永久脱毛を行うほとんどのクリニックでは、妊娠中・授乳中の方には脱毛を禁止しています。

妊娠、授乳中は脱毛できない理由、影響とは?

妊娠中は、医療脱毛で使う医療レーザーの照射は皮膚の上層部に施すので、母子ともに影響はないとされています。しかし、どのクリニックでも、妊娠中の医療脱毛はできないんですね。

その理由は次の4つ。

〜妊娠中に医療脱毛ができない理由〜
①ホルモンバランスが不安定で発毛状態が安定せず、脱毛効果を得られない
②肌トラブルが起きても薬を服用できない
③脱毛がストレスになる
④陣痛を誘発する恐れがある
⑤うつぶせなどの体勢がとりにくい

せっかく医療脱毛をしても、妊娠中は効果が出ない可能性が高いのです。

また、授乳中も妊娠中の場合と同じでレーザー自体が体の悪いわけではありません。授乳中の女性の身体は、まだホルモンバランス状態が正常に戻っていない状態。
発毛状態や肌の状態も変化しやすいので気をつけましょう。

①ホルモンバランスが不安定で発毛状態が安定せず、脱毛効果を得られない

妊娠するとホルモンバランスの影響で、ムダ毛の生え方は次のように変化します。

・脱毛しても元通りに生える
・ムダ毛の量が増える
・ムダ毛の色が濃くなる

せっかく脱毛に通ったのに、効果が出ないのはもったいないですよね。

②肌トラブルが起きても薬を服用できない

産前・産後は、ホルモンバランスの変化で肌も通常よりデリケートになります。脱毛は肌へ刺激を与える行為。デリケートな状態での脱毛は、さらに肌トラブルを引き起こすかもしれません。そして、妊娠・授乳中は使える薬が制限されます。特に授乳中に薬を服用すると、薬の成分が母乳に入ってしまうことも。リスクを避けるためにも、脱毛はしないようにしましょう。

③ストレスになる

妊娠・授乳中は、体に余計なストレスを溜めないことが大切です。
しかし、脱毛による痛みなど、肌が敏感な状態では、それすらストレスになりかねません。

④陣痛を誘発する恐れがある

・脱毛する際に起こる痛みなどの刺激
・脱毛する際のベッドに寝そべった姿勢

などは母胎には負担になり、痛みが陣痛を誘発する可能性もあります。

医療脱毛用レーザーは胎児や母体に影響があるの?

医療脱毛用レーザーは胎児や母体に影響があるの?

医療脱毛は胎児や母体へ影響があるの?

医療脱毛は、以下の理由から胎児や母体に影響があるわけではないとされています。

〜子宮内の胎児に医療脱毛の光が届かない理由〜
①医療脱毛の光は755nm~1,064nmの可視光線を使用
②レーザーは肌表面から3~5mm程度までしか届かない
③子宮は肌表面から30mm以上の位置にある

医療レーザー脱毛の光は、レントゲンや紫外線のように透過せず、肌の黒いメラニン色素に作用するものなので、万が一妊娠に気付かずに脱毛施術を受けた場合でも、胎児や母体に直接的な影響はありません。しかし妊娠中は精神的にも不安定な状態であり、痛みに対するストレス等で御身体に負担がかかる場合があるので、多くのクリニックでは施術をしないように勧めていることがほとんどです。

妊娠が発覚した場合、退会のタイミングは?

医療脱毛は母体・胎児に直接的な影響はありませんが、妊娠中は体調がめまぐるしく変わります。そのため、定期コースに通っている方でも、妊娠が分かったタイミングで休会・退会をするようにしましょう。

しかし、有効期限を設けているクリニックに通っている場合は要注意。
最悪、妊娠から授乳後までの間に、脱毛コースの有効期限を迎えてしまってコースが終了してしまった!なんて悲しい結末も・・・。
クリニックによりこの対応は様々なので、事前に確認しておくことが大切です。

産後はいつから再開できるの?

医療脱毛の再開のタイミングはクリニックによって異なりますが、多くのクリニックは次の場合が多いです。

〜医療脱毛再開のタイミング〜
・出産後のタイミング
・生理が2回以上来てから
・授乳が終わってから

産後はいつから再開できるの?

産後は、一定期間置いてからの施術をおすすめするクリニックが多いようです。
先ほどもお伝えした通り万が一何かあっても、授乳中などは薬の服用が難しい状態。また、出産直後は生活リズムが乱れ、体調の変化もよく起こります。安心・安全に施術を受けるためには、産後しばらく経ってから施術を再開させることをお勧めします。

そのためには、産後しばらく経ってもきちんとアフターサポートをしてくれるクリニックを選ぶことが大切になります。

GLOWクリニックでは脱毛開始後に妊娠が発覚した場合、1年後でも当初の契約内容のまま脱毛施術を再開することができますよ。これから赤ちゃんを考えている方は、ぜひクリニック選びの参考にしてみてくださいね。

授乳中は医療脱毛はできる?

授乳の終了は、人によって違いますよね。早い方は半年ほどで終了する人もいますし、2〜3歳まで続くこともあります。

クリニックで脱毛する場合は、一般的に授乳中でも施術ができるケースが多いようです。そのため、妊娠中と同様に注意が必要です。

授乳中も、照射後の炎症止めや万が一の際の飲み薬が処方できません。一方で、長い期間授乳が続くと、ムダ毛自体がストレスを抱えることになる場合も。授乳中に医療脱毛をしたい方は、クリニックの先生に相談することをおすすめします。

まとめ:妊娠中・授乳中は、ともに施術を禁止にしているクリニックが多い

妊娠中・授乳中は、ともに施術を禁止にしているクリニックが多い

妊娠中の脱毛が胎児に影響を及ぼす可能性はほとんどありません。
しかし、医療脱毛は妊娠中・授乳中ともに禁止にしているクリニックが多いです。

①ホルモンバランスが乱れる
②服用できる薬が少ない
③脱毛がストレスになる
④妊娠中は陣痛を引き起こす可能性がある

このような理由から、妊娠・授乳中の脱毛施術は避けたほうが無難でしょう。もしも脱毛治療中に妊娠が発覚した場合は、まずはかかりつけのクリニックの先生に相談するのがベストです。Glowクリニックであれば、脱毛がスタートしてから妊娠が発覚した場合でも、1年後、当初の契約のまま施術を再開することができますよ。妊娠中は無理をせず、体調が整ってから再び通い始めるようにしてくださいね。