ミノキシジルってなに!?

ここでは、ミノキシジルの効果、それによる副作用について説明していきたいと思います。

ミノキシジルとは、世界共通の成分名であり、各社からは個別の商品名がつけられて販売されています。ミノキシジルはUpjohn社「現Johnson&Johnson社」が開発し、高血圧の経口薬として1979年からアメリカで処方され始めました。しかし、治療中の患者に多毛症が副作用として確認され、改めて外用の発毛剤の成分として開発が進められ、ミノキシジル配合の発毛剤が医薬品として許可されました。ミノキシジルに発毛効果があることが判明されたのが、1979年のことで、その後、1988年にアメリカで精密な臨床試験を行い有用性が確認され、医薬品としての発毛剤が生まれました。これまでに、世界90ヵ国以上で承認され使用されてる有効成分です。
ミノキシジルが効果を発揮する壮年性脱毛症は、主にAGAです。(→AGA(男性型脱毛症)は思春期を過ぎた男性であれば誰でも発症する可能性がある脱毛症です。ミノキシジルは全年齢の患者様のAGA(男性型脱毛症)改善に効果を発揮します。

★ミノキシジルの効果
ミノキシジルには、正常なヘアサイクルに戻す作用があります。ミノキシジルは、毛包に直接作用し、細胞の増殖やタンパク質の合成を促進することによって発毛させることが明らかになっています。

▶︎ミノキシジルと薄毛の関係
薄毛・脱毛には、頭皮の炎症、他の病気や薬剤の影響、そして老化など様々な原因が考えられていますが、幅広い世代で考えると最も多いのが、男性型脱毛症になります。男性型脱毛症は一般的に、遺伝の薄毛・抜け毛と言われています。ミノキシジルは、遺伝性の薄毛・抜け毛に効果を発揮するので、身内に思い当たる人がいたり、ご自身が薄毛で悩まれていましたら、ミノキシジル配合の発毛剤も一つの手段になります。


▶︎ミノキシジルと抜け毛の関係
髪の毛は頭皮の毛穴から発毛し、成長後自然に抜けて、再び同じ毛穴から新しい毛が生えてきます。この繰り返しがヘアサイクル(毛周期)です。ヘアサイクルは、成長期、退行期、休止期に分かれており、成長期の毛髪は全体の8割~9割、休止期の毛髪は1割~2割を占めると言われています。正常な髪の毛のヘアサイクルは、成長期が2〜6年(毛乳頭細胞が活発に活動し毛髪が太く長く成長する時期)、退行期が2週間(毛髪の成長が低下する時期)、休止期が3〜4ヶ月(毛乳頭細胞が活動を停止し、毛髪が抜ける時期)です。ヘアサイクルは無限に続くものではなく、人間の毛髪では約50回が限度と言われます。約50回のヘアサイクルが終わった毛髪は完全に活動を停止します。AGAのヘアサイクルでは、DHTの影響で成長期が短縮されており、細く短い毛髪が増加して、薄毛が進行していきます。1日に抜ける髪の毛の量は50本~100本程度で、100本以内であれば特に気にする必要はありません。ですが、抜け毛の本数がそれを上回ると男性型脱毛症の疑いがみられます。20〜80歳男性の調査によると、薄毛と抜け毛で悩んでいる方が6割もいることが判明しました。ミノキシジル配合の発毛剤は、20代から症状に悩まされている方にも使用適用です。抜け毛範囲が広くなると効果が得にくくなってしまうので、抜け毛や薄毛の悩みがそれほど重大ではない時期からの使用をおすすめします。

▶︎ミノキシジルとヘアサイクルの関係性
男性型脱毛症では、ヘアサイクルに異常が発生し、成長途中で髪の毛が抜けて、髪の根っこである毛包が徐々に小さくなっていき、髪が生えなくなってきます。ミノキシジルは、ヘアサイクルの変化により小さくなった毛包に信号を送り、大きく深く成長させることによって、細く軟毛化した髪を太い毛に成長させていくのです。これによってコシがあり、強く栄養状態の質が良い毛が作られます。このミノキシジルの効果をディープグロース効果といいます。ミノキシジルは、使用することで頭頂部や前頭部に十分な発毛効果をもたらしてくれます。日本でも、「日本皮膚科学会」によってAGA治療ランクというガイドラインが2010年に発表されましたが、ミノキシジルはフィナステリドと並び推奨度Aランクという最高評価を得ています。Aランクとは、行うように強く勧められるという評価になっているので、AGAの専門クリニックや一般的なAGA治療にて幅広く使用される発毛剤で効果の強いものの多くにミノキシジルが含まれています。


 
気になるミノキシジルの副作用は・・?
高度の発・育毛が期待できるミノキシジルですが、頭皮のかゆみなどの副作用が現れます。
▶︎かゆみの原因
A・静脈が膨張されることによるかゆみ

ミノキシジルには、血管を膨張する働きがあり、頭皮の血行がよくなることで毛包に大事な栄養素を強く行き渡せ、発毛を促するという作用があります。血流が良くなることにより、かゆみを感じることが副作用になります。


B・溶解剤へのアレルギー反応のかゆみ
ミノキシジルには、水に溶けにくいという性質があり、ミノキシジルを配合するための成分として溶解剤が使用されるケースがあります。具体的に、アルコールやプロピレングリコールなどですが、アレルギーを誘発する物質と考えられています。この溶解剤が肌に合わず、アレルギー反応が起こり、かゆみとなるケースもあるといわれております。

C・ミノキシジルが合わないことによるかゆみ
ミノキシジルそのものに、かゆみやアレルギー性の成分は含まれてないと言われておりますが、人により肌に合わずかゆみの症状が出てしまうケースもあります。


※少数ではありますが使用してから頭痛、手足のしびれ、痛みの副作用がでる方もいます。しかしこの場合は使用回数を無視して使いすぎが原因です。

  • GLOW|渋谷院

    住所東京都渋谷区渋谷1-8-3 TOC第1ビル3階
    ※1Fにドトールコーヒーが入っている ビルの3F
    TEL0120-705-822(フリーダイヤル)/ 03-6427-5822
    診療時間11:00 ~20:00
    休診日水曜日
    アクセス渋谷駅より徒歩5分
    GoogleMapはこちら
  • GLOW|恵比寿院

    住所東京都渋谷区恵比寿1丁目7-12 追分ビル6F
    TEL03-6409-6513
    診療時間11:00 ~20:00
    休診日水曜日
    アクセス恵比寿駅より徒歩2分
    GoogleMapはこちら
  • GLOW|新橋院

    住所東京都港区新橋2-16-1 ニュー新橋ビル323
    TEL03-6550-8511
    診療時間11:00 ~20:00
    休診日水曜日
    アクセス新橋駅より徒歩1分
    GoogleMapはこちら
  • GLOW|池袋院

    近日オープン予定