〜18回かかるんです。
白髪になってしまう前に、早めに脱毛を開始するのをおすすめします。

脱毛施術の際に恥ずかしいと感じる方も

脱毛の際はガウンやタオルワンピースを着用しますが、レーザーを当てる際には脱毛スタッフに見られる場合もあります。
レーザーを照射する箇所以外はタオルなどで隠し、なるべく露出しないように施術はしますが、人によっては恥ずかしいと感じるかもしれません。

一度脱毛してしまうと元には戻せない

 

脱毛によって一度生えなくなった毛は、基本的に二度と生えてきません。
そのため、VIOなどの箇所はどこまで脱毛するのか考えてから行いましょう。
中にはハイジーナにしたところ、温泉に行くときに恥ずかしい思いをしたという方も。
ある程度、毛を残してナチュラルな仕上がりにするのが、介護脱毛ではおすすめです。

介護脱毛に医療脱毛がおすすめな理由

介護脱毛には医療脱毛とエステ脱毛の2つ選択肢があります。
もちろんおすすめなのは医療脱毛!
介護脱毛にクリニックがおすすめな理由をご紹介します。

安全に脱毛ができる

エステ脱毛と違い、医療脱毛は医師や看護師のもとで行われます。
そのため、万が一肌トラブルが起きたときも、医師に診断してもらうことが可能。
エステ脱毛の場合、医師は常駐していないので、万が一肌トラブルが起きても、サロンで対応できないことも。
また、医療脱毛は麻酔を使用することができるので、施術中に痛みを感じた際も適切に対応することが可能です。
高齢になると、肌の状態も変化しやすくなり、予想外のところで肌トラブルが起きてしまう方もいらっしゃいます。
安全に脱毛をしたい方は、医療脱毛がおすすめです。

脱毛完了までがスピーディ

何度も通いたくない!なるべく早く脱毛を終わらせたい!
という方は、医療脱毛がおすすめ!
エステ脱毛に比べて、医療脱毛は脱毛完了までがスピーディなんです。
脱毛に時間がかかってしまうと、白髪が生えてきたときにその部分だけレーザーが反応しなくなってしまいます。
医療脱毛なら、白髪が増える前になるべく早く脱毛を完了させることが可能です。

まとめ

介護脱毛に関する基礎知識をご紹介しました。
介護脱毛は介護される側とする側、両方のストレスを減らしてくれます。
脱毛をしておくと、肌を清潔に保てるばかりか、介護者の負担を減らすことも可能です。
介護してくれる人への思いやりやエチケットとして、今後さらに取り入れられていくでしょう。
年齢とともに毛のメラニン色素は減っていき、肌の調子も不安定になります。
安全でスピーディに施術をするなら医療脱毛がおすすめ!
痛みの少ない脱毛をしたい方は、最新機器を備えたGLOWクリニックへぜひお越しください。

0120-05-822無料カウンセリング予約