医療脱毛を経験したことがない方が迷ってしまうのは施術当日の服装…。服装に決まりはあるのか?
施術時はそもそも何も着用しないの?
など疑問はさまざまですよね。脱毛当日は肌がとてもデリケートな状態なので、服装によっては不快に感じることも。
この記事では、医療脱毛のスタッフ視点から、施術時の適切な服装をご紹介します。
医療脱毛の当日になって、服装選びにバタバタしてしまう!なんてことがなくなりますよ。

施術時はどんな服装になるの?

患者さんからよく聞かれるのは、「医療脱毛の施術時はそもそもどんな格好になるの?」という質問。
施術時は脱毛しやすい専用の服装に着替えてもらいます。
自宅から着てきた服装のまま脱毛したり、裸で脱毛したり…
ということはないので安心してくださいね。

専用のガウンやタオルワンピースを着用する

医療脱毛のクリニックでは、施術時に脱毛しやすい専用のガウンやタオルワンピースを用意していることがほとんど。
着てきた服やアクセサリーは全て外すのが一般的。
人に見られたくない部分は、ガウンで隠すことができるので安心してくださいね。
脱毛当日は施術に入る前に、スタッフから「専用のガウンに着替えてください」とお願いされます。

VIO脱毛は専用の紙パンツがあるので安心

VIO脱毛の際は使い捨ての紙パンツに着替えます。何もはかない状態で脱毛するわけではないので安心!
専用のパンツはTバッグのような形をしていて、伸縮性に優れた仕様です。人に見られたら恥ずかしい部分は隠しつつ、脱毛がしやすいように工夫がされています。
クリニックによってはデリケートゾーンを清潔に保つため、消臭効果のある拭き取りシートを置いているところも。
快適に施術を受けられるような工夫があるので、安心して脱毛ができます!

脱毛当日の服装で気をつけるべき7つのポイント

「脱毛当日はどんな服装でもかまいません」というスタッフがほとんどですが、実は当日の服装で気をつけてほしいポイントがたくさんあります。
レーザーの影響でデリケートになっている肌を守るために、当日の服装で気をつけてほしいポイントを7つご紹介します。

着脱しやすい服装がベスト

脱毛当日は専用のガウンやタオルワンピースに着替えるのが一般的。
全身脱毛の際は着ている服を全て脱がなければならないので、なるべく着脱しやすい服装がおすすめです。
着脱しにくい服装を着て来てしまうと、スタッフから「着替えは終わりましたか?」と聞かれて焦ってしまうことも…。
また、上半身だけの脱毛の際は、上半身しか服を脱ぎません。オーバーオールやワンピースなど1枚で脱げる服装は、部分脱毛の際には向かないでしょう。

ゆとりのある服装を心がけよう

脱毛当日はレーザーの影響で肌がデリケートな状態です。服の素材が肌にすれてダメージを与えないよう、なるべくゆとりのある服装がおすすめ!
例えば、フレアスカートやワイドパンツなどは、肌への締めつけ感がないので脱毛当日に最適です。
スキニーパンツなど、肌への締めつけ感が強い服装はNG!デリケートな状態になっている肌は、服がすれるとかゆみやヒリヒリしてしまうこともあるので注意しましょう。

露出が多い服装はNG

脱毛に日焼けはNG!医療脱毛の施術当日は、レーザーで肌に熱がこもりやすい状態なので、ただでさえ冷却が必要なんです。
日焼けは肌へダメージを与えるので、露出が多い服装は控えてくださいね。日焼けの状態によっては当日施術をお断りする場合もあるので、なるべく日焼けしにくい服装がおすすめです!

固い素材は避けよう

脱毛当日はなるべく肌にダメージを与えない服装がおすすめ!
デニムなどの固くて肌にすれる素材はなるべく控えましょう。
やわらかい素材で、肌に当たってもやさしい服装を選ぶと、施術当日の不快感もなくなりますよ。

通気性がいい服装がおすすめ

脱毛当日は肌に熱がこもりやすい環境になっています。できるだけ肌を冷却することが大切ですが、夏の暑い日などはなかなか難しいもの…。
そのため、なるべく通気性がいい格好をしていきましょう。
風を通しやすいリネンやレーヨン、シルクなどの素材がおすすめです。
ナイロンやポリエステルなどの化学繊維は、汗を吸収してくれないだけでなく、通気性も悪いので避けたほうが無難でしょう。

アクセサリーは極力つけない

施術の際にアクセサリーをつけていると邪魔になってしまうことがあるので、極力アクセサリーはつけないほうがいいでしょう。
アクセサリーは着脱しづらいだけでなく、紛失してしまうことも。高価なアクセサリーは盗まれてもクリニックで保証してもらえないので、つけてこない方が無難です。
ただし、脱毛箇所によってはアクセサリーをつけたままでも脱毛できます。
アンクレットやブレスレットは、脱毛箇所に関係ない部分ならつけたままでも問題ありません。
ピアスは施術時に寝っ転がった際、ゴロゴロするので取るのが一般的。
基本的に脱毛当日はファッション性より、楽な格好の方がおすすめですよ!

脱毛する部位によっては髪型にも注意すべき!

脱毛する箇所によっては、髪の毛が邪魔になってしまうことも。
首元や背中を脱毛する際はうつ伏せになりますが、その際に髪が長いとレーザーを当てづらくなります。
また、仰向けに寝転がって施術することも多いので、髪をアップにしていると寝っ転がりにくいですよね。崩れたら困る髪型でくるのもNG!施術しているうちにだいたい崩れてきてしまいます。
施術当日は飾りのない髪ゴムを持っていき、施術最中に必要に応じて結ぶのがベストです!

まとめ

みなさん、医療脱毛の際に最適な服装をご紹介してきましたがいかがでしたか?
施術当日は肌へなるべく負担を与えたくないもの。なるべくゆとりのある服装で、素材にも気を使いましょう!
脱毛の施術当日は、おしゃれな格好をするより着脱しやすく楽チンな服装がおすすめです。
脱毛の前日にコーデを考えておくと、当日あわてずに済みますよ。